マニア必携、HHKBの白と墨に無刻印キートップセット登場!

パソコンを使う仕事をしている人の多くが毎日使い続けるキーボード。キー入力の快適さを追求し続けて25年、キーボードマニアなら誰もが知っている王道のHappy Hacking Keyboard(以下HHKB)のJISキーボードで使えるキートップセットに無刻印が登場した。

HHKBのキートップをすっきりさせたい!

「え? キーボードに何も書いてない! こんなの使えるんですか?」と驚かれたいがために使う無刻印キートップ。

「ブラインドタッチをマスターしていれば、キートップの印字なんて不要ですよ!」エキスパートなら、軽やかにそう応えたいものだ。

しかし、従来、無刻印キートップはUS配列モデルにしか用意されていなかった。

エンジニアにはUSキーボードを愛する人が多いが、筆者のように文章を書くためにHHKBを使っている人にはJIS配列を使っている人も多かったはず。「JIS配列だけど、無刻印キートップを使いたい!」という要望が多かったはずだ。

そんな要望に応えて、白と墨の「キートップセット日本語配列無刻印」が5月19日に発売された。価格は7590円(税込・PFUダイレクト価格)。

Happy Hacking Keyboard 日本語配列の無刻印キートップセットを販売開始
https://happyhackingkb.com/jp/news/2022/news20220519_keytop.html

さらに、発売キャンペーンとして、日本語配列のHHKB Professional HYBRID Type-Sと、キートップセット日本語配列 無刻印をセットにして、通常価格4万4440円(税込)のところを4万円(税込)ピタリで、白と墨が200セットずつ販売される。

実際に入れ替えてみよう

さて、「JIS配列だけど、無刻印キートップを使いたい!」筆者としては、さっそく無刻印キートップをセットしてみた。

まず、付属の工具を使って、キートップを抜いていく。

抜き終わった。

次に、無刻印キートップをセットしていく。ちなみに、箱に入った状態からどの列のキーかを混ぜないように配置していく必要がある。

無刻印キーとはいえ、HHKBは列ごとにキートップの高さ、傾きが微妙に違う。そして、無刻印キーだと、一度混じってしまうと、どの列のキーかを見分けるのが難しくなるのだ(裏側のリブの高さなどをよく見ると、違いを見分けることは不可能ではない)。

完成! 無刻印キートップを入れると非常にシンプルで美しい。

ちなみに筆者はこういう記事を書くたびにキートップを入れ替えているので、20分ほどあれば差し替えることができるようになった。さらに熟達すれば10分ほどで差し替えられるのではないかと思う。

それほど、大変な作業ではないのだ。

デスクに置いてみた。キーボードの上に余計な文字の刻印がないと、これほど美しいのか! と驚くほどスッキリしている。これで雑念なく文章を書くことに集中することができる。

筆者は、HHKBエヴァンジェリストに選んでいただいているので、記念にいただいたキーをセットしてみた。うーむ、カッコいい!

さらに、マニアックなオーダーも可能!

しかし、しばらく使ってみると、文章を書いたりするのに不自由はないが、パスコードを入れたりするのに、『e9#[email protected]』とかいう文字列を慎重に入力しようと、キートップを見てしまったら、もういけない。キートップと同じく、頭の中も真っ白になる(笑)

特にアルファベットは問題ないが、記号キーが難しい。そこで、なさけないけど、数字の一部と記号キーだけ元に戻して使っている。

そんな私のために、遊舎工房でキートップをプリントするというサービスを展開している。かな表記のないスッキリしたシンプルなフォントのテンプレートも用意されているし、このテンプレート(AIデータ)をベースにオリジナルデザインのキートップを作ることもできる。

これは魅力的だ。

もちろん、オリジナルデザインのキーボードを作りたいのだが、全文字を適切なサイズで打ち変えるとなると、それなりに手間がかかるし、そもそもどういうデザインにするか……と考えるとなかなか悩ましい。

ともあれ、オリジナルデザインのキートップをオーダーしたら、またレポートしたい。