文豪ヘミングウェイが愛した酒のような、中毒性を持つシャツとは?

  • 2021.10.24 2019.08.07
  •              

屈強でありながらも知性を持つ、アメリカンアイコンである作家アーネスト・ヘミングウェイ。彼をオマージュしたアパレルを毎シーズン発表している『モヒート』の定番アブサンシャツは、ヘミングウェイが愛飲した酒の名前が由来で、中毒性の高いアブサンのように一度着ると病みつきになるシャツだ。

1.いまさら聞けないヘミングウェイとは?

Photographs by ROBERTO HERRERA SOTOLONGO
Text by NORBERTO FUENTES
Publisher by PLEXUS PUBLISHING

アーネスト・ヘミングウェイはアメリカを代表とする作家である。簡素でシンプルな文体が特徴で、ハードボイルド小説の礎を築いた人物。屈強な身体に、釣りや狩猟を嗜む、これぞアメリカンライフを体現する存在として、多くのアメリカ人に影響を与えた。代表作は『老人と海』『武器よさらば』など。1954年にはノーベル文学賞を受賞している。

第2次世界大戦後に4度目の結婚をし、1940年代にキューバへ拠点を移した。そして日常的にオープンカラーシャツを着て、それは晩年期のヘミングウェイのアイコンとなっていた。

2.ヘミングウェイが愛した酒「アブサン」とは?

『モヒート』が展開する「アブサンシャツ」の名前の由来であるアブサンとは、ヘミングウェイが好んだ酒の名前で、高い中毒性があることから製造禁止になったこともある代物。ハーブや薬草を使ったアルコール飲料で、60~70度のものが中心。ヨーロッパの各国で作られ、日本でも製造されていた時代もある。鮮やかな緑色で、角砂糖を専用のスプーンにのせ火で溶かし、混ぜ合わせて飲むのが基本。

3.「アブサン」と名付けられたシャツの正体。

モヒート代表 山下裕文さん 1968年生まれ。熊本県出身。伝説のセレクトショップであるプロペラのスタッフを経て、独立。2010年より文豪ヘミングウェイへのオマージュをテーマに掲げモヒートの展開をスタート。

ヘミングウェイの愛した酒の名前を冠した「アブサンシャツ」を手がける『モヒート』。同ブランドには、稀代の文豪へのオマージュが根底に込められていると代表の山下さんは語る。定番アイテムである「アブサンシャツ」は、ヘミングウェイが晩年期にフロリダのキーウエストやキューバに拠点を移した際、日常的に着ていた開襟シャツをイメージしたものだ。

左はヘミングウェイが着ていたキューバの人民服のようなシャツを日本の高い技術を用いてリネンで再構築。右はベースのシャツの生成りを活かして黒の1色刷りの柄物。左3万5640円、右2万7000円(アーチ)

「アブサンというのは、ヘミングウェイも好んだ酒の名前で、高い中毒性のあることから製造が禁止されたこともある酒です。そんなアブサンのように中毒性のある着心地のシャツを作りたいという思いからネーミングしています。私が見る限り、ヘミングウェイが開襟シャツを着ていたのが、キーウエストやキューバに拠点を移した1940年代です。広め開きでゆとりのある身幅と少し長め着丈。そんなイメージを現代的なシルエットで再構築しています。当初はアメリカのインディビジュアライズドシャツで生産していましたが、現在は日本の工場にお願いしています。ただ春夏は、南イタリアのシャツのように軽くて身体を優しく包み込むような着心地、秋冬はイギリスのシャツのようにカッチリとしていて鎧のように守ってくれる着心地をイメージしているので、シーズンで2つの工場を使い分けているんですよ」

4.過去にアメリカで生産した特別な1枚。

ベースは変わらないものの、数多くのバリエーションがあるのも「アブサンシャツ」が定番として売れ続けている理由のひとつ。ブランドを立ち上げた当初は、BDシャツが全盛期で、少ロットの生産を受けてくれる工場がなかった。それで試行錯誤した結果、アメリカの名門であるインディビジュアライズドシャツに生産を依頼したそう。

※掲載情報は取材当時のものです。
(出典/「Lightning 2019年7月号」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア