グレンフィールド自由が丘店で、ニューノーマル時代のオトナになる。

  • 2021.10.26 2021.06.24
  •              

1989年に創業し、多くのレザー製品を世に送り出してきたジャルックススタイルの実店舗「グレンフィールド自由が丘店」。一級のオトナになるための革小物やアパレルが幅広く揃う。

“現代の大人スタイル”が完成する場所。

1989年の創業以来、多くのレザー製品を手がけてきたジャルックススタイルが、実際に見て触って商品を体験できる場を提供したいと2019年にオープンさせた「グレンフィールド自由が丘店」。その直営店オリジナルブランドとして誕生した人気の、グレンフィールドブランドも並ぶ。

「この質でこの価格はいいなぁ」J&E セドウィック社のブライドルレザーを使用したブリティッシュグリーンや、コードバンを得意とするフライングホースなど、コスパに優れた革小物も並ぶ
グレンフィールドブランドのラインナップ全てが見られるのは、実店舗ではここだけ

なかでも1840年創業のトーマスウェア&サンズ社製ブライドルレザーを使用したシリーズは、手ごろな価格で日本製の最高峰のレザー製品を手に入れられるとあって人気が高い。実用性が高く無駄がないため、現代の生き方にもマッチする。

メガネケースなどの革小物のほか、レザートートバッグや革製品用のケアグッズなど、革好きなら、くまなく店内を楽しめそうだ

一方、G-TUNE by GLENFIELDは、WEBメディア「フォルツァスタイル」の編集長である干場義雅氏とタッグを組んで、今春誕生したグレンフィールドの新ライン。

G-TUNEの撥水レザーバッグから、グレンフィールドが展開するデイパックまで、バッグ類も品揃え豊富

日本の技術を活用して作られるアイテムは、上品なだけでなく着心地や携行性に優れ、リモートワークが一般的になった現代にこそふさわしい。これらのアイテムが揃う自由が丘の店舗は、言わばここだけで「ニューノーマルな大人のスタイル」が完成する場所なのだ。

「これなら会社にも着ていけそうだな」

シンプル&上品な大人コーデが完成!

着用しているのは、G-TUNE by GLENFIELDの[MOVB別注モバイルセットアップ]。極細のメリノウールを使用した高級感のある風合いが特徴。ジャケット6万9300円、 パンツ3万1900円

【注目アイテム①】老舗タンナーのブライドルレザーを使った革小物。|BRIDLE SERIES(ブライドルシリーズ)

1840年創業の由緒正しきタンナー、「トーマスウェア&サンズ社」のブライドルレザーを使った革小物シリーズ。表面のブルームという白い粉は使い込むと革になじみ、美しい光沢を放つ革へとエイジングする。

二つ折り財布(右上)

カードポケットは必要最低限の6つに絞り、持ち運びやすいサイズ感を実現。大きく開くマチ付きコインケースは、簡単に小銭を取り出すことができる。1万9800円

三つ折り財布(右中央)

どんなスタイルにもマッチする三つ折り財布は、本体ができる限り薄く設計されており、携行時のストレスが少ない。ミニマム化が進む現代にぴったりだ。2万1450円

カードウォレット(右下)

ブランドのエンボスが施された表面にはカードポケットが3つ、背面に2つ、そして中央部には大きく開くオープンポケットを配備。貨幣なども収納可。1万1180円

キーケース(左上)

大小計4つのキーフックと、スナップボタンで脱着できるキーリングを搭載。内外に2つのオープンポケットを配し、駐車券などを入れることも可能だ。1万3200円

ラウンドファスナー長財布(左下)

素材の魅力を存分に味わえる長財布だが、大きすぎない絶妙なサイズ感。計12枚収納可能なカードポケットと2つの札入れを搭載し、細かい仕分けが可能。2万9700円

【注目アイテム②】オンオフ問わず“オトナ”をあげてくれるアパレル。|G-TUNE(ジーチューン)

WEBメディア『フォルツァスタイル』の編集長・干場義雅氏とグレンフィールドが手を組み、今春デビュー。「ニューノーマルの時代を生き抜くビジネスマンの新たなスタイル」をテーマに、限定数生産で販売。

モバイルワンマイルウエア

生地に使用される糸は、“レクチュール®” と呼ばれ、吸汗性・透け防止・UV カットなどの機能を保持。上品な印象に。フーディ2万7500円、ジョガーパンツ2万3100円

撥水レザーモバイルバックパック

日本の老舗革商社「富田工業」が開発した、傘と同等の撥水レベルを誇るレザーを採用。ファスナーポケットのほか、13インチのPCが収納可能なポケットを配備。5万7200円

撥水レザーモバイルスニーカー

バックパックと同じ「富田工業」の撥水レザーを使用。シューレース部分がゴム仕様になっており、脱ぎ履き容易かつミニマルなデザインを実現している。4万2900円

K-3B別注モバイルテックセットアップ

縦横4WAY ストレッチ生地を使用し、動きやすさと着心地を追求。つや消し加工を施したマットなナイロン素材が落ち着いた雰囲気。ジャケット5万160円、パンツ3万1460円

【DATA】
グレンフィールド 自由が丘店

東京都目黒区自由が丘1-8-2 サウスゲートビル103号
TEL03-6821-3368
営業/12:00~19:00
休み/不定休
https://glenfield.co.jp/

2019年にグレンフィールド初の直営店としてオープン。ブランドの雰囲気にもマッチする大人の街、自由が丘に位置し、駅から徒歩約2分の好立地だ

GLENFIELDフォトコンテストを応募期間2021年7月1日(木)~7月31日(金)の間開催中! WEBをチェックしてみて! https://glenfield.co.jp/pages/photo_contest1

(出典/「2nd 2021年8月号 Vol.173」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア