ついに出会えた! 旨すぎウイスキー「オールドオーバーホルト」

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介!

今回は「家飲みを封印したため、酒量も減って毎日が健康そのもの。お酒って遠ざかると、まったく飲まなくなるもんだなと。私の肝臓のバロメーター的には、週一くらいでちょうどいいのかも」と、いい年になってやっと適正酒量に気づいた本誌酒担当兼TOY担当のイスカンダル功がお届け!

オールドオーバーホルト

これからの季節に飲みたいお酒といえば、シュワシュワの炭酸が喉に気持ちいハイボール。とはいえハイボールに適したウイスキーとそうでないものがある。やはり定番はサントリーの角。ただ角だと味がシンプルすぎて物足りない。

そこで最近お気に入りだったのがアイリッシュウイスキーのジェムソン。個人的な味覚の話になるが、スコッチやアイリッシュのウイスキーは味に個性がありすぎて、あまりハイボールには適さないような気がしていたが、ジェムソンは違った。実際公式でもジェムソン・ソーダとしてソーダ割の飲み方がお勧めされているくらい、ハイボールに合う味だった。

ところがである。さらに“ハイボール映え”するウイスキーに出会ってしまった。それがアメリカンウイスキーのオールドオーバーホルトだ。ストレート・ライ・ウイスキーで、通常はライ麦使用規定51%のところ、59%を使用しているのが特徴なんだとか。

ラベルの雰囲気からストレートやロックで飲みたくなるが、個人的にはハイボールにするのが絶品! というか、ハイボールにしたほうが味が引き立つといったほうが正解か。正直、ロックで飲んでもピンとこない。というわけで、これからの季節、ハイボール用のウイスキーを探している人は、こちらのオーバーホルトを試してみてほしい。度数43% 750ml

これを教えてくれたのは先月号のお酒特集に登場したレコードバーテンダーの藤田祐介さん。先月号のページの都合上、掲載することができなかったが、改めてハイボールにして飲んでみたらあまりの旨さに衝撃を受けてしまった。マイ・ハイボールの定番はしばらくこれに決まり!

ハイボールにする時に使う炭酸水だ が、やはりウィルキンソンで間違いない。注いでいる時の炭酸が弾ける音はもはや癒し。旨そうでしょ?
伝統を感じさせるデザインのラベルには1810年からと書いて
ある。ちなみにテネシーウイスキーのジャックダニエルが販売を開始したのが1866年だから少し先輩なのだ
もう一本お勧めがコチラ。先月号の第二特集「お酒」で紹介した「ディプロマティコ レセルバエスクルーシヴァ」という舌を噛みそうな名前のダークラム。冷やしたロックでどうぞ

(出典/「Lightning 2022年5月号 Vol.337」)