「ADDICT CLOTHES」オーナー・石嶋さんに聞く、カフェレーサーのアイコン、英国ライダースの魅力。

1960年代に全盛を極めたイギリス発祥のカフェレーサーカルチャー。ロッカーズと呼ばれるロックンロール好きの若者たちが日夜カフェに集まり、自慢の愛車で公道レースを行っていた。彼らのアイコンになったのは、黒を中心としたライダースジャケット。その魅力をADDICT CLOTHES のオーナーであり、UKモーターサイクルジャケット研究家の石嶋氏に聞く。

「ADDICT CLOTHES」Owner・石嶋聡

1978年生まれ。10代でライダースジャケットに出会い、その後、英国のモーターサイクルジャケットに魅了される。28歳の時にヴィンテージショップを開店し、その後にオリジナルブランドを開始。

個性を競い合ったカスタムに魅力がある。

カフェレーサーカルチャーの中心地となったのが、24時間営業のロードサイドカフェであったACE CAFE。ライダースジャケットに身を包んだ若者たちが夜な夜な集まり、自慢の愛車やライダースを競い合った。’69年に一度閉店し、このブームは落ち着いた

アメリカで’53年に公開された映画『ザ・ワイルドワン』やロックンロールなどに象徴されるフィフティーズカルチャーは、世界中に飛び火し、様々なユースカルチャーが形成された。そのひとつが’60年代に全盛を極めたイギリスのカフェレーサーだ。アメリカに影響を受けた素行の悪い若者たちが、カフェやパブに集まり、自慢の愛車で公道レースに興じていた。そんな彼らのアイコンとなったのが、スピードを求めたカスタムバイクとアメリカとは一味違うライダースジャケットであった。

「カフェレーサーの定義は非常に難しいのですが、カフェレーサー=ロッカーズという前提で話すと、その対抗馬であったモッズは中流以上の家庭の子息が多く、ロッカーズはワーキングクラスの若者が中心だったと思います。だから人工皮革を使ったような安物やノーブランドのライダースを着ている写真も多くあります。中古で買ったようなものも多かったと思いますね。

あとは襟付きのシングルライダースが多いのも、アメリカとは違う点ですね。この形は英国のスタンダードなライダースであり、汎用性の高いジャケットとして様々なメーカーから出ていました。老若男女が着るようなベーシックなものですから、ロッカーズたちは思い思いのカスタマイズを施しました。そこから彼らの愛車や趣味嗜好がわかり、ストーリー性を感じられます。そんな唯一無二の存在感が、なによりも魅力ではないでしょうか」

カフェレーサーたちは、カウンターカルチャーの一種であり、社会問題化していた。その証拠に有名な日刊タブロイド紙であるデイリー・ミラーでは、カフェレーサーたちをスーサイドクラブと紹介している。このライダーのスタイルは、まさにロッカーズのお手本的なスタイリングだ

貴重なアーカイブの一部をとくとご覧あれ。

1960s HIGHWAYMAN MOTORCYCLE JACKET

Lewis Leathersと並び、英国を代表するレザージャケットメーカーのダブルライダース。カタログに掲載されていないため、モデル名は不明。センスよくカスタムが施されており、その内容からBSAの代表的なモデルであるサンダーボルトに乗っていたオーナーのものと推測される。

ジッパーエンドに付いたウエストベルトやポケット部分には、BSAのタンクエンブレムがカスタマイズされている。数々のカスタムジャケットを見てきた石嶋氏でも、ここまでBSA色の強いジャケットは中々無いらしい

1970s Lewis Leathers PLAINSMAN

’60年代に発売されたフリンジ付きのシングルライダース。これは’70sの個体となる。腕にはカフェレーサー文化の中心にいた59CLUBのワッペンが付いている。胸についたピンズカスタムや、当時のオーナーの愛車であるトライアンフのパッチなどが見所。

背面にはトライアンフのロゴがカスタムされている。レザーを用いたハンドメイドのカスタムパッチというのがたまらない。もちろんフリンジもオリジナル

1970s Lewis Leathers BOMBER

ブランドのアイコン的な存在である名作ライダースのライトニングに、大きなベルトループが付いたモデルはBOMBERとネーミングされた。両袖にセンスよくパッチカスタムが施されており、秀逸なバランスだ。UKモーターサイクルジャケットらしくシープスキンを使用する。’70年代の個体である。

ジッパーを開くとOR GLORYのピンズが付けられている。イギリス騎兵隊の紀章で栄光か死かを意味する、ロッカーズからパンクスまでに愛用されたアイコン

1960s ZOHAR CENTER ZIP JACKET

襟付きのシングルライダースで、ハンドウォーマーポケットが2つ付くのが’60s UKモーターサイクルジャケットのもっともベーシックなスタイル。右袖にはAJSのワッペンが付き、英国製らしくシープスキンを使っているのも注目。

ADDICT CLOTHES AD-01 ¥176,000_

16年前に初めてリリースしたADDICT CLOTHES JAPANの記念すべきファーストモデルは、イギリスでもっともベーシックな襟付きのシングルライダースを再構築。ブランドオリジナルのシープスキンを使用し、フルベジタブルタンニンの茶芯仕様。

【DATA】
ADDICT CLOTHES TOKTO
Tel.03-5341-4767
www.addict-clothes.com/

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「CLUTCH2022年10月号 Vol.87」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。