レッド・ウィングの「アイリッシュセッター」の魅力と中古市場での価値に迫る!

1905年創業の「レッド・ウィング」。米国のワークブーツの第一人者として世界中で認知されており、中でも「アイリッシュセッター」はブランドの主峰として人気。今回はそのアーカイブ性の高いプロダクツを市場調査してみた。

目次

使用用途の枠を超え、ファッション界の定番に。

’70年代に米国から輸入されたユースカルチャーを経て、渋カジ、古カジといったアメカジファッションが日本で大流行。その頃から感度の高い若者たちはこぞってレッド・ウィングに憧れた。なかでも「アイリッシュセッター」は、旧きよきアメリカの情景を持つモデルとして人気を博す。

アイリッシュセッターのルーツは’30年代後半頃から始まるレッド・ウィングが展開していたハンティングブーツなどのスポーツブーツカテゴリーから。

’50年にレッド・ウィングのスポーツブーツで「アイリッシュセッター」という名称が正式採用された。

その最初期モデル#854はよく知られる犬ではなく、ハンターの肖像が刺繍された通称「ハンタータグ」が付く、文字通りのハンティングブーツとして誕生し、白く底の平らなトラクショントレッドソールは優れたクッション性で大ヒット。

本来の客層であるハンターだけでなく、屋根の梁上や梯子で作業をするワーカーにその抜群の安定性が評価され、ワークブーツとしての需要も高まった。

その後、プロダクツに対する意識がヘビーデューティーへと移り変わる’60年代になると、ワークブーツの枠を超え、ファッションアイテムとして世界進出。これを機にアイリッシュセッターの名を冠するモデルが増え、今日に伝わる数々の名品番が誕生する。

▼こちらの記事もおすすめ!

レッド・ウィングRED WINGの定番、アイリッシュセッター「875」ってどんなブーツ?

レッド・ウィングRED WINGの定番、アイリッシュセッター「875」ってどんなブーツ?

2019年10月28日

アイリッシュセッターの象徴となるセッター犬の「レッドマイク」。

“アイリッシュセッター” とは狩猟犬のこと。オロラセットレザーの革色が、セッター犬の毛色に似ていることから命名されたハンティングブーツ「アイリッシュセッター」が発売された’50年当時、拠点であるレッドウィング市内に住んでいたセッター犬「レッドマイク」をモチーフに考案され、’54年にブランドロゴとして採用された

アイリッシュセッターの誕生と発展。

ワークブーツのオーソリティである「アイリッシュセッター」だが、その地位に登り詰めるまで様々な品番を展開してきた。

今日まで伝統的に続いている#875#877といった定番品番や、今日では無くなってしまったレア品番のアイリッシュセッターまで、その歴史を紐解いてみよう。

#854[ Irish Setter ]|1950年代前半製|最初期のアイリッシュセッター。

’50年に登場した最初期のアイリッシュセッターである#854

当時カリフォルニアのタンナーで開発されたオレンジがかった茶色のフルグレインレザーの独占使用権を得たレッド・ウィングは、その革で8インチ丈のハンティングブーツを製造。

モカシンタイプのつま先や、靴の側面下部に縫い目がないオールアラウンドバンプ、そして当時ハンターに人気のグロコード「キングB」ソールを採用。ベロ裏にはハンターをあしらった刺繍タグを装備していた。

#875 [ Irish Setter ] |1960年代前半製|永遠のベーシックモデル!

’54年に登場して以来、現在まで続くロングセラーモデルである#875

そのデザインは発売当初から基本的に変わっていないが、この個体は’63〜’65年の間のみ生産されたレアモデル。

その理由はつま先のモカシン縫いの方法が、前述した短期間だけ変更されており、その時期に製造されたもの。甲のU字型の部分の縫い目に革をかぶせた「かぶせモカ」と呼ばれる、防水性を狙ったデザインを持つ。

#877[ Irish Setter ]|1950年代後半製|今日に続くアイリッシュセッターのルーツ。

#854をベースにアッパーデザインを改良し、ソールにクッションクレープソール(今日のトラクショントレッドソール)を採用した#877は、’52年に登場。

’54年には猟犬をデザインした犬タグが開発され、6インチやオックスフォードなどいくつかのバリエーションが誕生した。

その初期の犬タグは刺繍製で手の込んだ造りをしており、その後の’60年代に入るとプリントの犬タグに変更される。

#895 [ Irish Setter ]|1960年製|’54年から’64年まで製造。

‘54年に#877のバリエーションで誕生したオックスフォード(短靴)の#895

甲のU字型の部分の縫い合わせ「おがみモカ」製法や、腰革にライニング無しの1枚革など、#875のショートカット版ともいえるモデルだ。

#888[ Irish Setter ]|1963年製|通称“スーパーセッター”!

ハンター向けの最高級ブーツとして開発されたアイリッシュセッター#888、通称「スーパーセッター」。

腰革にカンガルーレザー、バンプにスコッチグレイン型押しレザー、そしてフルレザーライニングを採用。製造期間は’63年から’72年までである。

#825 [ Irish Setter ]|1980 年製|これぞヘビーデューティな逸品!

’60年代後半から米国で大流行したトレッキングブーム。スポーツブーツカテゴリーのアイリッシュセッターもそうしたトレンドを受けて、’73年から’84年の期間でトレッキングブーツを開発し販売していた歴史があった。

アイリッシュセッターの市場相場を知る!

