オフロードに特化したバイク「VMX(ヴィンテージモトクロス)」って何だ?

ボバーやスクランブラーには劣るものの、認知度が高まりつつある「VMX」。VMXとはヴィンテージモトクロスの略だ。ヴィンテージをもとにカスタムを施すため、なかなか目にする機会は多くないが、バイク好きなら気になるモデルだろう。「VMX」の代表的なモデルや特徴を知って、よりバイク知識を深めよう。

「VMX」カスタムで人気のモデルとは?

レースにおいて「VMX」として呼べるものはリアサスがツインショックのもの。80年代から一般化するモノサスを搭載したモデルはヴィンテージとは区別される。そういった違いもあれば、さらに、スクランブラーとの線引きが難しいという点もあるが、数も多くないので代表的なモデルを紹介する。

YAMAHA XT500

荒れた路面でも操作性が高い21インチのフロントホイールを装着し、ショックを吸収する長めのサスペンションを装備した車両で、1976年に発売された。ヤマハの名車SRの母体である。

1979 HONDA XL250S

市販車では初となる23インチの特大フロントホイールを装備した車両で、1978年発売に発売された。

1976 HONDA XL350

1972年に4ストロークエンジンを搭載したデュアルパーパスモデルとしてリリースされたXLシリーズは、今も根強い人気を誇る名車。ダートレースが盛り上がっていた海外でもヒットし、これはアメリカ輸出されていたXL350。

「VMX」唯一無二の“特徴”を、名車でチェックしよう!

ヴィンテージがベースのモデルなだけあって、詳しく知りたいなら下手なバイクは参考にできない。そこで、1998年に創業以来、旧きよきアメリカのオフロードスタイルを提案してきたカスタムショップの名店「エム&エムズ モーターサイクル」の車両「1975 BULTACO FRONTERA」を参考にチェックしていこう。

1975 BULTACO FRONTERA

問い合わせ / M&M’s motorcycle TEL046-207-7059

かつてスペインに存在し2ストロークのバイクブランドであるブルタコ。同社の最大排気量の370ccを誇るフロンテラ。本来は樹脂パーツの多いエンデューロよりのスタイリングだが、タンクやフェンダーなどを変更しVMXらしい佇まいに。

フロントフェンダーはもともと樹脂製が付いていたが、アルミフェンダーに変更。これだけでもグッとVMXらしい雰囲気に仕上がるのだ。

ハンドルはブレース付きのオフロードならではの仕様。レーサーだけにグリップ&レバーのみのシンプルなハンドルまわり。

オリジナルは軽量なFRP製のタンクだが、VMXスタイリングを強調するべく鉄製のタンクに変更。モノトーンで塗り分けた塗装も秀逸。

リアのフェンダーもリブ付きのタイプに変更しクラシカルなルックスを演出。さりげなく貼られたチャンピオンプラグのステッカーが◎。