レッチリのボーカル、 アンソニー・キーディスのタトゥーをプリントしたパーカを札幌で発見。

  • 2021.10.24  2020.03.15

毎年二度、私は地元の札幌に帰省している。そして、帰省すると必ず足を運ぶところがある。昔働いていたヴィンテージショップの元同僚二人でやっているセレクトショップだ。小さなショップだが、ヴィンテージと現行品のセレクトに個性があり、毎回必ず何か買ってしまう。この正月も当然顔を出した。しかも、今回はリニューアルオープン後ということで、いつもよりも興味津々だった。なにせ店名まで「フリーウェイ」から「レオン バイ フリーウェイ」に変更されたので、何かあったのかという心配もあったからだ。

しかし、実際は“いまの気分”を前面に押し出したリニューアル。店内に必ずラインナップしていたヴィンテージデニムは倉庫に戻され、ロックテイストや’90年代テイストのプロダクツで埋め尽くされていた。ここでふと気付く。映画『レオン』って’90年代を象徴する存在だと。店名のレオンはこれか! いまの気分を文字にしたらレオンだったと。すべてが腑に落ちた。そしてこのパーカに目が留まった。

LEON by FREEWAYのアンソニー・キーディス タトゥーパーカ

’96年製のヴィンテージTeeをもとに、もし当時パーカも作られていたらと仮定して製作。コ ットン×ポリエステルの混紡ボディも当時らしくてイイ感じ。ブラックもあり。1万3200円(LEON by FREEWAY TEL011-521-1311 http://www.freewayjapan.com)

これは、レッチリのボーカル、アンソニー・キーディスのタトゥーをプリントしたもの。’96年製の全く同じプリントのTシャツ(黒ボディ)を見つけ、それをパーカに落とし込んだオリジナルだという。

ポイントは’96年当時のタトゥーであるということ。それ以降も彼のタトゥーは増えているため、分かる人にだけ分かる、というパーカだ。ポリ混ボディのチープ感も当時っぽくて実にイイ! これをちょっと太いジーンズに合わせる。これが私のいまの気分だ。

胸にはタトゥーが無いため無地だが、これがさらにストリート感を引き立てる。私は1サイズオーバーでゆったり着たい
左右対称に見えるタトゥーデザインだ が、よく見ると、実は全て違うデザインになっている。現在、アンソニーのタトゥーはさらに増えている
フードのコードは、アメリカ製のプラスチックビーズでアレンジ。そういえば’90年代はビーズも流行っていた。こういう遊び心もイケてる!

【問い合わせ】
LEON by FREEWAY
TEL011-521-1311
http://www.freewayjapan.com

(出典/「Lightning 2020年3月号 Vol.311」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部

昭和40年男 編集部

Dig-it

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部