アメリカンスタイルもいろいろあるゼ!ライフスタイルに合わせたデイリーチャリ選び。 

  • 2022.06.29
  •              

アメリカ車やアメリカンバイクは存分に乗り回してるけど、自転車はシティサイクルなんだよなという人、案外多いのでは⁉ そこで、自転車も同じようにアメリカンを楽しもうよ! と、ウエストコーストバイシクルカルチャーを日本に浸透させているSLOW CYCLE をご紹介。

「SLOW CYCLE」オーナー・高岡正光さん

アメリカンバイシクルカルチャーに精通したプロフェッショナル。誰にでもできる自転車カスタムの楽しさと、それに伴うクルージングライフスタイルも同時に提案している。

クルーザーカルチャーを伝承する草分けショップ。

幼いころからアメリカンカルチャーに影響を受け、2009年にビーチクルーザーをメインにしたショップ、スローサイクルをオープンさせた高岡さん。

「当初はアパレルも展開していたのですが、エレクトラに惚れ込んでしまって以降、カスタムクルーザーの本場、カリフォルニアに何度も足を運ぶようになりました。バイククラブカルチャーに感銘を受け、今や私のライフワーク、ライフスタイルとなっています。今はそれを日本に伝えるためのショップになっています」

入り口のレトロな自転車は、ドイツのカスタムクルーザートップブランド、RUFF CYCLES製。背面のミッドセンチュリー期のネオンサインを思い起こさせる飾りも雰囲気抜群

ではユーザーには実際にどんな提案しているのだろう。

「サーフ、スケート、アメカジなどのカリフォルニアカルチャーにビーチクルーザーを取り入れたライフスタイルですね。本来なら自転車もアメリカ車やモーターサイクルカルチャーの枠にハマっているはずが、ここ日本では少し距離があるように感じています。アメリカではクルマやモーターサイクル同様にカスタムショーが行われていますし、モータークラブと同様にバイシクルクラブも無数にあります。それらが定期的に集まってカスタムクルーザーでクルージングを楽しむ。自分はそれらを日本に伝えたいんですよ」

The OTHERS Bike Clubと自身の所属するクラブロゴに沿うように、様々なカスタムパーツを陳列。カスタムとクルージングによって実現できるライフスタイルを提案している
カリフォルニア州サンノゼに本部を構えるバイシクルクラブ、OTHERSのジャケット。高岡さんは東京支部長を務めており、これらを着用しながらクルージングを楽しんでいる

e-BIKE(電動アシスト) のファットバイク! BRONXのBuggy 20 e-Bikes

ファットバイクといえばブロンクスというほど突出した人気を誇るブランド。そんな草分けが研究を重ねた末、ついにeバイクをリリース。アシストの強さも5段階と秀逸で、道路交通法に基づいた型式認証も取得。日本で走れる電動自転車としてきっちり打ち出した一台だ。19万5800円

クッション性に優れたBRONXのロゴ入りシート。こちらはカスタムで手軽に変更が可能
シティーサイクルのeバイクはクランクモーターが主流なのに対し、ファットバイクはハブモーターが主となっている。これによってアシストの出方に変化が生まれる
正面にはブランドロゴが入るが、ライトの後付けも可能となっている

カスタムパーツも豊富に用意!

SLOW CYCLEの強みは、他店にはない海外取引とフレームビルダーとの繋がりにある。アメリカ、ドイツ、ポーランド、イタリア、フランスにあるブランドと交流があり、レアパーツも盛りだくさん。さらにフレームオーダーも可能で、自分だけの1台を作ることができるのも嬉しい。

元々のBRONXロゴだけでも存在感十分だが、ボリューム感あるシルエットのファットバイクには、それに負けないビッグなヘッドライトがよく似合う
重厚感あるパーツが多いファットバイクは、シートをロングにするというカスタムで、全体のバランス感がグッと増す
ロングシート&ヘッドライトカスタム!

VEE Tire 製20 × 4.0 インチの極太タイヤ! “BRONX”20インチ×4.0シングルギア/コースターブレーキFAT BIKE

ハンティントンビーチにルーツを持つブランドで、現在は日本のRAINBOW CRUISERSがハンドリングしているBRONX。これは4インチの極太かつ重いタイヤゆえ、頑丈なBMXベースのフレームを採用。段差やちょっとした溝もお構いなしでガンガン遊べる一台。4万6200円

フレームカラーに合わせたブラックでマットなリムも、極太タイヤに合わせた3インチのスーパーワイドタイプ。ブレーキはフロントにディスクブレーキを採用
前タイヤもご覧のようにファットで頑強な作り。シングルスピードのBMXであれば誰でも楽しく遊べる。ガンガン走って、ガシガシ下って、ヘビーに乗り倒そう!
ヘビーなファットバイクをガッシリ支えてくれるのは、BMXベースならではの頑丈さを兼ね備えたこのフレームあってこそ。カスタムで自分だけの一台を作るのも◎

人間工学に基づいたジオメトリーでリラックスライド! ELECTRA CRUISER 1

カリフォルニアのサンディエゴで産声をあげたElectra。今でこそシティサイクルもリリースするが、ルーツはビーチクルーザーにある。人間工学に基づいて乗りやすさや力伝道を追求して開発した、フラットフットテクノロジーと呼ばれる特許は抜群の乗り心地だ。3万4100円

全体にゆとりをもたせたフレームジオメトリーのElectraは、ハンドルもゆったりとした形状を採用
サドル後方にはブランドロゴがシンプルにあしらわれている
ペダル位置を前に動かし、シートアングルを寝かせることで、乗りやすい姿勢と力伝道の双方を実現したフラットフットテクノロジー。US特許で唯一エレクトラだけが採用可能

【DATA】
SLOW CYCLE
東京都墨田区業平1-12-2
TEL 03-6456-1600
http://www.lsp-ltd.jp

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning2022年5月号 Vol.337」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア