“Gジャンタイプ”の火付け役! 往年のGジャンの名モデルをレザーで見事に再構築したFINE CREEK LEATHERの革ジャン。

  • 2022.09.28
  •              

昨今、様々なブランドからリリースされている、デニムジャケットをモチーフとした革ジャン。今でこそ当たり前に目にするようになったが、そのブームに火を付けたのがFINE CREEK LEATHERSだった。往年のGジャンの名モデルをトレースし、レザーで見事に再構築したFINE CREEK LEATHERSのモデル群は、その完成度、作り込み、存在感、どこをとっても、今なお「Gジャンタイプ」のオーソリティとして、その名を轟かしている。

オリジナル特有の野暮ったさがない、FINE CREEK LEATHERの“Gジャンタイプ”。

FINE CREEK LEATHERS代表・山﨑佳克氏。レザー業界に“Gジャンタイプ”旋風を巻き起こした立役者だ。アイテムに合わせて馬革のレシピを変えており、日々馬革の研究に余念がない

上質な馬革を使ったアイテムのみをリリースし、今や世界中のレザーラバーから熱い視線を注がれるFINE CREEK
LEATHERS。彼らの名を一躍有名にしたのが、往年のファーストタイプをレザーでトレースした『リッチモンド』だった。

「ヴィンテージにもGジャンをモチーフにしたレザージャケットは存在しますが、フロントがスナップボタンに変更されていたりして、あくまで〝Gジャン風〞のモデルがほとんどです。僕は、往年の名モデルと言われるデニムジャケットを、敬意を込めてそのディテールまでをもレザーで再現したかったんです」

そう語る代表の山﨑氏だが、Gジャンの完全復刻を革で目指したわけではない。細かなディテールや意匠は踏襲しつつも、パターンを見直し、よりスタイリッシュに甦らせた。

「通常、デニムジャケットの袖は、ワークシャツと同じように付けられています。ただし、それを革でやってしまうと、腕を下した際に背中や脇などに革が余ってしまい、野暮ったくなってしまいます。そのため、袖付けはライダースジャケットのパターンを取り入れています」

FINE CREEK LEATHERSのモデルを着てみると、そのパターンをすぐに実感することができる。見た目はGジャンのデザインだが、シルエットがシャープでオリジナル特有の野暮ったさが一切ない。これこそが、FINE CREEK LEATHERSの人気の秘密なのだ。

彼らをきっかけにして、現在多くの〝Gジャンタイプ〞が市場に溢れているが、FINE CREEK LEATHERSの人気はますます高まるばかりだ。

大戦モデルをモチーフにしたモデルもラインナップ。第二次大戦中、物資統制のために染料を使わずに作り上げたというストーリーのもと作り上げたリッチモンドWWⅡ ¥137,500_
1.8㎜厚の多脂の馬革を使ったTバック仕様のリッチモンドS66 ¥159,500_

FINE CREEK LEATHERの“Gジャンタイプ”を紹介!

RICHMOND ¥137,500_

FINE CREEK LEATHERSの代表作であるリッチモンド。1.2㎜厚のベジタブルタンニン鞣し・染料仕上げの馬革を使用し、着込むほどにくっきりとした皺が刻まれていく。

VIRGINIA BEACH ¥137,500_

セカンドタイプをデザインモチーフにしたバージニアビーチ。渋鞣し・染料仕上げの馬革を採用し、着込むほどに美しい茶芯が出現する。プリーツ部分のパッカリングに注目。

HAMPTON ¥137,500_

サードタイプがベースのハンプトンも人気。ライダースジャケットのパターンを採用しており、野暮ったさは一切なく、シャープでスタイリッシュなシルエットを実現した。

【DATA】
FINE CREEK LEATHERS
Tel.050-3390-2470
http://www.finecreek.jp

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「CLUTCH2022年10月号 Vol.87」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア