流行りのアメリカン・クラフトビールおすすめ20選。

ビール市場で流行中なのがクラフトビール。まるで果実のような芳醇なホップの風味は、世代・性別を問わずに支持者が多い。特にクラフトビールの本場であるアメリカの銘柄はとりわけ人気が高い。そんなわけで、アメリカンカルチャーを愛し、ビールを愛する雑誌「Lightning」が今楽しみたいアメリカン・クラフトビールのイチオシを紹介しよう!

1.Disco Ninja/REVISION BREWING

カリフォルニアとの州境に近い町ネバダ州スパークスにて創業したリビジョン ブリューイング。数々の名だたる権威ある賞を獲得する大注目の醸造所だ。“ディスコ ニンジャ”は潤沢に使用したホップの柑橘系の香りと、しっかりとした苦みが調和し、後味スッキリ。

2.Incredible Pedal/DENVER BEER Co.

「Beer is serious fun(ビールはマジで楽しい)」という信念に基づき、コロラド州に設立されたデンバー ビール。“インクレディブルペダル” は強烈なフローラルとシトラス、トロピカルフルーツの香りが広がるアメリカンIPA。ほんのり甘みのあるミディアムボディ。

3.Double Time Cherry Lime/ROGUE ALES

1988 年にオレゴン州アッシュランドに設立されたローグエールズ。同社が展開する“ダブルタイムチェリーライム” は。サワーをベースに、ホップの苦みとチェリーの甘み、ライムのシトラス感が完璧なバランスで調和。ライトボディな飲み味が魅力のビールだ。

4.Windows Up/ALPINE BEER COMPANY

1999 年にカリフォルニア州アルパインに設立されたアルパインビール。さまざまなクラフトビールを製造しており、その多くはホップの香りが強い。“ウィンドウズ アップ” はモザイクホップとシトラスホップを使用したアルパイン自慢のIPA。

5.Old Rasputin/NORTH COAST BREWING

カリフォルニア州フォートブラッグにあるノースコーストブリューイング。ユニークな名の“オールドラスプーチン” は、どっしりとしたボディ、甘みと苦みを感じさせるアロマ、チョコレートのような濃厚で深みのある複雑な味わいの、ロシアンインペリアルスタウト。

6.Big Swell/MAUI BREWING

ビール製造工程のすべてをハワイ・マウイ島で行う本物のハワイアンクラフトブリュワリーであるマウイ ブリューイング。アロハの精神がこもった手作りのエールとラガーが有名。中でも“ビッグ スウェル” はトロピカルフルーツのような風味と爽やかな苦味で人気だ。

7.Sierra Nevada Pale Ale/SIERRA NEVADA

シエラネバダはアメリカのクラフトブリュワリーの筆頭ともいうべき醸造所。その看板商品のクラフトビールが“シエラネバダ ペール エール”。1980年より醸造されている全米No.1の伝説的なペールエールで、このビールの誕生によりクラフトビールに革命が起きた。

8.Flavorwave/INDEED BREWING

ミネソタ州発のクラフトブリュワリーであるインディード。既存のビアスタイルの何かアイデアを加えたユニークなビールが得意。“フレーバーウェーブ” はしっかりとしたホップの苦みを出しつつも、ジューシーでフルーティなアロマの香りが押し寄せるようなIPA。

9.West Coast Haze/FIFTY FIFTY BREWING Co.

