秋冬トレンド「コーデュロイ」どう着こなす? 参考にしたいコーディネイト5選。

  • 2021.10.26 2019.11.11
  •              

肌寒くなってくると、恋しくなるのがコーデュロイ。パンツ、シャツ、ベストにいたるまで、様々なアイテムで取り入れることができる、秋冬ファッションになくてはならない存在だろう。今季トライしてみたい、おすすめコーデュロイコーデを厳選して紹介します!

1.コーデュロイの上品さを味方に。いつもより、ちょっとルーズに。

パーカ1 万8000 円+税/トゥモローラ ンド トリコ、スニーカー5 万5000 円+ 税/コモン プロジェクト(ともにトゥモ ローランド70120-983-522)、チェッ クパンツ3 万9000 円+税/マッキント ッシュ(マッキントッシュ青山店☎03- 6418-5711)、ベレー帽1 万8000 円+ 税/マニュファクチュール デュ ベレー (グラストンベリー ショールーム☎03- 6231-0213)、ソックス2800 円+税/ ヤエカ(ヤエカ アパートメント ストア ☎03-5708-5586)

珍しいサックスブルーの太畝が印象的な一枚は、毛羽立ちのある生地特有の美しい光沢でカジュアルながらエレガント。スウェットパーカをインナー使いしたルーズなスタイルを崩さず、嫌味のない上品さを醸し出すのは、コーデュロイの魅力そのものだ。トラディショナルな生地だけにチェックパンツとの相性もまた格別。シャツ2万4000円+税/トラディショナル ウェザーウェア(トラディショナルウェザーウェア 青山メンズ店☎03-6418-5712)

2.コーデュロイだから気負いはない、ゴールドのパンツ。

チルデンニット2 万3000 円+税 /トラディショナル ウェザーウ ェア(トラディショナル ウェザー ウェア 青山メンズ店☎ 03-6418- 5712)、ヘンリーネックカットソ ー1 万6000 円+税/ナイジェル ・ケーボン(アウターリミッツ☎ 03-5413-6957)、コーデュロイ キャップ9200 円+税/カムズア ンドゴーズ(アルファ PR☎03- 5413-3546)

コーデュロイアイテムのなかでも、中太畝のタック入りパンツはマストアイテムとして心得たい。ルーズシルエットだが生地の畝が生み出すエレガントな光沢感で決して野暮にはならず、着回しの良さから何かと手に取ってしまう、秋冬のワードローブには欠かせない新定番だ。もちろん今季も数多くのブランドからリリースされたコーデュロイパンツ。なかでも印象的なのは英国で100年以上ワークウエアを作り続けているファクトリーブランド、ヤーモの一本。ベージュともブラウンとも異なる、ゴールドの輝きが他にはない存在感がある。パンツ3万9000円+税/ヤーモ(グラストンベリー ショールーム☎03-6231-0213)

3.原料からこだわったオリジナルのコーデュロイセットアップ。

チェックシャツ4 万9000 円+税 /サイ(マスターピースショール ーム☎03-5414-3531)、シュー ズ7 万1000 円+税/ジョゼフ チ ーニー(ブリティッシュメイド 銀 座店☎03-6263-9955)、メガネ 3 万9000 円+税/ジュリアス・ タート・オプティカル(G.B ガフ ァス☎03-6427-6989)、ベルト 1 万円+税/エムエフ サドリー、 ソックス2700円+税/ヤーモ(と もにグラストンベリー ショール ーム☎03-6231-0213)

アメリカで栽培されたオーガニックスーピマコットンを日本で紡績、国内でも数少ないシャトル織機を使って丁寧に織り上げられたセルビッジ付きのオリジナルコーデュロイは、今季のマーカウェア渾身のファブリック。超長綿を原料とした上品な光沢と、打ち込みの数を微妙に調整することにより生まれるドレープ感で、三つボタン段返りのデイリーな米国スタイルながら優美なセットアップに仕上げられた。合わせられるパンツも裾にかけてテーパードする定番人気の型を踏襲。あえて気をてらわず、クラシックに楽しみたい。ジャケット5万9000円+税、パンツ3万2000円+税/マーカウェア(パーキング☎03-6412-8217)

4.細畝コーデュロイのシャツをシンプル&クリーンに着る。

タートルネックニット2 万4000 円+税/ルトロワ(八木通商☎0 3-6809-2183)、デニムパンツ2 万3000 円+税/ザ ナーディーズ (ビン☎03-6416-0634)

細かい調整を繰り返しながら、さらなる着心地の良さを追求しているヤエカの定番[コンフォートシャツ]にも薄手のコーデュロイ生地がラインナップされている。タックアウトして着ても綺麗なシルエットを崩さないスクエアな裾とフロントのスナップボタン仕様は、薄手ニットの上から軽く羽織れるライトアウターとしても活躍してくれそうだ。太畝のコーデュロイが全盛のなか、クリーンな印象を与えるピンウェールコール(細畝)のアイテムも今年の秋冬は見直したい。シャツ2万3000円+税/ヤエカ(ヤエカ アパートメントストア☎03-5708-5586)

5.2019年のトラッド好きに捧げる“アニー・ホール・ルック”。

B.D. シャツ2 万4000 円+税/イン ディビジュアライズド シャツ(メイ デン・カンパニー☎03-5410-977 7)、タック入りパンツ2 万8000 円 +税/ザ ナーディーズ(ビン☎ 03- 6416-0634)、シューズ1 万4000 円+税/カットワース、ソックス27 00 円+税/ヤーモ(ともにグラス トンベリー ショールーム☎ 03-623 1-0213)、タイ2 万2000 円+税/ ドレイクス(ドレイクス 銀座店☎ 03-6263-9955)

1977年に公開された映画『アニー・ホール』は当時、主演のウディ・アレン以上に男物のアメトラアイテムを纏った女優ダイアン・キートンに皆が目を奪われたという。ベストにタイドアップ、ワイドシルエットのチノーズを合わせ、かつて“アニー・ホール・ルック” と呼ばれたスタイリングは、時を経て2019年のトラッド男子が取り入れるのも悪くない。ナイジェル・ケーボンのコーデュロイベストは1940年代の医療施設で傷病兵に貸与されたものを参考に作られたというヴィンテージ好きにも響くストーリー。シルエットはあくまでルーズに着こなせば、古臭さはまったくない。ベスト3万2000円+税/ナイジェル・ケーボン(アウターリミッツ☎03-5413-6957)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア