【村山じゅんのDIY塾】レジンを使ってキラキラ光るオーナメントを作ってみよう!

  • 公開日:2022.07.27
  •              

大好評DIY企画。木工アーティストの村山じゅんさんが、DIY初心者の編集・めぐミルクをDIYの達人に育てるべく塾を開校。部屋の空間を彩る様々なアイテム作りに挑戦する。

【教えてくれるのは…】木工アーティスト・村山じゅんさん
プロならではのテクニックやアイデアを編集・めぐミルクに伝授する。http://jmsurf.com

レジンを流し込んだ文字が光に当てるとキラキラ光る、ワザありオーナメント。

ポイントはここ!

①彫った文字の部分にレジンを流し込むことで、光に当てたときに文字の部分がキラキラと輝く。

②稲妻マークは直線が多いので、糸鋸でカットしやすい。

③好みでペイントしたりワックスを塗ったりなどアレンジも面白い。

④穴を開けて革紐を通すとより雰囲気がアップ!

作りたいオーナメントの下書きを作る。これに沿って文字を彫りカットしていく。文字は大きめにするのがポイント

準備するものを紹介!

板とレジン

ベースになるのは5㎜厚の板。中央の「LNG」の文字部分にはUV対応のレジンを流し込む。色はブルーを使用。

スプレー糊と紫外線ライト

スプレー糊は稲妻の下書きシートを貼るために使用。レジンを乾かすのに便利な紫外線ライト。短時間で乾かしたいときにおすすめ。

電動糸鋸とトリマー

稲妻型にカットするときに使用するのが電動糸鋸。中央の文字を彫るときにはトリマーにストレートビットを装着して「LNG」の文字を彫る。

早速やってみよう。

1.木材をカットする。

あらかじめ用意しておいた、稲妻型に「LNG」の文字を入れた下書きシートにスプレー糊を付けて、ベースになる板に貼り付ける。

まず中央のそれぞれの文字にトリマーのビットを入れるための穴をドリルで開ける。小さな文字ほどはみ出しがちなので慎重に!

穴にトリマーのビットを差し込み、下書きの文字に沿って動かす。「G」の上部の部分は、線がつながらないようにするのがコツ。

なんとか文字が彫れた! バリが出るので、紙ヤスリを使って表面からサンディングする。文字の内側は慎重に磨くようにしよう。

2.レジンを流し込む。

写真のように板の裏側にクリアシートを貼り付けて、レジンが流れ出ないようにする。

レジンを作る。まずカップにUV用のレジンを適量入れる。これはクリアタイプのもの。そこにカラーレジンを少量加え色を付けよくかき混ぜる。

細筆を使って少しずつレジンを文字の中に入れていく。だいたい板の厚みのの3/4くらいの量を入れるのがちょうどいい。

そのまま自然乾燥でもよいが、時間がかかるのでネイルを乾かすのにも使われる紫外線ライトを使用。これで10分くらい放置する。

乾いたら板を取り出す。裏面にはレジンが少し流れ出てしまっているが、紙ヤスリで磨けばきれいに消えるのでご安心を。

3.稲妻型にカットする。

下書きシートを再び板に貼り、糸鋸で稲妻型にカットしていく。一気にカットするのが難しい場合はラインごとに針を入れていこう。

カットしたらサンディングをする。表面は電動サンダーで、角などの細かい部分は紙ヤスリを使って丁寧に磨いていく。

4.仕上げ!

仕上げはお好みで! 今回はワトコオイルを使ったがワックスでも塗料でも何でもOK。最後、頭部に穴を開けてレザー紐を付けてみた。

今回のように革紐をつけてキーホルダーなどにアレンジしたり、インテリアとして飾ったりできる木製オーナメント。他のDIYにも応用が利きそうなので、レジンの使い方は覚えておいて損はない。

(出典/「Lightning2022年6月号 Vol.338」)