カリフォルニア北部にある雄大な自然に囲まれた町、トラッキーにて2007 年に設立。山脈の麓の清流から作るビールはどれも一級品。“ウエスト コースト ヘイズ” は、カリプソ、アザッカ、モザイク、アマリロ、エルドラドの5 種類のホップを使用したヘイジーIPA。

10.Fancy Papers/CIGAR CITY BREWING

 

フロリダ州タンパにて2007 年に設立されたシガーシティ ブリューイング。手掛ける“ファンシーペーパー” は、ストラタやサブロ、アイダホ7 といった新種のホップを使い、ダブルドライホッピングで作られた、その名の通り濁った(ヘイジー)見た目のIPA。

11.Stone Scorpion Bowl IPA/STONE BREWING

1996 年にカリフォルニア州サンディエゴで創業したストーンブリューイング。フルーツジュースを使うカクテルに由来した名前の“ストーン スコーピオン ボウルIPA” は、瑞々しいトロピカルフルーツ、柑橘、松のような味わいで、程よい苦味で非常に芳潤だ。

12.Mirror Pond/DESCHUTES BREWERY

オレゴン州ベンドにて1988 年に創業した老舗ブリュワリー併設のレストランであるデシューツ ブリュワリー。オレゴン州にある美しい池の名前が付けられた“ミラーポンド”は、花や柑橘系のホップの香りと、滑らかなモルトバランス。思わずリピートしたい味わいだ。

13.Lot No.3/EVOLUTION BREWING Co.

食事との完璧なペアリングのビール醸造を目指して創業したエボリューション クラフトブリューイング カンパニー。“ロット ナンバースリー” は醸造所のフラッグシップビール。ホップをふんだんに使用したアメリカンスタイルIPA で、ドリンカビリティの高い逸品。

14.Escape/OFFSHOOT BEER Co.

オフシュート ビア カンパニーは、ブリュワリーから事前に登録を行った顧客にのみ直接配送するという、限られたビールファンにしか手にできない貴重なラインナップが特徴。“エスケープ” は一口飲めばすぐに常夏の楽園へと逃避できるウエストコーストIPA だ。

15.Weekend Vibes/CORONADO BREWING COMPANY

1996 年にカリフォルニア州のリゾート地「コロラド島」で創業。“ウィークエンドバイブス”は、これぞサンディエゴスタイルといえるすべての要素が詰まったIPA。爽やかなトロピカルフルーツとともに広がるビターでドライな味は、最高の週末を迎えるにふさわしい。

16.Sky Kraken/FREMONT BREWING

ワシントン州シアトルの一地区であるフリーモントの名を冠したブリュワリー。“スカイクラーケン” は熟したメロン、ジューシーな柑橘類、パイナップルとコショウの風味は、フルーティさとスパイシーとの対のテイストが味わえる無濾過の自然なビールである。

17.2×4/MELVIN BREWING

ワイオミング州ジャクソンにて創業のメルビンブリューイング。数々の金賞を受賞する“ツーバイフォー” は、アメリカンIPA に比べて色合いが濃く、苦味もかなり強めなインペリアルIPA。

18.Make America Juicy Again/HERETIC BREWING

北カリフォルニア・フェアフィールドを拠点とする醸造所のヘレティック・ブルーイング。自分たちにしか造れないおもしろいクラフトビールを作っている。“メイク アメリカ ジューシー アゲイン” は、ヘレティック初のヘイジーなニューイングランドスタイルのIPA だ。

19.Peanut Butter Milk Stout/BELCHING BEAVER

品質にこだわった最高に美味しいビールを提供する、カリフォルニア州発のブリュワリーがベルチング ビーバー。同醸造所の名が世に知れ渡るきっかけとなった“ピーナッツバターミルクスタウト” は、その名の通りピーナッツバターを使った甘味のあるスタウト。

20.Relay IPA/THORN BREWING Co.

カリフォルニア州サンディエゴにある、クラフトビールファンに人気の地区ノースパークにて2012 年に創業。新鮮で不純物のない原料のみを使い、人工的な添加物は一切使用しない。この“リレーIPA” はトロピカル&ホッピーなサンディエゴスタイルIPA だ。

アメリカはもとより国境を越えて世界中で愛飲されており、クラフトビールの中心的存在として注目を集めているアメリカのクラフトビール、いろいろ試してお気に入りを見つけてみては。

【問い合わせ】
Brewers Association
http://uscraftbeer.jp

(出典/「Ligthning2021年9月号 Vol.329」)