モチーフの意味を知るともっと楽しい! 巷で話題のキリム専門店へ行ってみた。

最終更新日 2021.10.18 公開日 2017.06.14

キリムの専門店として1997年にオープンしたのが東京・恵比寿にある「マンモスイスタンブル」。店内は40年前以上のオールドキリムと80年前以上のヴィンテージキリムを中心とした品ぞろえで、その質、量とも愛好家をうならせるほど。ライフスタイルに合わせて選べるサイズ展開、買った後のリペアなどのサービスも充実している。近年じわじわと人気が出てきているということだが、そもそも「キリムって何?」というところから、その魅力に迫ってみよう。

遊牧民族の工芸品として始まった「キリム」。

キリムとは、旧オスマン帝国の領土であったトルコから中央アジアにかけて住んでいる遊牧民の工芸品としてはじまったそう。地域ごとに細かな特徴があり、キリム上級者になると、ひと目見ただけでどこの地域で作られたのかが分かるそう。たとえば、このオールドキリムのようなクリエイティブな柄は時間をかけて羊毛から作り出すため、希少価値が高く価格もやや高めに設定されている。

あなたはいくつ知ってる? モチーフの意味を知ろう。

抽象的なパターンが多いキリムだが、様々なモチーフを発見することができる。それもまた面白さのひとつ。女性が織っていることもあり、動物や植物だけでなくアクセサリーといった可愛らしいモチーフもある。代表的なものをいくつかピックアップしてご紹介。実に奥が深い世界だ。

スコーピオン

エジプトでは守護神の意味があるというサソリをモチーフにした柄で、このほかにも様々なデザインがある。実際のサソリとは反して可愛らしい印象。

ウルフマフ

キリムの中でも人気のモチーフのひとつ。狼の口をイメージしたというウルフマフ。赤と青のコントラストが絶妙。様々な色を合わせて織って実に複雑。

スター

スターも様々なデザインがあり、人気の柄のひとつ。こちらはたくさんの色を使った複雑なデザインで職人の技が光る。

髪飾り

基本的にキリムを織るのは女性の仕事とのこと。髪飾りなど女性ならではの視点で使われるモチーフもある。美しい色使いと織り目にも注目したい。

【DATA】
マンモスイスタンブル
東京都渋谷区東3-15-2 渡辺ビル1F TEL03-5466-0734
12 時~19 時 不定休 http://www.m-istanbul.jp

店内にはキリムだけでなく、同じ地域で作られた絨毯などもセレクトしている。敷物としてだけでなく、壁にかけたりインテリアのアクセントとしても使える。ジュエリーデザイナーである稲垣さん、トルコ人バイヤーのアリさんの審美眼を楽しんで

※情報は取材時のものです。

(出典/「Lightning 2017年3月号 Vol.275」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。