目を引くヤマハのオールドレーサースタイルは単色でシンプルなコーディネイトが相性抜群。

  • 2024.06.07

ヤマハのNEWモデル「XSR900 GP」は、1980年代のレーシングシーンを彷彿とさせるデザインと最新テクノロジーを融合した、単なるネオクラシックには当てはまらない斬新なモデル。いま、これがさまざまな世代から注目を集めている。さて、これを乗りこなすならどんなウエアが似合う!?

バイクの存在感が際立つ大胆な「1色コーデ」。

いまバイク乗りの間で話題となっている「XSR900GP」をご存じだろうか? このモデルは’80年代に活躍したヤマハのレーシングマシン風デザインをオマージュしているのが特徴だが、50代前後のオジサン世代には懐かしく、2、30代の世代にとっては目新しいと、世界的にも注目を集めているのだ。

これまでファッション要素の強い「ネオクラシック」路線のバイクといえば’60~’70年代をモチーフにすることが多かったが、いよいよ’80年代のデザインがその範ちゅうに入ってきたのかもしれない。確かにいま見るとその雰囲気は無骨でカッコいい。

だが、悩ましいのはそれに合わせるファッション。当時ならレーシーな革ツナギ、またはメーカーのロゴ入りジャケットにレーシングブーツが定番だったが、いまそれを再現するというのもカジュアルに乗りこなしたい人にとってはハードルが高い。そこでバイク乗りに人気の「ロアーズオリジナル」に提案してもらった。
派手な色使いの車体が際立つよう、ウエアはあえて単色で統一。それだけで都会的でスタイリッシュな雰囲気になる。このワザ、ぜひとも参考にしていただきたい。

 

ロアーズオリジナル代表 高橋生児さん 洗練されたデザインと機能性を融合したプロダクツを展開するロアーズオリジナル。その代表兼デザイナーである高橋さんにオススメコーディネイトを披露してもらう

合わせるバイクはYAMAHA XSR900 GP ABS。

並列3気筒エンジンを搭載する「XSR900」の海外向け派生モデルとして昨年秋に発表。これが日本でも話題となったことから日本仕様が用意され、5月から販売が開始された。価格は143万円

オマージュしているのはYZR500。1980年代のGPレースで活躍したマシンと同じ色使いはもちろん、カウルにビスで固定された別体式のナックルバイザーやタンクの造形など、こだわりを追求している。

スタイリッシュに乗りこなしたいならコレに注目!!

PROTECTOR PUNCHING MESH RIDERS JACKET
14万5200円/15万700円(プロテクター付き)

ROARS HAT FOR BIKERS
1万3200円

CONVERSION SHIRTS BROAD
2万900円

TACTICAL PANTS
3万5200円/3万7400円(プロテクター付き)

PECOS TYPE BOOTS
10万1200円

ARAI RAPIDE-NEO ROARS
6万4900円

PUNCHING MESH LEATHER GLOVE
2万6400円

【DATA】
問い合わせ/ヤマハ発動機販売カスタマーコミュニケーションセンター TEL0120-090-819 https://www.yamaha-motor.co.jp/
取材協力/ロアーズオリジナル TEL03-6434-0961 https://www.roars.jp/

(出典/「Lightning 2024年7月号 Vol.363」)

 

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部