「公私混同」こそが取材の醍醐味。「KIGO」のHoboクロスボディバッグ

  • 2024.07.11

物欲旺盛なライトニング編集部員たちが、今の気分で選んだ欲しいモノや身銭を切って購入したアイテムをジャンルレスで報告! 今回は「KIGOのウエアラブルアイウエアケースが届いた。気が付けば、だんだん身の回りにブルハイドが増えていってる。このシボに完全に自制心が崩壊した」と語るライトニング編集長であり買い物番長の松島親方がお届け!

KIGOのHoboクロスボディバッグ

KIGOといえばブルハイドだが、この革は新登場のグロッシーブルを使っている。表情の荒々らしさはそのままに、しなやかで独特の光沢感を持つ。とにかくこのブラックには惚れ惚れしてしまうのだ。コンパクトサイズながら身の回りの品を収めるには十分な大きさ。ポケットも多く使い勝手は最高。4万9500円(金魚製鞄 TEL06-7171-8411)

取材ってのは恐ろしい。誌面で紹介する記事を作るのに、現場で取材し、作り手や売り手の声をナマで聞いて、時には記事には書けないようなことも知ってしまったりする。現場で見聞したこと、感じたことを、なるべく同じテンションで伝えるように心がけている。これが取材の基本姿勢。取材時に興奮して、購入を決めてしまうことも少なくない。取材の時は財布の紐がゆるゆる状態になってしまうのだ。

ハッキリ言おう。取材して、購入に至らないってことは、心が掴まれなかった場合が多い。スタジオで商品撮影をしていても、「これは買う」と即決してしまうこともある。

服の場合は、サイズが合わない問題という大きな壁が立ちはだかるのだが、バッグはサイズで躊躇することがない。全開放になっている財布を持っているようなもの。現金がなければ、カードなんて便利な物もあるし、「後で請求書送ります」とか、「代金着払いで送っておきますよ」なんていう悪魔のウイスパーも珍しくない。

このバッグも、初めて大阪のKIGOのアトリエに取材に行った時、3歳児のように我慢が利かなくなった品。シボの荒々しさとは裏腹に、ソフトな仕上がりのレザー。そして、見たことのない光沢感。あ、あ、もうダメ〜って感じ。

開閉はベルトストラップでも可能だが、ブラス製のフックでワンタッチ開閉が可能。身の回りの品を入れるので、容易な開閉は重要
ポケットはフタを開ければ主室の他に3つ。そのひとつはファスナー付き。さらに背面にも収納ポケットが付く。ここの使用頻度は高い
長さ調節が可能なストラップなど付属部分は本体と異なる丘染めしたクラシックブルを使用。同じブルハイドでもコントラストが出る

※情報は取材当時のものです。

(出典/「Lightning 2024年8月号 Vol.364」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部