V8スーパーチャージャーを搭載したドラッグカスタムのフェアレディZは刺激的!

  • 2022.01.02
  •              

リベット留めしたオーバーフェンダーに、排気量をアップしたL型エンジンチューンが日本のZカスタムの定番スタイル。だがV8大好きなアメリカ人は、フェアレディZにも躊躇なくV8エンジンにスワップ。アメリカ人ならではの発想で作られた、モアパワー&モアトルクを追求した過激なZの数々を紹介する。

心臓はV8エンジン過激すぎるアメリカンZ。[1971 Fairlady 240Z SUPERCHAGER]

ハコスカやケンメリ、S30型フェアレディZといった旧車と呼ばれるクルマのエンジンを現代のものに換装し、オートエアコンやパワーステアリングを装備。それこそ東京から名古屋という距離を休憩なしで快適に、そして安全にドライブができる旧車を数多く手掛けてきたロッキーオート。

「ロッキーオート」代表・渡辺喜也さん|日本の旧車シーンをリードするロッキーオートの渡辺社長。旧車のエンジンスワップの第一人者であり、最近ではロッキー3000GTやR32ケンメリなど自社開発のコンプリートカーを世に出し、世界的にも注目されている

そんな同社が所有するクルマの中に、なんだかとんでもない1台を発見! ロッキーオートの渡辺社長に伺うと、このクルマはロッキーが提携しているアメリカのファクトリーが製作したもの。5700㏄のV8エンジンにスーパーチャージャーを搭載し、その派手な外装からきっとショーカーかドラッグ専用のクルマかと思いきや、この状態で公認を取得。つまりこれに乗ってコンビニにコーヒーを買いにいくこともできるというわけだ。

中身は本物のドラッグレーサーなので、公道を走行するにはそれなりの覚悟が必要。日本に環境に合わせた熱対策済みだが、それでも発熱量が多いのでさすがに夏場は厳しい。またエキゾーストも超爆音なので長時間の運転は疲れるかも。完全に趣味性に特化したクルマだ

それを渡辺社長に伝えると、日本の公道用に各部に手を加えて熱対策もしているが、渋滞などを考えると普段使いはちょっと難しいとのこと。うーん、残念! でもロッキーオートではこのクルマ以外にもV8を搭載したZを多数在庫しており、日常使いができるものある。

アメリカ車のV8が好きだけど、日本の旧車にも乗りたい…… そんな人にピッタリのV8Z。乗るのに必要なのはお金よりも度胸かも!?

リアには極太のロールケージ。その下のトランクリッドの前方側面には巨大ウーハーを装備する。アメリカで作られたクルマならではの特徴だ
室内もカリカリにいじっているかと思いきや、意外にもストックの雰囲気をキープ。左右ドアにはスピーカーを装着し、運転中に音楽も楽しめる
タイヤはBFグッドリッチのドラッグラジアルで、サイズは275/40R17。ホイールは懐かしのボイド製ビレットホイール。このクルマによく似合う
エンジン換装に始まり、各種チューニ ングや調整はすべてノウハウをもつア メリカのファクトリーで行われている。 正確な馬力は測定しておらず不明だが、まるでバイクのようなレスポンス が狂暴な排気音とともに味わえる。 信号待ちからのゼロスタートでも軽々とホイールスピン、そしてタイヤ跡をベッタリと路面に残すことが可能だ
加速時に視線を変更せずにメーターを確認できるようにするためスーパーチャージャーの裏側に設置した後付けのオートメーター
シフトはドラッグマシンに は定番の自動シフター・B&M社のプロスティックを装着。そのため3ペダルから2 ペダルに変更されている。運転してみると意外にもイージーに扱えるとか

過激仕様と快適仕様、好みに応じて選べる2台を紹介!

