あなたは覚えているだろうか? 昭和のカプセルトイの代表格「力士&プロレスラー消しゴム」。

  • 公開日:2022.07.28
  •              

20円という安価ながら、ハイクオリティ! 日本の技術力の高さと真面目さがこの小さな消しゴムに詰まっている。世界に誇るカプセルトイの源流がこれだ!

1.体形から表情まで見事に再現!力士消しゴム

昭和の時代、大相撲は野球に続く娯楽スポーツだった。。見ただけでどの力士なのかがわかるくらいの再現度は、日本の玩具文化を象徴する“作品”と言ってもいいだろう。

あの若貴兄弟のお父さん。貴乃花

若貴兄弟の父。“角界のプリンス” と呼ばれた当時の甘いマスクと引き締まった体型が見事に再現されている。

ふとんのCM で大人気に!! 高見山

1968年、大相撲史上初の外国人幕内力士となり活躍した。トレードマークのもみあげも丁寧に造形され、本物そっくり!

黄金の左で頂点に! 輪島

学生横綱から鳴り物入りで大相撲に参入し、得意の左下手投げで第54代横綱に。筋肉質の体がかっこいい!

出世が早過ぎてマゲが結えず……。朝潮

アマチュア相撲から大相撲入りしたが、出世が早過ぎてマゲが結えない時期の朝潮を消しゴム化した貴重な一品だ。

2.世間を夢中にさせたスーパーヒーロー。プロレスラー消しゴム

1980年、タイガーマスクの登場とともに大ブームとなったプロレス。毎週20%を超える視聴率を叩き出したヒーローたちが、こんなにも可愛らしい消しゴムとなってカプセルトイに!

鋭い眼光は消しゴムでも健在。アントニオ猪木

モハメド・アリをはじめ強豪格闘家と激闘を繰り広げた全盛期の猪木の体型、眼光ばかりか魂まで再現したような逸品だ。

畳のような胸板も顔も本人そっくり。ジャイアント馬場

209cm の巨体がわずか3cm程に縮小&ディフォルメされているにも関わらず、“東洋の巨人” の迫力は失われていない。

アニメを超えたスーパーヒーロー。タイガーマスク

’80年代プロレスブームの立役者。アニメをも凌駕する空中殺法で少年を虜にした。マスクの再現度の高さに驚かされる。

世界の大巨人がわずか3cmに! ! アンドレ・ザ・ジャイアント

“人間山脈” と謳われた223cmの巨体がわずか3cmに。遊ぶ際に、大巨人のモンスター感が出ないのが残念なところ……

リアル過ぎる造形浮沈艦そのまま! スタン・ハンセン

猪木、馬場と激闘を繰り広げた最強外国人レスラー。ひと目でハンセンとわかるリアルさは造形師の気合が感じられる。

マスクの詳細まで忠実に再現! ミル・マスカラス

空中殺法で日本人以上の人気を誇ったメキシコのヒーロー。トレードマークであるマスクの模様も見事に再現されている。

(出典/「Lightning2022年6月号 Vol.338」)