半世紀以上もの歴史を紡ぐレッド・ウィングの「アイリッシュセッター」。

本来のハンティング・ワーク用途からファッションアイテムとして認知され、世界各地にコレクターがいる。

ここではヴィンテージブーツ市場に詳しいブーツ専門店「ホープスモア」の協力を経て、現在の市場価格を調査。もちろんデッドストックやユーズドといったコンディション、サイズなどで値段が変動することをお忘れなく。

#8150 [ 6”MOC-TOE ] 異色モデルで現在はレアな存在に。

2003年製/羽タグ/箱付きDEAD STOCK/SIZE:8 1/2 D / PRICE:10万5840円

#875の意匠を受け継ぐが「アイリッシュセッター」ではなく「6インチモックトゥ」と呼ばれる#8150は2003年に製造されたリアルツリー柄のモデル。

その異色な柄展開は当時不評で生産数は少なく、故に近年はコレクタブルモデルとして人気。デッドストックなら10万円以上、ユーズドでも5万円前後の値が付く。販売は日本とヨーロッパ市場で行われた。

#875[ Irish Setter ] ひと目で分かるオールド・セッター!

1985年製/旧犬タグ/ DEAD STOCK /SIZE:10 1/2 B / PRICE:13 万8240 円

’80年代に使われていた旧犬タグが付く#875。’80年代中盤に入ると消滅するアッパーのカンヌキ部のスクエアステッチと、赤身が強くなる前の茶色に近いオロラセットレザーが特徴だ。

デッドストックだと10万円以上、ユーズドでも6〜7万円台が相場だそう。

#875 [ Irish Setter ] アラフォー世代にとってのアイリッシュセッターと言えばコレ。

1995年製/半円犬タグ/箱付きDEAD STOCK/SIZE:10 1/2 E / PRICE:7万1064 円

‘95年に製造されたアイリッシュセッター#875。

’90年代後半に日本のストリートシーンで盛り上がりをみせた時期を知る人にとって、この赤味の強いオロラセットレザーと半円犬タグは懐かしい存在である。

市場ではデッドストックで7万円前後、ユーズドでも状態によって2〜4万円前後のプライスがつけられる。

#875 [ Irish Setter ] ヴィンテージの革色へ原点回帰。

1997年製/犬刻印/箱付きDEAD STOCK/ SIZE:10 2B / PRICE:5 万9184円

’95年〜’96年にかけてアイリッシュセッターで使用される革が変更となる。

’50〜’60年代に使われていたオレンジがかった茶色の色味を再現した「オロイジナルレザー」を採用しサイドアッパーに犬刻印が入れられる。

デッドストックで5〜6万円台、ユーズドで1〜3万円ほどの相場観だ。

#8179 [ Irish Setter ] ’90年代後半のRWブーム立役者。

1999年製/犬タグ/箱付きDEAD STOCK/ SIZE:9 2E / PRICE:4 万9464 円

’90年代後半のストリートシーンを席巻したレッド・ウィングブーム。その時のブームを牽引したのが黒いアイリッシュセッター#8179だ。

芯通しを行なっていないブラッククロームレザーなので、履き込む程に味わい深い経年変化をみせる。

デッドストックの相場は4〜6万円、ユーズドはピンキリだ。

#1954[ Irish Setter ] 旧きよき時代を彷彿させるクラシックな装いを持つ。

2000年登場/ 50周年記念モデル/ 箱付きDEAD STOCK/ SIZE:8 1/2 E/ PRICE:8万6184円

アイリッシュセッターの生誕50周年を記念して、2000年に登場した希少モデルで、足を包み込むような、何層かに分けられたバンプ構造が特徴だ。デッドストックは枯渇状態で、ホープスモアでは8万円代(税込)のプライスが付けられる。ユーズドでも2万〜4万円程の相場観だ。

【豆知識】アイリッシュセッタータグが付く別モデル。

レッド・ウィングがスポーツブーツに分類したカテゴリーから誕生した「アイリッシュセッター」。それ故に#875 と異なる意匠のモデルも存在。人と差を付けるなら狙い目だ。

#866[ Irish Setter ]

1993年製/緑犬タグ/箱付き DEAD STOCK/SIZE:12 3E / PRICE:4万7304円

‘50年代からレッド・ウィングが米国市場へ投入していたペコスブーツ。ヒール付きコルクソールが一般的だが、トラクショントレッドソールを装着し、アイリッシュセッターの名を冠した#866も市場に展開されていた。

#899[ Irish Setter ]

1992年製/旧半円犬タグ/箱付き DEAD STOCK / SIZE:8 1/2 D / PRICE:5 万8104 円

’92年の11月に製造された8インチハイトのアイリッシュセッター#899。ハイト上段はハトメではなくフックを採用し、ビブラム社製ラグソールを装備。’93年当時のカタログではスポーツブーツの枠で掲載されている。

今回取材協力いただいたのは・・・「ホープスモア」

ブーツ専門店として知られる東京・三宿のホープスモア。そこにはレッド・ウィングの往年の名モデルが並び、日本のみならず、世界中から多くのレッド・ウィングファンが訪れる名店。ユーズドブーツから箱付きデッドストックまで様々なコンディションのモデルをラインナップする。

【DATA】
HOPES MORE
東京都世田谷区三宿1-1-19 梓ビル1F
営業/11:00〜20:00
休み/月曜
(買取)http://hopesmore.net
(販売)http://hopesmore.com

▼こちらの記事もおすすめ!

【保存版】どんな種類が人気? RED WINGレッド・ウィングの定番人気モデル5選とサイズ選びからお手入れまで。

【保存版】どんな種類が人気? RED WINGレッド・ウィングの定番人気モデル5選とサイズ選びからお手入れまで。

2019年11月01日

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning 2018年9月号 Vol.293」)