1.カルフォルニアイエローのストリートドラッガー。[1971 Fairlady 240Z]

アメリカのファクトリーのオーナーが個人的に製作したV8搭載のZ。エンジンはドライサンプ方式にするなどフルチューニングを行い、ミッションも5速化。NOSシステムも搭載するなど完全にストリートドラッグ仕様。こちらも公認取得済みなので、ナンバーを付けて公道をドライブすることが可能だ。

V8搭載だけでなくピストンやクランクといったエンジンの中身にも手を入れ、また駆動系や足回りもフルチューニングされている。元オーナ ーが採算度外視で作り上げハイパフォーマンス仕様だ
マフラーはマグナフローの2本出し。タイヤサイズはF235/40ZR18、R255/40ZR18。ホイールはWORKのCR-01の18インチ。ブレーキはウィルウッドの4ポッドを装着
シートはリクライニングできるスパルコのR600。シートベルトはシンプソンの4点式。ロールケージで室内を覆う
安全タンクの左側にあるステンレスの輪はNOSタンクの固定用リング。アメリカから輸入する際に税関でタンクを外すよう指示されただけなので、再度装着も可能だ

2.買い物から通勤まで、普段使いもOK![1973 Fairlady 240Z]

買い物や通勤に使いたい! そんな人にお勧めのV8搭載Zがこちら。5300㏄のGM LS327アルミブロック&ヘッドとT56の6速ミッションの組み合わせ。フェンダーミラーやワタナベのホイールで、一見するとシンプルな国産旧車カスタム風なのもポイント。スピーカーとウーハー付きで街乗りも楽しめる。

GMのコンプリートエンジン「LS327」を搭載。排気量は5300㏄で、 公表されている馬力は最大350hp。Zの軽い車体ならこの馬力でも有 り余るほどのビッグパワーだが、扱いやすいようにセッティング済み
輸入した時はアメリカ人好みの外装だった。そのためチンスポイラーやフェンダーミラーなど旧車らしいスタイルに変更をした。見た目はV8を積んでいるとはとても思えない
普段使いで支障がでないようにバケットシートではなくシンプルなレザーシートに。上質な室内空間の演出にも一役買う
室内の左右ドアにスピーカーを装着し、リアにはウーハーを搭載するのが、どのV8搭載Zにも共通したスタイル。V8サウンドにも負けない音を響かしてくれる

V8搭載Zを試乗してみました! アクセルを踏み込むには
度胸が必要!

エンジンはコルベットLS1で排気量は5700㏄。エンジンに少し手を入れた、ちょっとヤンチャなV8搭載Zに試乗してみた。

左ハンドルのため、乗り慣れていない人には違和感があるかもしれないが、そこは慣れ。クラッチはかなり重めだが、強烈なトルクで足をペダルからゆっくり離すだけで走り出していく。重たいクラッチを別にすれば、その乗り味は快適そのもの。アクセルを踏み込む勇気はないので、少しずつペダルに力をいれていくと、下からモリモリと湧き出るトルクでクルマが力強く押されていく。ブ厚いトルクに軽い車体。これが楽しくないはずがない!

ただし、すぐに法定速度を超えてしまうので踏めるシチュエーションが限られてしまうのが残念なところ。そこで提案するのが早朝の高速道路。V8サウンドを堪能しながらそこそこのペースでクルージング……なんていうのが最高に気持ちいいんじゃないかな!

L型とはまた違った魅力をもつV8エンジン。デロデロとした V8サウンドを響かせ、小柄な車体が振動でブルブルと震え ている姿は見ているだけでもテンションがあがる!
Zのエンジンルームに収まったコルベットのLS1エンジン。排気量は5700㏄のチューニングエンジン。ミッションは6速。ブレーキはリアをディスクにするなど強化済み
室内はほぼストック状態のZ。ハンドルなんて純正のウッドステアリングだ! ちなみにシート も純正に見えるが、実はパワーシートという快適仕様。エアコンも装備されている

【問い合わせ】
ロッキーオート
TEL0564-66-5488

(出典/「Lightning 2021年6月号 Vol.326」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア