価格高騰が止まらないヴィンテージプリントTは、モーターサイクル系が狙い目!

  • 2022.09.07
  •              

モーターサイクルのTシャツは他のジャンル同様、実に様々なプリントが存在する。もちろんヴィンテージの世界も存在し、貴重なアイテムは高値で取引されている。

「FAKE α」マネージャー・澤田一誠さん

原宿の老舗ヴィンテージショップの名物スタッフ。映画『乱暴者』のマニアとしても有名。トライアンフが愛車。

ヴィンテージモーターサイクルTシャツ、どんなものがおすすめ?

バンドやムービー、そしてアニメなど、ヴィンテージプリントTの高騰が止まらないが、意外とプライスが落ち着いていて、今狙い目となっているのが、モーターサイクル関連のTシャツだ。とはいえカレッジTと並ぶ大定番であり、いつプライスが上がっても不思議ではないジャンルだ。名店フェイクαでその傾向を聞いた。

「近年の’90sブームやオーバーサイズシルエットのトレンドもあって、今まではレギュラー扱いだった’90年代のものでも人気が出てきています。日本ではそこまで人気はありませんが、海外ではハーレーの3Dエンブレムと呼ばれるプリントがものすごく高騰していたり、以前とは違う流れがあるのも事実です。でもメインとなるのは’80s以前のプリントがかっこいいヴィンテージTですね。’90年代になるとメーカー側から規制が入り、似たようなデザインが多くなりますが、それ以前はスカルフライトのように過激だったり、アウトローを匂わせるようなディーラーのオリジナルが存在します。今っぽいものもよいですが、大人にはその手のプリントがおすすめです」

定番デザインからジョークテイストまで、FAKE α澤田さんのおすすめを紹介!

今が狙い目のモーターサイクルヴィンテージTシャツだが、あらゆるテイストがあって迷ってしまいがち。そこで原宿のヴィンテージショップ、FAKE αでマネージャーの澤田さんにおすすめ10点を厳選して紹介してもらった。

1.ハーレーダビッドソンのスカルウィングTシャツ

ハーレーのスカルウィングにヌードプリントという組み合わせは、不動の人気を誇る。’80sボディ。6万5780円

2.テキサスのショップのスカルウィングTシャツ

スカルウィングを使ったTシャツは、テキサスのカスタムショップのもの。スカルは1番で紹介したものと同じデザイン。4万3780円

3.トライアンフのディーラーのオリジナルTシャツ

サンディエゴにあったトライアンフのディーラーのオリジナル。’60sのポケットTでBVD製である。4万3780円

4.ハーレーダビッドソンのプリントTシャツ

日本のバイクメーカーを握りつぶした風刺画のようなプリントは有名なデザインである。状態も良好。4万3780円

5.インディアンのバイクイベントTシャツ

インディアンのバイクイベント時のT シャツ。ステッドマンの’80s ボディ。1万7380円

6.ハーレーダビットソンのディーラーT

定番のイーグルとバー&シールド。ハーレーのディーラーT。’90sヘインズ。1万4080円

7.ニュージャージー州のディーラーのポケットTシャツ

珍しいカラーリングのポケットTはニュージャージー州のディーラーのもの。1万4080円

8.イージーライダースマガジンのオリジナルTシャツ

イージーライダースマガジンのオリジナルTは’70s。サイケなスカルだ。1万7380円

9.ウエストコーストチョッパーズのロングTシャツ

’90sブームもあり、リバイバルの予感がするウエストコーストチョッパーズのロングTシャツ。1万7380円

10.ホンダのディーラーTシャツ

テキサスにあったホンダのディーラーTは’80s。ヘインズ製でコットン100%。8580円

【DATA】
FAKE α
東京都渋谷区神宮前1-8-21 ラ・レンヌ2F
TEL03-3404-0168
営業/11:00 ~ 20:00
休み/無休

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning2022年8月号 Vol.340」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア