【1987 シボレー C-10】ピンストライパーKENさんが長年愛するピックアップトラック。

編集部イチのアメリカ車好きであり、自身も数々の旧車を乗り継いできた編集部の最古参・ラーメン小池。最近ではLightning、2nd、CLUTCH magazineの公式YouTubeチャンネル「CLUTCHMAN TV」でも“ライトニングガレージ”という、アメリカ車好き全開の動画連載を開始した。その取材で出会った貴重なアメリカ車を紹介! 今回は、ピンストライパーのケンザフラットトップさんの愛車「1987年式シボレーC10ピックアップ」をお届けしよう。

Lightningが主催している「稲妻フェスティバル」でもお馴染みのケンさんにご紹介いただいた

アメリカでは一般人もピックアップトラックを所有するのだ。

フリーハンドで看板やクルマなどにレタリングやピンストライプを描いているピンストライパーのケンザフラットトップさんの愛車は、仕事もプライベートもいっしょだという1987年式シボレーC10ピックアップ。

C-10といえばシボレーを代表するフルサイズ・ピックアップトラックで、3100→C10→C1500→シルバラードと継承される定番モデル。

トラックが定番と聞くと「えっ!?」と思う人もいるかもしれないけれど、アメリカではピックアップトラックは一般人も普通に所有している車種。ベッドに趣味のバイクを乗せたり、家具やDIYの建材を買いに行くために使われたりしている。

一人一台が当たり前のアメリカでは自分の趣味やライフスタイルに合わせて数台クルマを所有するなんて珍しくない。アクティブな趣味を持っている人は必ず1台は所有していて、大人数が一台のクルマに乗ることすらほとんどない。そんな需要の高さから、古くからアメリカの3大メーカーもピックアップトラックを欠かしたことはないのだ。

そんななかでももっともメジャーなフルサイズトラックをまるでアメリカ人のように乗っているケンさん。荷台は自身の仕事道具が入るようにハードケースなどを設置したり、鉄製の角パイプで作ったフレームをベッドの上に搭載したり、ライフスタイルに合わせたカスタムをしている。

もともと若い頃からピックアップトラックばかりを乗り継いできて、いつかはアメリカのV8エンジンを搭載するモデルに乗りたかったという思いが実現したのがこのモデルとのだったという。

1987年モデルはこのデザインの最終型で、次年度からはフルモデルチェンジされて車名もC-1500となるので、C-10の最終モデルがこれ。昔ながらのデザインを受け継ぎながらも装備や機構に現代車両の技術が入り込み始めているのが魅力。最近ではOBS(オールド・ボディスタイル)とアメリカでは呼ばれるようになったカテゴリーで、じわじわと注目度が上がっているモデルなのである。

フルサイズといってもベッドやホイールベースが一番短いモデルなので、日本で所有していても、よほど狭い路地や駐車場に侵入しなければ、大きさで困ることはない。トラック愛好家がたどり着いたV8エンジン(5700cc)のアメリカン。その力強いエンジン音は、いつまでも聞いていて飽きないサウンドと、国産車や欧州車では味わうことができないトルクやパワーをかけがえのない経験として楽しんでいる。

▼細かなディテールや魅力についてはこちらの動画でチェック!