いわば、落ちないAirPods、『Powerbeats Pro』を試した

  • 公開日:2022.08.29
  •              

最新ではないが、2019年に発売されたPowerbeats Proを試す機会があったので、試させてもらった。本機は人気のAirPods(第3世代)や、AirPods Proと同じ最新のApple H1チップを積んだ製品。アップルの子会社であるBeatsは、アップル純正品と同じW1やH1チップを使いながらより個性的な音作りが特徴。価格は3万3800円(税込・公式ストア価格)。

激しく走っても、絶対落ちない安心感

Beatsはヒップホップミュージシャンであり、プロデューサーでもあるDr.Dreの作ったヘッドフォンブランド。2014年にアップルに約3000億円で売却された。それ以来アップル純正のAirPodsやAirPods Proに搭載されているW1チップやH1チップを搭載できる唯一の社外ブランドとなった。

Beats Powerbeats ProはH1チップを搭載した完全ワイヤレスイヤフォン。

完全ワイヤレスながらイヤーフックを持ち、激しいアクティビティにも使えるのが特徴。電車に乗る時などに「ホームのすき間に落とさないか?」と心配なAirPodsに比べて、絶大な安心感。それどころか、激しく走ったり、踊ったりしても落とす心配はない。

Beatsの『b』のマークのステッカーも嬉しい。

AirPodsより大きいので、イヤフォン内部のバッテリーが大きいのか、最大9時間の音楽再生が可能(AirPods Proは4.5時間)、ケースと合わせると24時間の再生が可能。また、Fast Fuel機能により、わずか5分の充電で1.5時間の再生が可能となっている。

ただし、イヤーフックがある分、このケースが大きいのが玉に瑕。AirPodsのように、ケースはデニムのポケットに常備……というには少し厳しい。バッグ、せめてポーチにしか入らないサイズ感。

ちなみに、イヤーチップは4種類付属。筆者はデフォルトのサイズが少し痛くて、小さくしたらより痛くなって、一番大きいのがフィットした。不思議。このあたりは、いろいろ試してみることをお勧めする。

AirPodsの上位互換だが、弱点もある

いわば、AirPodsの上位互換という感じの存在。ガッチリホールドが決まって、落ちることはなく、音質も向上している。AirPods Proより、全域で音質は良くなっていて、ちょっと低音が強め……というのがBeatsらしいが、でも低音の強調は不自然なほどではない。

ボーカルもクリアに聞こえるし、Beatsのシリーズの中ではバランスが良いチューニングであるように感じた。

左右独立して使えるのも便利。それぞれに再生/一時停止ボタンと、ボリュームボタンがある。周りの音を聞きながら電話に出たい場合には、片方だけ使うということもできる。IPX4に対応しているので、汗などで多少濡れても大丈夫。

また、ボタンに触らなくてもHey Siriが使えるのもH1チップの恩恵。『探す』機能にも対応しており、iPhoneからこのPowerbeats Proを探したり、見つからない時に音を鳴らしたりもできる。

ただし、空間オーディオは使えない(Apple Musicで使われているドルビーアトモスによる空間オーディオは対応)。

2年落ちな分、探せば値引きされているストアもある。このあたりがアップル純正品と違うところ。手軽に付け外しできるAirPods Pro/AirPodsか、ちょっと付け外しは面倒だが、落ちる心配がないPowerBeats Proかは好みの分かれるところだと思うが、音質も含めてPowerBeats Proも選択肢に入れていいと思う。

(村上タクタ)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。