世界有数のヴィンテージ革ジャンのコレクターに聞く、革ジャン発展の歴史。

  • 2022.10.21 2022.09.12
  •              

カナダ・トロント発信のレザーブランド、HIMEL BROS。そのデザイナーであるデビッド・ヒメル氏は、世界有数のヴィンテージレザージャケットのコレクターであり、革ジャン研究家という一面も持つ。アメリカンカジュアルの必須アイテムというべきレザージャケット、その発展の歴史はどのようなものだったのか。数多のヴィンテージをその目で見てきた革ジャン界の碩学、デビッド氏にその質問をぶつけてみた。

奥深きヴィンテージレザージャケットの世界。

現在、アメリカンカジュアルにおいて、確固たる地位を築いているレザージャケットだが、どういう経緯を経て、今の形へと発展していったのか、知っているようで実は知らないことも多い。いま改めて、レザージャケットの歴史を知りたい。そんな思いを胸に、カナダ・トロントにあるデビッド・ヒメル氏のオフィスを訪ねた。

世界有数のヴィンテージレザージャケットコレクターであるデビッド・ヒメル氏。大学時代にもらったDポケットのライダースがきっかけで、レザージャケットに興味を持ったという

デビッド・ヒメル氏といえば、レザーブランド「HIMEL BROS」のデザイナーとして知られているが、700着以上のヴィンテージレザージャケットを所有し、その歴史を研究する「革ジャン研究家」としても知られている。膨大な数のヴィンテージに触れてきた彼は、レザージャケットの歴史をどう紐解くのか。アンティークの家具やヴィンテージアイテムが無造作に置かれた彼のオフィスでこちらの疑問をぶつけると、ゆっくりと話し始めた。

自説を交えながらレザージャケットの歴史について語ってくれたデビッド氏。彼のヴィンテージに対する眼差しは、限りなく優しい

「そもそもアメリカでは、レザージャケットは仕事着として作られていました。一般の人が着るような、ファッション性の加味されたレザージャケットが生まれるのは1870年代くらいのことです。レザージャケットの歴史は、ソーイングマシン(ミシン)の発達と密接にかかわっています。かつてはネイティブアメリカンが手縫いで細々と作っていたレザージャケットですが、ミシンの発達に伴って、民間用に多くのレザージャケットが作られるようになりました」

シアトルのウールを扱う会社が立ち上げたSEATTLE SPORT TOGSの’30年代製スポーツジャケット。このように自社のミシンや職人を活かして革ジャンを作り始める会社も多かった
デビッド氏が所有する数あるヴィンテージの中で最も古い年代のモデルがこの鹿革のハンティングベストで、1890年代製。ガラスビーズを使ったデザイン性豊かな刺繍が施され、裾にはシェルホルダーを装備する

デビッド氏が所有するヴィンテージの中で最も古いモデルが、上に紹介したレザーハンティングベストで、1890年代のものだという。確かに、身頃にはカラフルな刺繍が施され、ファッション性も高く、美しい。

ゆっくりと、言葉を選びながら話すデビッド氏。その興味深い話に、ぐいぐいと引き込まれていく。

「よく、飛行服の意匠がライダースジャケットに影響を及ぼしたという話を聞きます。もちろんそういった側面もありますが、そもそもフライトジャケットより、モーターサイクルジャケットの歴史の方が長いんです。飛行機が開発される以前から、モーターサイクルは存在したわけですから。元々、軍服として作られていたウール製のホースライディングジャケットが発展し、最初のライダースジャケットが誕生するわけです。

フライトジャケットに関していえば、当初は柔らかさと防寒性を兼ね備えたシープスキンが主流でした。A‐1にもシープスキンが多く使われていました。馬革が多く使われるようになるのは、A‐2からです」

珍しい緑色の馬革を使った1930年代のスポーツジャケット。デザイン性の高い切り返しと2トーンのあしらいがユニーク
シアーズのストアブランドであるトップラインの2トーン仕様のスポーツジャケット。1930年代製で素材はホースハイド

A‐2がアメリカ陸軍航空隊に制式採用されるのは1932年のこと。その頃、アメリカのあらゆる産業で機械化が進み、農業にもトラクターが導入されたことで農耕馬が不要となり、そのため多くの馬革ジャケットが作られたという話は、レザージャケット界では通説となっている。デビッド氏にこの話をすると、これは僕の意見だが……と前置きした上で興味深い話をしてくれた。

「A‐2に馬革を使ったのは、革が余っていたからというよりも、やはりクオリティのためだと思います。ベジタブルタンニンで鞣した馬革は、繊維の絡みが強く、強度が高いんです。もしコストを安く抑えたいのなら、ラムやゴート、カウを使っていたと思います。

1920年代、アメリカで革の需要がいちばん高かったのが靴業界で、コードバンをソールに使ったりもしていました。そこで、余った他の部位の革でレザージャケットを作るところも多かったんです。シューカンパニーなら、ミシンも職人もすべて揃っていますから。そのため、1930年代頃のレザージャケットには馬革製のものが多かったのではないか、と僕は思いますね」

ホースハイド製のベストにコーデュロイの袖が取り付けられ、裏地には軍用のウールライナーを装備している。1930年代製
エルクスキンのスポーツジャケットをベースにハンティング用にカスタム。ガラスビーズの刺繍が施される。1940年代製
無造作に積み上げられたヴィンテージの数々。オフィスの近くにはファクトリーがあり、そこに700着以上のヴィンテージをストックしている

デビッド氏が手掛けるレザーブランド「HIMEDL BROS」。

HIMEL BROSのファクトリーにて。年代物のミシンが並び、「当時の作り方やプロセスを大切にしている」というデビッド氏の想いとこだわりがひしひしと感じられる

デビッド氏が手掛けるレザーブランドがHIMEL BROSだ。ヴィンテージを愛するが故に、完全復刻を目指しているのかと思えば、そうではない。当時の製法は踏襲しながらも、デザインはオリジナル。「当時、この素材が存在したら、こんなジャケットが出来ていたのではないか?」。そんな想像力を膨らませながら、HIMEL BROSのアイテムは生み出される。こんな芸当が出来るのも、ヴィンテージを知り尽くしたデビッド氏の豊富な知識があればこそ。素材には日本の名タンナー、新喜皮革の馬革を採用している。

ケンジントン カフェレーサー

BUCO J-100をモチーフに、各所にラインを配した「ケンジントン カフェレーサー」。ライニングにはタイガーカモのファブリックを採用している。

ベックDポケットジャケット

ヴィンテージ市場でも人気の高い名品、ベック333 をモチーフにした、その名もずばりの「ベックDポケットジャケット」。ライニングはウール製。

スパダイナー

1930年代のカーコートをデザインモチーフにした「スパダイナー」。ダブルピン仕様で装飾の施されたバックルとベルトがアクセントになっている。

ウルヴァリン

身頃と背面にホースヘアを配したグリズリージャケットタイプ「ウルヴァリン」。ハトメジッパーやチンストラップなど往年のディテールが堪能できる。

(出典/「CLUTCH2022年10月号 Vol.87」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア