オールデンの気になる別注作。これは欲しくなる!

  • 2022.11.16
  •              

1884年にマサチューセッツ州ミドルボロウにて創立されたオールデンは、多くの名品を展開する一方で、多くのブランドやセレクトショップからの別注も受けている。オールデンは、完成されたデザインが数多くあり、それらをベースに素材やラスト、アウトソールなどをオーダーすることが可能で、そのバリエーションは数え切れない。そのため各ブランドやセレクトショップの個性が出て、痒いところに手の届いた魅力的な別注が揃っている。どれもオールデン愛に溢れており、こんな仕様が欲しかったと膝を打つようなモデルが目白押しである。

1.MARGARET HOWELL(マーガレット・ハウエル)

知る人ぞ知る6アイレットのチャッカブーツに、コードバン、モディファイドラストとフリークにはたまらない別注内容となった注目作。柔らかなフレックスコンストラクションソールなので、歩きやすいにも嬉しい。182600(マーガレットハウエル神南店 TEL03-5459-3723)

2.ARCH TOKYO(アーチ東京)

アーチ東京が2018年にオープンしたのに合わせて入社し、現在ではアーチ全店のマネージャーを務める原祐輔さん。彼がオールデン別注のキーマンだ。

「〝王道のモデルをベースに直球勝負で!〟という方向性とは違う別注を目指しました。ネタとして、7年ほど前にプライベートで欧州を周った際にパリのアナトミカで購入したオールデンがあったんです。それが、ブラウンのクロムエクセルレザーを使ったハンドソーンモンク。ジャケパンのように少し落ち着いたスタイルにも合わせられるようにブラックのクロムエクセルレザーで別注しました。

それに伴って、ブラスカラーだったモンクストラップのバックルはニッケルに。もちろん、今日の自分が合わせているようなベイカーなどの軍パンに合わせてもいい。年内にオープン予定のアーチ東京2号店で販売を画策中です」 129800(アーチ東京 TEL03-5825-4649)

モカ部分はレンジャーモック仕様。ハンドソーンにより、精緻にして武骨というドキドキの表情を醸し出している
レンジャーモックにシングルモンクが今作の特長。ストラップ裏にゴムが配され、バックル操作なしで楽に着脱可
元のモデルの仕様を踏襲して、靴内部のフロントパートはアンライニングに。柔らかい履き心地をもたらしている

3.BAYBROOK(ベイブルック)

インポートからドメスティックまで、ジャンルに捉われず幅広いブランドを取り扱うセレクトショップ。誕生の地である熊本を中心に、福岡や長崎など九州で約30もの店舗を展開している。オールデンやパラブーツ、エンツォボナフェ など、革靴も豊富に取り揃える。

エレガントなドレスカーフに、重厚感のある型押しのアルパイングレインのコンビでオーダーしたサドルオックス。あえて同系色にした通な配色に、ファンの多いモディファイドラストで仕上げたのがたまらない。 116600(ベイブルック)

お馴染みのヴァンラストを使ったモデルに、きめ細やかなブラックカーフスウェードでオーダー。ブラックのスムースレザーだと、どうしてもお決まりのイメージなってしまうが、スウェードなので個性的。117700(ベイブルック)

代表的なモデルのタッセルモカシンに、上質なカーフに型押しを施したアルパイングレインを使用。細身なフォルムのアバディーンラストを用いているので、型押しの重厚感がありながらもスマートな印象に。116600(ベイブルックTEL096-322-8553)

4CRISPIN(クリスピン)

1952年に富山で創業した老舗靴店。長きにわたり富山の地で愛されてきた地域密着型の店舗なだけあって、今回の別注作もすべてラバーソール仕様と、実用性や履きやすさを最重視したつくりに。ほかのセレクト店やブランドにはない着眼点がユニークでおもしろい。

オンオフ問わず使えるデザインであるVチップは、レザーソールが多いが、使い勝手のよいドレスラバーソールでオーダー。エレガントなブラウンのカーフの雰囲気を損なわず、スマートなアウトソールなのだ。 116600(クリスピン)

コードバンを用いた名作プレーントゥである9901を上品なカーフで別注。さらにレザーソールではなく、ドレスラバーソールに変更することで、より汎用性を高めている。天候を気にせず、気兼ねなく使える。 116600(クリスピン)

定番のVチップシューズをスウェードでオーダーした別注。グリップ力のあるドレスラバーソール、アイレットをあえて使わない仕様など、ドレッシーな要素を高めているのもポイント。オンオフ問わず使える。 116600(クリスピンTEL076-421-3651)

※情報は取材当時のものです。

(出典/「2nd 202211月号 Vol.188」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア