レッド・ウィング・シューストアがリニューアル! 新たなブランディングを感じさせるスペシャルナイトイベントに潜入!

最終更新日 2021.10.24 公開日 2019.12.19

アメリカ生まれのワークブーツブランド「レッド・ウィング」。一世紀に及ぶブーツ製造の技術を継承し続け、アメリカの伝統ともいえるワークブーツも代名詞となった。そのレッド・ウィング・シューストア東京青山店が装いを新たにリニューアルオープンする。それを記念したナイトイベントをリポート!

プレス関係者を招いた、一夜限りのレッド・ウィングイベント“RED WING ICON NIGHT”。

去る11月27日、レッド・ウィング・シューストア東京青山店(東京都港区南青山5-4-29 TEL03-6450-5349)のリニューアルオープンを記念した、プレス関係者などを招いた、一夜限りのレッド・ウィングイベントが開催された。“RED WING ICON NIGHT”と題されたイベントは、歴史あるレッド・ウィングの新たな展開を想像させるに相応しいものとなっていた。

ファッション関係者も多く詰めかけた“RED WING ICON NIGHT”。過去に販売されたアイリッシュセッターを始めとする様々なアーカイブの展示や、今シーズン、新たにラインナップされる新商品がディスプレイされていた。

またレッド・ウィング・シューストア東京青山店の地下にあるストックルームを一夜限りのクラブスペースへと変更。来場者たちをもてなす様々な演出で盛り上がっていた。

日本のアメリカンカジュアルシーンで人気を博したレッド・ウィングの代名詞と呼べるモデルがアイリッシュセッター。不朽の名作#875や落ち着いたラウンドトゥデザインが特徴の#9870などの、歴代のヴィンテージモデルや、ブランドとのコラボレーションモデルを展示する。

“RED WING ICON NIGHT”では、来場したプレス関係者に特別なカプセルギフトが用意されていた。実物同様のデザインで作られた、レッド・ウィングを象徴するモックトゥブーツのキーホルダーで、定番モデルである#875など4種類を用意。コインを投入しハンドルを回すとその4種類のいずれかを入手できた。もちろん非売品。

RED WING × Fragment Design Round Toe 4万9610円(税込)
RED WING × Fragment Design Moc Toe 5万4450円(税込)

ビブラム社製ソールを持つ黒の6インチモックトゥブーツ「#8176」を、ホワイトのトラクショントレッドソールへとカスタマイズした「#8179」は、’90年代のアイリッシュセッターブームの火付け役であった藤原ヒロシのカスタムモデル。そのカスタム当時の仕様をレッド・ウィングとフラグメントのダブルネームで復刻した。コバは#8176に使用されていたストームウェルトをブラックに変更し、アッパーサイドには両ブランドのダブルネームを刻印。トゥ部分のステッチもボディカラーと合わせてブラックに変えており、よりスタイリッシュな印象になった。今回はモックトゥとラウンドトゥの2足展開で発売していた(完売)。

ブーツ専門店「スタンプタウン」銀座・渋谷両店でも、レッド・ウィングコーナーを新たに設置!

レッド・ウィング・シューストアのリニューアルオープンに伴って、米国のブーツブランドを中心にラインナップするブーツ専門店「スタンプタウン」の銀座・渋谷店でも、レッド・ウィングコーナーを新たに設置。エントリーユーザーはもちろん、コアなレッド・ウィングファンも満足できる空間となっている。

またスタンプタウンといえば、店内に設置されたリクラフティング(修理)工房が併設されているので、レッド・ウィングのソール交換なども純正パーツで修理を行ってくれる。また今後はソール交換の際、本来の仕様であるソール以外の選択も可能となり、ユーザーならではのカスタマイズも受け付けるとのこと。レッド・ウィングを大切に履き続けたい人には心強い味方になってくれるはず。

STUMPTOWN GINZA

銀座2丁目という一等地に構える「スタンプタウン銀座」は、ABC-MARTグランドステージの3階にある。レッド・ウィングを始めとするアメリカンブーツの世界を体験できるディスプレイや店内中央にはリクラフティング(修理)の工房を設置。

【DATA】
東京都中央区銀座2-3-7 3F
TEL03-3561-6788
営業/11:00~21:00

STUMPTOWN SHIBUYA

2014年にオープンしたブーツ専門店がABC-MART渋谷の2階に位置する「スタンプタウン渋谷店」だ。アメリカで修業を積んだブーツ職人が常駐しており、その経験と技術を活かしたサポートとリクラフティング(修理)を行ってくれる。

【DATA】
STUMPTOWN SHIBUYA
東京都渋谷区神南1-11-5 2F
TEL03-3477-0658
営業/11:00~21:00

新作レッド・ウィングブーツにも注目!

Super Sole 6″ Moc-Toe #8802 3万1570円
Super Sole 6″ Moc-Toe #8133 3万1570円

まずは、こちら。HERITAGE WORK Super Sole 6″ Moc-Toe #8802 #8133だ。1990年代に日本でも販売されていたレッド・ウィング社独自の「スーパーソール製法」を採用したワークブーツが復刻。ベーシックなモックトゥデザインに組み合わせた、しなやかさとクッション性に富むスーパーソールが特徴。定番のブラック・クローム・レザーを使用する「#8133」に加え、人気のラフアウトレザーを使用した「#8802」は、日本国内ではABC Mart限定での展開だ。

BILLY BOOT LIMITED #8829 5万7200円

続いてこちら。BILLY BOOT LIMITED #8829だ。海外で先行発売されていた、ブラッククロンダイクを使った877パターンの8インチモックトゥである「#8829」が日本国内でも正式発売される。ちなみにビリーブーツとは1920年代にレッド・ウィングが発売したボーイズブーツに付けられた名称で、ナイフポケットが特徴である。

 

装いも新たにリニューアルオープンした「レッド・ウィング・シューストア東京青山店」、そして新作ブーツをチェックしに、ショップへぜひ足を運んでみてほしい。歴史あるレッド・ウィングの新たな展開に期待大だ。

【問い合わせ】
https://www.stumptownjapan.com/

▼こちらの記事もチェック!

【保存版】どんな種類が人気? RED WINGレッド・ウィングの定番人気モデル5選とサイズ選びからお手入れまで。

【保存版】どんな種類が人気? RED WINGレッド・ウィングの定番人気モデル5選とサイズ選びからお手入れまで。

2019年11月01日

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。