洒落者のサマートラッド術。「エディフィス」勝河拓さんは古着MIXで着こなす!

王道のマドラスチェックを取り入れるアイビー巧者、セットアップのシアサッカーで軽やかさを演出するウェルドレッサー、レイヤードしづらい分、巧みに小物を取り入れる洒落者など三者三様のサマートラッドな着こなしから、そのノウハウを盗むべし! 今回は、「エディフィス」勝河拓さんのコーディネイトをチェック!! 

カジュアルな古着MIXをエレガントに着こなす。

「エディフィス」勝河拓古着にドレッシーかつエレガントなアイテムをMIXするスタイルを得意とする若きファッショニスタ。休日は高円寺の古着屋&飲み屋をディグる

素材、デザイン、着用方法など、多方面からサマートラッドを表現するのが勝河さんのスタイル。シアサッカー素材のジャケットに、ショーツを合わせ、ローファーを素足で履く。個性が引き立つスタイルをカジュアルダウンしてまとめる。

「シアサッカーにはチノスラックスがセオリーですが、あえてグルカショーツを選び、ウエスタンデニムシャツを合わせています。古着的な要素を入れることで肩肘張らずトラッドを楽しんでいます」

  • ジャケット3 万9600 円/エディフィス、シャツ/ラングラー、ショーツ/ Vintage、シューズ/ジェイエムウエストン、メガネ/カトラーアンドグロス
古着の中でもシャンブレーやデニムシャツ が好きだという勝河さん。ジャケットの中にラングラーのウエスタンデニムシャツを インナーに採用する。古着ミックス、その真骨頂がうかがえるナイスコーデ
短く切り整えられたクラシックなヘアスタイルからもサマーアイビーの印象が漂う。またジャケットのチーフポケットに挿したメガネが雰囲気を助長。シーンに合わせて使い分けるのがポイントだ

「エディフィス」勝河拓さんのサマートラッドな愛用品。 

チンクアンタのグルカショーツ

シンプルなスタイルのグルカショーツだが、その実、ゴートレザーを使った一着。独特な光沢が夏のコーディネイトにアクセントをプラスする。「シンプルに見た目が好きで、何年も穿いています」

エディフィスのニットタイ

イタリアの老舗ファクトリーであるフメオ カルロにオーダーしたエディフィスオリジナルのタイ。「古着とドレスアイテムの“ツナギ” として締めます」1 万450 円

ブルックスブラザーズのブレザー

シルバーのプレーンボタンを備えた黒ブレザー。カノニコ製のサマーウールを採用する。「上品だけどアメリカンなボックスシルエット。この塩梅がたまりません」

ジェイエムウエストンのヨット

ブランドを代表するデッキシューズ「ヨット」も勝河さんのヘビロテアイテム。「モカシンは何足か持っているのですが、アメリカものにはないエレガントさを備えたウエストンはやはり別格です」

 

夏でもトラッドスタイルな着こなしができたら、それはもう洒落者の仲間入り。秋冬なら簡単に想像がつくトラッドだが、夏となるとどう取り入れればいい? そんな迷子なあなたは、サマートラッドな着こなしサンプルが盛りだくさんの2ndの本誌をチェックしよう。 

(出典/「2nd 2022年7月号 Vol.184」)