どこでも遊べる! 本格ビッグタイヤRC、CENレーシングとは?

  • 2022.04.13
  •              

これからの季節、外アソビの定番のひとつがRC カー。本誌的には子供向けのトイラジよりもホビーRC を推したい。でも、ハイエンドのものよりは、気軽に楽しめるものがいい。そんな贅沢な要望に応えてくれるRCカーを見つけました!

編集・ADちゃん

ライトニングのホビー番長。RCも大好物のひとつで、どちらかというとオンロードよりもオフロード派。ヨコモ製の最新バギーに興味津々。

走る場所を選ばないので、キャンプのお供にも最適。

グラベルならアクセルをガバ開けして豪快に走りたい! 砂利を後ろに飛ばしながら走らせたら日ごろのストレスもスッキリ解消

アウトドアやキャンプがちょっとしたブームとなっている昨今。そんな外遊びのお供としてオススメなのがオフロード走行が可能なRCカー。ここで紹介するCENレーシングのマシンは、走らせる場所を選ばず(ただし水のある場所はNG)、芝生から砂利道まで、どこでも遊べる本格的なビッグタイヤのRCカーだ。

送信機も同梱された組み立て済み完成品のRTR(レディ・トゥ・ラン)でリリースされ、別途必要なのは走行用バッテリー(T型プラグストレートパックタイプ)と送信機用単3電池(4本)のみ。なおバッテリーと充電器は輸入代理店をつとめるRCメーカー・ヨコモのオンラインストアでも購入することができる。

駐車場などのアスファルトなら、コーナリングをした時のロールしている姿に注目。ボディがグッと片側に沈み込む姿勢が実車っぽい

メカニズムは実車さながらの機構を搭載。衝撃吸収力に優れたビッグボアショックや4リンクサスペンション、そして遊星ギヤを採用。2WDなのでガツンとアクセルを入れればウィリー走行も可能だ。またホビーRCなので、パーツを破損した場合はスペアパーツを購入して自分で修理もできる。カスタムをしたり、サーボやモーターをパワーアップしてチューニングを楽しむのも一興だ。

土埃を上げならコーナーを走り抜ける姿はとにかくカッコいい! 高いサスペンション性能のおかげで、安定した走行が可能だ
軽々とウィリー走行もできちゃう。オンロードカーなら走行すらできない芝生路面だが、モンスタートラックなら水を得た魚のように疾走!

ヨコモといえば本格的な競技用RC カー! 最新のオフロードバギーをピックアップ。

1.1/12 2WD RTR モンスタートラック|スズキジムニー( イエロー)

新型ジムニーのボディを装着。実車のキネティックイエローを再現したカラーリングがよく似合う。組み立て済みで、ボディは塗装済みのものが付属。3万8500円

大径タイヤに4本のビッグボアショックを備えた本格的な足周り。このショックはオイル封入式となり、路面のデコボコをしなやかに吸収してくれる
ホーシングのカバーを開けると遊星歯車(プラネタリーギヤ)を搭載! ホビーラジコンの魅力は、このような実車と同様の機構を採用していること

2.1/12 2WD RTR モンスタートラック|フィアット アバルト595

ホットハッチのアバルト595。ビッグタイヤにコンパクトなボディの組み合わせがたまらなくキュート。これでオフロードを走ったら、かなりインパクト大! 3万2780円

3.1/12 2WD RTR モンスタートラック|スズキジムニー( ブルー)

上で紹介したイエローのジムニーとの色違い。実車のブリスクブルーメタリックを彷彿とさせるメタリックカラーを採用。晴れた青空によく似合う。3万8500円

4.1/10 4WD RTR モンスタートラック|HL-150

4WDを採用し、前後計8本のショックを装備した足周りなど、まさにモンスターと呼ぶべきパワフルな走りが可能。サイズは全長405mm、全幅310mm。価格4万5100円

5.2WD オフロードカー YZ-2 DTM3(ライアン メイフィールド仕様)

サーキット専用の競技用のオフロードバギー。ベースは2017年のIFMAR世界選手権優勝マシンで、そこからさらに進化させた2WDバギー。5万1480円

6.2WD レーシングトラック YZ-2T

海外で人気のレーシングトラック。上のYZ-2をワイドトレッド&ロングホイールベースにして走破性を向上させている。独特なボディもカッコいい。4万9390円

発売間近の最新機種を体験!

ヨコモは本格オフロードバギーの入門車種を現在開発中。そのテストマシンを何と走行させてもらえることに。こちらは近日発売予定で、組み立て済み完成品のRTRでリリース予定。(取材時現在)

今回はつくばRCパークのオフロードコースでADちゃんが挑戦! 初心者にもかからず、気持ちよくジャンプもできる性能には、スタッフ一同驚きました。

送信機やメカ付も付属した形でリリース予定。組み立て済みなので、気軽に競技用バギーを始めることができる。

バシュッと気持ちよくジャンプが決まる。製品の組み立てはヨコモのファクトリーが行い、最初からしっかりとセッティングもされているので操作時のストレスは皆無。思い描いたラインを走ることが可能だ。

【問い合わせ】
ヨコモ
TEL029-896-3888

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Ligthning2021年9月号 Vol.329」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア