沖縄の宿泊先は、アメリカの空気感じるモーテル&ヴィンテージホテルを選ぼう。

  • 2021.10.24 2017.06.19
  •              

昨今、家だけでなく旧いホテルや店舗などの風情を活かして、ホテルとして再利用している宿泊施設が多く見られる。ラグジュアリーホテルのような特別なサービスはないが、趣のある落ち着いた空間を楽しみながら、自分スタイルの旅を満喫できるのが魅力だ。そこで、これからの季節にぴったりな沖縄のリノベーションホテルを紹介しよう。

’70年代に建てられた“自動車ホテル”をアメリカ式モーテルにした「SPICE MOTEL OKINAWA(スパイスモーテル沖縄)」。

沖縄といえば日本有数のリゾート地。しかし沖縄本島の中部地域は米軍基地があり、琉球とアメリカ文化をチャンプルーした独特の文化をもつエリアだ。その地に沖縄がまだアメリカの統治下にあった1970年代、スパイスモーテルの基になった“自動車ホテル”は建てられた。いわゆるモーテルだ。

’70年代のカリフォルニアをイメージした客室。ウッドの壁にオレンジや赤など明るい色合いが使われたデザインで、昔のアメリカ映画に出てきそうな懐かしさを感じる。2階にあるので、クルマは敷地内の駐車場へ

この旧い建物に注目した建築デザインオフィス「アートアンドクラフト」がリノベーションし、新しいモーテルを誕生させた。海辺のリゾートホテルでもなくゲストハウスでもない中部地域らしいホテルを作りたいと物件を探していたところ、このモーテルを見つけたという。

1970年当時の客室を再現したオリジナルルーム。窓がなく真っ黒でシックなデザインで、時間の流れを感じないのが魅力だ。バスルームはタイル張りのバスタブ付きであるほか、ガレージからアクセスできるのもいい

すべてを新しく作り変えるのではなく、建物の佇まいを極力残した新しいタイプのデザインモーテル。テイストの異なった3種類の客室を17室用意し、1階の客室には当時の“自動車ホテル”と同じくクルマを乗り入れられるスタイルを取り入れている。過剰なサービスはないが、宿泊者はコーヒーがフリーだったりと、まさにロードムービーのような滞在ができるようになっている。新しい沖縄の過ごし方を体感できるホテルだ。

白を基調とした爽やかさの中に、無骨さも感じるツインルーム。二段ベッドタイプで、ソファベッドを活用すれば最大3人まで宿泊可能だ。こちらもガレージからアクセスできるタイプ
敷地内にある元倉庫だった建物をカフェスペースにリノベーション。壁には看板だった「自動車HOTEL」の「自動車」部分をインテリアにしたノスタルジック漂う空間だ

【DATA】
SPICE MOTEL OKINAWA
沖縄県中頭郡北中城村喜舎場1066
TEL098-923-1066
チェックイン/15:00〜22:00/チェックアウト:12:00
宿泊料金/1泊5400円〜(シーズンによって異なる)
http://spicemotel.com/

かつて店舗だった風合いを残し、ロックや秘密基地をテーマにリノベした「Trip Shot HOTELS KOZA(トリップショットホテルズ コザ)」。

通称「コザ」と呼ばれるエリアに、沖縄市中央パークアベニューという商店街がある。ヤシの街路樹と白い屋根が連なる海外を連想させる街並みが特徴で、おしゃれなショッピングモールとして一時代を築いた場所だ。

「トリップショット・ホテルズ・コザ」は、沖縄再発見マガジン「トリップショット」の編集部が運営するコンドミニアム型ホテル。中央パークアベニューにある今は使われていない空き店舗をリノベーションし、長期滞在型のホテルを誕生させた。

こちらは秘密基地をイメージした「ルーツトップスター」。元々はバーだった空間をリノベーションした。インテリアもウッド系で落ち着いたものを設置している。屋上から沖縄の夜空を堪能できるも魅力のひとつ

客室は「ロックサイド」と「ルーフトップスター」の2種類。ロックと秘密基地というそれぞれキーワードを掲げて、内装やインテリアにこだわった。ロックサイドは元美容室で、テレビを置いているコンクリートの仕切りには、洗髪台が設置されていたそうで、その名残をそのまま活かしている。

この部屋はロックをコンセプトにした客室。91㎡と広々とした空間にヴィンテージ家具を設置し、重厚感のある仕上がりにした。元美容室だったため、随所にその名残があるのも面白さのひとつだ

また家具やインテリアは、重厚感のあるヴィンテージを揃え、’70年代のロックスターが泊まっていたであろうホテルをイメージ。スイート並の広さとこの内装デザインに、初めてお客様が部屋に入ったときの『おっ!! 』という驚いた反応を見るのが楽しみなんだそうだ。

宿泊の受付は、中央パークアベニューにあるプレイヤーズカフェで行う。宿泊者はソフトドリンクがフリーだったり、街のおすすめショップで使える3000円分の飲食チケットがもらえたりとお得なサービスも。

夜は地元のバンドなどを招いてライブなども行うバーになり、ギターなども用意しているので、宿泊者が飛び入りで参加することも可能だ。

【DATA】
Trip Shot HOTELS KOZA
沖縄県沖縄市中央2-6-47
TEL070-5489-3969
チェックイン/13:00
https://koza.tripshot-hotels.com/
[email protected]

※掲載情報は取材時のものです。

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア