断然革靴派の革靴コレクション拝見!<第2回>編集人・山下英介さん

  • 2022.04.19
  •              

業界きっての断然革靴派たちが数えきれないほど手にしてきた革靴のなかには、長年ともに歩んできたものもあれば、手放すことになったものもあるそんな出会いと別れのなかで研ぎ澄まされていった愛靴コレクションを紹介! 大人の革靴コーデも参考に。今回は、『LEON』『MEN’S EX』といった数々のメンズファッション誌にて編集・執筆を担当し、10年以上にわたり『MEN’S Precious』のクリエイティブ・ディレクターとして活躍する山下英介さんを取材!

背景に見え隠れするストーリーに心が揺れますね。

編集人・山下英介さん| 『LEON』『MEN’S EX』といった数々のメンズファッション誌にて編集・執筆を担当し、10年以上にわた『MEN’S Precious』のクリエイティブ・ディレクターとして活躍。現在は、Webマガジン『ぼくのおじさん』を通し、素敵な人生を過ごす知恵や方法論を提案する

「スニーカーは苦手なんです」

そう語る山下さんは、たとえ気に入ったものでも物理的に長く履けるものではないからとその理由を説明する。その点、革靴はほぼ一生付き合えるもので、長い時を共有するからこそ生まれる〝なにか〞に強い魅力を感じるとか。

「モノの内側にあるストーリーを結局僕は欲しているのでしょう。単純に質が高いだけというモノには興味を覚えません。僕が手にしてきた革靴は老舗のものが多い。やはりそれは、ブランドの歴史や名作の背後に何らかの物語があるからだと思います」

象徴する一足がこのサルヴァトーレ フェラガモである。

「ウォーホールが履いていたビスポーク靴を参考にした一足。彼が作品を描いている最中に飛び散った絵の具を再現したペイントがユニークです」

そして、山下さんはいま革靴を手にする意味をこう話す。

「昨今、産業の衰退や過度な現代的アレンジに伴いオリジンに触れる機会が減っています。その中にあって革靴はオリジンに触れられる数少ないジャンルのひとつ。とはいえ、手に入りづらくなっているのも事実なので、若い方もぜひ手に取ってもらいたいですね」

【革靴コレクション①】サルヴァトーレ フェラガモ|「普通なように見えてちょっと変、そんな一足に惹かれます。4年ほど前にフィレンツェの本店で購入したこのサルヴァトーレ フェラガモはいい例。革のクオリティもさすがです」

【山下流革靴スタイル】革靴との向き合い方は、着こなしにおいても至って自然体。

街はもちろん、山や海へ行く時でも革靴を履くという山下さんだが、「かといって、日々磨きながらすごい大切にしているかというと、実はそんなに神経質にケアはしません」という。あくまでも気張らず、気取らず自然体で革靴と向き合う。そのスタンスは、ON/OFF を問わずスタイリングにも現れているように映る。ここでは、それぞれの着こなしと足元についてを。

【ON】褪せた革靴と足並みを揃えたゆったりめなクラシックスーツ。

「ファッションへの関心がアメリカからイギリスへとシフトしていく中で、スーツにも興味を持つのは自然な流れ。普段はカジュアルに着ることの方が多いですけど、そうなると足元は色褪せたこの一足がちょうどいい」

【革靴コレクション②】チャーチ

「購入してみたものの明るい色味が気になっていたので、ブリフトアッシュさんに色を入れ直してもらうように依頼。全体の色味を濃くしてもらいました。ボロボロですけどそれはそれで気にしません」

【OFF】行動範囲が広がるチロリアン中心のサファリルック。

「過去10年はいわゆる本格靴が主流でしたが、今は不格好で履き心地のいいどんくさい靴、いわゆるウォーキングシューズをよくはいています。サファリジャケットを軸としたラフでクラシカルなスタイルにもいいですね」

【革靴コレクション③】メフィスト

「神田に神田大喜靴店という靴屋があるのですが、そこには掘り出し物も多くまさに穴場といえる場所。こちらもそのたぐい。見た目は野暮ったいですけどクラシックな作りで履き心地は抜群にいいですね」

まだまだあります革靴コレクション! 忘れかけている何かを思い出させる靴たち。

「今の主流となっているのは痒いところに手が届くモノ作り。消費者のニーズに寄り添うとも捉えられますが、行き過ぎるとオリジナルの良さが消えてしまいますよね」。山下さんが日頃からクラシックを嗜好するのは、ローカリズムやオリジンの大事さを理解しているからこそ発するシーンへの提言ともいえる。そんな想いが透けて見える山下さんの下駄箱。誌面で紹介したものから厳選して紹介!

【革靴コレクション④】ジェイエムウエストン

「アリゲーターの革を使った、まさしく伝説のローファー。シップスの故中澤芳之さん、M16の故村松周作さんなど、錚々たる方々がはいてらっしゃるのを見て憧れましたね」

【革靴コレクション⑤】フラテッリ ジャコメッティ

「象革を使ったこのサンダルは夏冬関係なく履きます。旅行時の必需品で、空港ではことさら便利ですね。ケアいらずでスーツにも合う。革靴に馴染みのない方にこそ勧めたいです」

【革靴コレクション⑥】バーシュ

「サイドウォールが垂直にそそり立ったフォルムなど、中欧独自の靴文化を今に伝えるハンガリーブランド。工場へも行きましたが技術が高く、素材の質も素晴らしいです」

【革靴コレクション⑦】クラークス

「たまに古着屋でUKメイドのデッドストックを見つけたら買うようにしているクラークス。今のボテっとしたベトナム製もいいですけど、スタイリッシュなUKメイドも素敵です」

(出典/「断然革靴派 2nd 2022年4月号増刊」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア