ロック酒って知ってる?瓶のまま飲みたい「LOUDNESS」オリジナル・クラフトビール。

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 

今回は、ラジコン雑誌の元編集という異色の経歴を持つ、ライトニング編集部のニューカマー・イスカンダル功がお届け!

デカい音を聞きながら、瓶のまま飲みたい。LOUDNESSオリジナル・クラフトビール

麦芽のコクと甘み、ホップの苦みが調和したジャーマンスタイルゴールドエールのレッドエール(左)。柑橘系ホップのフルーティな香りと、爽やかな苦みのアメリカンスタイルゴールドエール(中)。小麦麦芽の優しい味わいと、柑橘系ホップの甘い香りとさっぱりとした苦みを味わえるホワイトエール(右)。各1000円(税込)

Lightning10月号の第2特集に登場した“ロック酒”(詳しくは本誌を見てね)。海外アーティストだけかと思いきや、日本のアーティストのお酒も販売されていた! それがこのラウドネス オリジナル・クラフトビールだ。

ラウドネスのことを一応簡単に説明すると、1981年に結成された日本を代表するヘヴィメタル・バンドで、今も精力的に音源のリリースとライブ、そして海外ツアーを行っている。

最近ではブロックチェーン技術を使用した「NFT」(コピー不可のデジタルデータで、数量限定といった形で資産的価値を生み出すことができる技術)を使用した「NFTレコード」から限定版の音源をリリースするなど、その活動はとにかくアグレッシブ。

今年ラウドネスは活動40 周年を迎え、ますますその動向から目が離せない。

そのような状況でリリースされたのがこちらのクラフトビール。ビール大好きなメンバーは、いつもヨーロッパツアーで地元のビールをしこたま堪能するのだが、コロナ禍のために今年は断念。それなら自分達で作っちゃえ! ということで登場したのがこのビールっていうわけ。

キンキンに冷やして、瓶でグビッと飲むのがこのクラフトビールの気分かな。もちろんBGMのボリュームはMAXでね!

瓶の容量は330ml。マーチャンダイズで40周年記念のロゴ入りビールグラスも発売されているので、それで飲めばさらに美味さが引き立つ

【問い合わせ】
都商会
http://miyako-shokai.com/index.html
LOUDNESS OFFICIAL WEB http://www.loudnessjp.com/

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning 2021年10月号 Vol.330」)