西海岸スタイルのイケてる机をDIYで作る!(後編)【カリフォルニア工務店】

最終更新日 2021.11.01 公開日 2015.08.17

デスクを作ってほしいという友人の依頼を受け、カリフォルニアスタイルの特製D.I.Y.デスクを作ろうと意気込んだ「カリフォルニア工務店」クリエイティブ・ディレクターのロック岩切。設計、材料調達も完了し、いよいよ組み立て作業へ。さて、どうやって形にしていくのか…? 順を追ってレポートしよう!

▼前編の材料集めの様子はこちら!

西海岸スタイルのイケてる机をDIYで作る!(前編)【カリフォルニア工務店】

西海岸スタイルのイケてる机をDIYで作る!(前編)【カリフォルニア工務店】

2015年08月06日

1.使用するパーツはこちら!

【カリフォルニア工務店】D.I.Y.でデスクを作っちゃいます!(後編)_03

主な使用パーツは「バローブランド」の木製作業台、ワークライト、水道管、そして天板。今回はより手軽に作業できるよう天板をカットする手間を省くため、サイズを“900×1800㎜”に。これはホームセンターなどで一般的に販売されているサイズだ。総額3万円ほどで作れてしまう。

2.デスクの足回りのパーツをカット。

【カリフォルニア工務店】D.I.Y.でデスクを作っちゃいます!(後編)_04
今回の先生……「カリフォルニア工務店」クリエイティブ・ディレクター “ROCK”岩切。お堅いイメージの一級建築士ながら、根っからのカリフォルニアスタイルを体現するクリエイティブ・ディレクター。カリフォルニア工務店を取り仕切り、住宅設計からカフェの内装、ガレージ作りまで全国津々浦々を駆け巡る。「カッコいいモノがないなら作ってしまえ!」というロックな思考の持ち主

デスクの足回りとして流用する既成の木製作業台を2分割にカット。一般的なのこぎりでもカットできる。切断面をヤスリ等でバリ取り(切断後の表面を滑らかにすること)しておくと、より美しく仕上がるうえ安全だ。

3.天板と足のパーツを接合。

【カリフォルニア工務店】D.I.Y.でデスクを作っちゃいます!(後編)_05

今度は切断した木製作業台を天板に装着。その際、装着面の周りを木材で補強するのを忘れずに。補強が有るのと無いのでは安定感が段違いなのだ。

4.インダストリアル感を増すペインティングを。

【カリフォルニア工務店】D.I.Y.でデスクを作っちゃいます!(後編)_06

水道管やワークライトのサッシは無垢のままだとなんだか味気ない。そこで黒いスプレーを使い塗装することに。このひと工夫でインダストリアル感がさらに増す。

5.エイジングの裏ワザ! ブラッシング。

【カリフォルニア工務店】D.I.Y.でデスクを作っちゃいます!(後編)_07

塗装後に金属パーツである水道管をヤスリで軽くブラッシング。すると塗装が程よく剥がれ、長年使い込んだようなエイジング感を出せる。

6.各パーツを順次組み立てて……

【カリフォルニア工務店】D.I.Y.でデスクを作っちゃいます!(後編)_09

【カリフォルニア工務店】D.I.Y.でデスクを作っちゃいます!(後編)_08

天板に電動ドリルで穴を開けて、ワークライトの電源を逃がす部分を作り水道管を組み立てる。そしてワークライトを組み立てれば……。

7.完成! これがカリフォルニア工務店の特製デスクだ。

【カリフォルニア工務店】D.I.Y.でデスクを作っちゃいます!(後編)_10

900㎜の奥行きはパソコンを置いてもまだスペースに余裕があるので、仕事や趣味の作業効率はかなり高い。建築雑貨のワークライトを完備しているので、手元を照らす明るさも抜群。このサイズ感や雰囲気はまさに「カリフォルニアスタイル」!

さらにオリジナル感を出したい人は、天板にロゴステッカーを貼ったり、ペイントしてみるのもアリだ。アイデア次第で自分の“本当に欲しいモノ”を作れるD.I.Y.。こんなにわくわくする遊びを、やらない手はない!

カリフォルニア工務店公式サイト/http://www.cal-co.jp/

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。