岸田首相の乗る、日本版「The beast」。ダイキャストカーで登場!

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介!

今回は「ダイキャストカーの定番スケールは1/48で、近年盛り上がっているのは1/64スケール。だけど今回の1/18スケールを見ると、ビッグスケールもいいよなぁ」と語る、元ラジコン専門誌編集者であり、旧車、フィギュアまで多趣味なイスカンダル功がお届け!

RAI’Sの1/18 トヨタ センチュリー(UWG60)2020 日本国内閣総理大臣専用車

記憶にも新しいバイデン首相の初来日。大統領専用機「エアフォース・ワン」で米軍横田基地に到着したのは5月22日の夕方。校了日だったので、世界の航空機の航路がリアルタイムで確認できるアプリを使い、編集部ではどれがエアフォース・ワンなのかを予想していた。その時話題になったのがアメリカの大統領専用車両「ザ・ビースト」を運んでくるのかどうかということ。結果はザ・ビーストも日本に上陸。

厚さ13㎝の窓は44マグナムの銃弾すら受け止めるとか、地雷を踏んでも車両底部の装甲板で防ぐことができるとか、驚異的な仕様をもつザ・ビースト。そこで思ったのが、我らが日本のトップ、キッシーこと岸田首相が乗るのはどんなクルマなのだろう? 調べてみるとトヨタのセンチュリーとレクサスLS600hlの2台が運用されており、テロ対策の観点から詳細は明らかにされていない模様。

そんな謎多きクルマがダイキャストカー化されていた! ミニカー専門店のヒコセブンのオリジナルブランド「RAI’S」の製品でスケールは1/18。窓の防弾処理やリアシート周りのカーテン、そして運転席のインパネ周りなどまで細かくモデル化されている。もしかしたら公になっていない重要機密も再現されているかも!?

ミニカー専門店「ヒコセブン」のオリジナルブランドが「RAI’S」。警察車両をメインとするシリーズで、各県や車両ごとに異なる県警文字の書体から、コールサイン、ナビ画面や無線機といった装備の細部に至るまでを再現する。実車に存在しない車両はモデル化せず、また完全限定生産となる。「1/18 トヨタ センチュリー(UWG60) 2020 日本国内閣総理大臣専用車」は500台限定で価格2万8600円。2022年7月~ 8月発売予定
総理大臣専用車の専用装備であるフロントグリルの中に配置される青色灯が再現されているのがわかる。グリルの細かいデザインも美しい
インテリアにも注目。メーター周りやハンドル部分のスイッチ類など、 1/18スケールという大きさだからこそ実現した細部までのこだわり
カーテンの皺などのディティール表現も見事。ホイールのデザインやフェンダーの膨らみ、ドアノブなど非常にリアル
実車の車体色である「神威エ ターナルブラック」のように、 映り込みが美しく見える塗装を施す。助手席側の補助ミラーも再現されている

【問い合わせ】
モデルギャラリーHIKO7
https://www.hiko7.co.jp

(出典/「Lightning2022年8月号 Vol.340」)