ブーツは夏のうちにお得にゲットが正解! “ヘリフェス”ならあの憧れ靴も手に入る。

開催まで2週間と少し。2021年6月26日(土)・27日(日)の2日間は、革ジャン、ジーンズ、ミリタリーといったアメリカンカジュアルファッションがアウトレット価格で手に入る「ヘリテージオンラインフェス(通称・ヘリフェス)」から目が離せない!

これまで17年に渡って、アメリカンカルチャー誌『Lightning(ライトニング)』が中心となり開催してきた、リアルイベントとして2万人以上の来場者を誇る巨大ショッピングイベント「稲妻フェスティバル(通称・稲フェス)」が自宅にいながら楽しめちゃうのだ。

今回も約80ブランドが出店。ファッションアイテムから雑貨、お酒までアウトレット価格で手に入るだけでなく、ヘリフェス限定の福袋も登場。これも見逃せない!

開催までもう少し、ということで、今回は編集部が厳選したおすすめブーツを紹介! いずれも人気のアイテムなので、このお得に買えるチャンスを逃すことなかれ。

▼チケットはヘリフェス公式WEBにて好評発売中!▼

ヘリフェス公式WEBはこちら!

1.JULIANBOOTS

2007年にデザイナーであるジュリアン・イムリエがロサンゼルスにて設立したレザーシューズブランド。数年前に発売し、即完売した「RRL」の「LIMITED EDITION BOWERY BOOTS 」の初期のモデルを手掛け話題になったブランドだ。

【注目ブーツ①】BOWERY

ジュリアンブーツの代表作「BOWERY」。かつてマンハッタンと並ぶ賑わいを見せたニューヨークの南部の地名「バウリー」を冠した、ジュリアンブーツの代表モデルだ。アッパーにはクロムエクセルレザーを採用し、レザーソールにヒールはキャッツポゥヒールと、アメリカンビンテージシューズを彷彿とさせる。編み上げブーツのトップにはスピードフックを採用し、着脱も比較的スムーズになっている。ヘリフェス当日は定価の30~40%OFFで登場予定。これは見逃せない!

【注目ブーツ②】JEWELER

ジュリアンブーツのなかでも名作と言えるブーツ「Jeweler」は、ジュリアンが大きく影響受けた19世紀後半のイギリスの街で活躍した宝石商「ジュエラー」からインスパイヤされた内羽根編み上げブーツだ。オブリーク調のトゥ形状が特徴的なクラシカルブーツは、シャフトが非常に細く足首周りをスッキリと美しく見せてくれる。

ワークテイストなブーツの中でもジュエラーは上品なスタイルで、カジュアルからジャケパンスタイルまで幅広く使える。革の厚みが薄く、柔軟性が高いにも関わらず耐久性も抜群なカンガルーレザーをアッパーに採用。独特な革の風合いと光沢感が更にブーツの魅力を引き立ててくれる。こちらも定価の30~40%OFFで登場予定だ。

2.STUMPTOWN

Lightning本誌でもお馴染みの、ブーツといえばココな存在「スタンプタウン」。ダナー、ホワイツブーツ、レッド・ウィング、チペワ、クラークスなどそうそうたるブランドの定番から特別な一足まで手に入る。ショップにはリペアやメンテナンスを請け負うコーナーもあり、ブーツ好きにとっては欠かせない存在だ。

【注目ブーツ】[ WHITE’S BOOTS ] 2332HC05 SDBG / 5′ SEMI-DRESS TOE CAP / BURGUNDY

ドレスシューズのような上品な雰囲気をまとい圧倒的支持を集めるブーツ『SEMI DRESS』。クロームエクセルレザーを使用。定番スタイルにドレストゥキャップ仕様。ダブルミッドソールで重厚感を演出。Vibram#700ソールをハーフにすることでよりクラシック感が強くなっています。どんなお買い得価格で登場するかは、当日のお楽しみ!

3.Attractions

Lightning、2ndでお馴染みのヘリテージブランド、「Attractions」。現在展開中の6ブランド合作のヘリテージオンラインフェス限定福袋が今年も発売するほか、各ブランドからもさまざまなアイテムがイベント限定プライスで大放出! なかにはヘリフェス限定アイテムも登場するとか⁉ 革ジャンも気になるところだが、ここではブーツをピックアップ。

【注目ブーツ】Lot.543 Rough-Out Jump Boots

1940年代を彷彿させる独自開発のオーセンティック・アーミーラストを使用し抜群のフィッティングを実現した、オーセンティックさとファッション性を兼ねそろえたカジュアルミリタリーブーツ。ステアベロアと防護性の高いグッドイヤーストームウェルト仕様のタフな仕様で、アウトソールにはクッション性が高く快適に履ける生ゴムクレープソールを採用している。価格は当日までのお楽しみに!

4.Trophy Clothing

購入した時が完成した状態ではなく、着続けるほどに風合いがよくなり体型になじんでいく”着る人と共に歴史を刻む衣類”を物作りの前提として考えている同ブランド。厳選された素材、試行錯誤からできあがる型紙、熟練の縫製職人の技術から生み出されるプロダクツは、確かな着心地と満足を保証してくれる。

【注目ブーツ】ARROW ENGINEER BOOTS

1940~50年代のヴィンテージブーツをイメージソースにしたグッドイヤーウェルト製法のエンジニアブーツ。ワークブーツの無骨さに細かいピッチのステッチング、スチールの入っていないシャープトゥはドレッシーさも併せ持つ。ミッドソールにオイルベンズを使用し、ヒールは斜めに4段積み上げている。アウトソールには、クラシカルかつグリップの良いビルトライト製セパレートソール、金型を作り製作したニッケルのプレスローラーバックルやシャフトの深く切り込まれたVなど、エンジニアブーツの完成系といもいえる佇まい。

アッパー部は本ヌメ染料染めのオリジナル茶芯ステアハイド。薬品加工を行わない素上げに近いタンニンなめしは革本来の自然な表情を持ち使う程にブラウンが顔を出す。バイクのライディングや日常のハードな使用を繰り返し、シャフトの立ち、甲部分、カカトの伸びを再考して作られており、バイカーにもおすすめだ。

5.SlowWearLion

2001年に設立された、東京・渋谷に直営店「TOOLS INFINITY」を構える日本製のワークブーツブランド。「SWL」は日本人が履くことを前提に作られたブーツで、日本人特有の足の形を考慮されているので、手にしたその日から足に馴染む履き心地の良さが魅力だ。

【注目ブーツ①】OB-8593CAR

はじめてブーツを履く方に向けてリリースしているエントリーモデル。こちらはラグソールモデルだ。ヘリフェス当日はスペシャル価格で販売予定。

【注目ブーツ②】OB-8593CAR

はじめてブーツを履く方に向けてリリースしているエントリーモデル。こちらはクレープソールモデルだ。ヘリフェス当日はスペシャル価格で販売予定。

ヘリフェス公式WEBはこちら!

開催は6月26日(土)・27日(日)の2日間! チケット絶賛販売中!

■日時/2021年6月26日(土)18:00 ~ 27日(日)21:00
■会場/ヘリテージオンラインフェス公式ホームページ https://heritageonlinefes.com/
■入場料/1,000円
■チケット販売期間/6月27日(日)20:30まで
■決済対応クレジットカード
・チケット購入/VISA、MasterCard、American Express、JCB、Diners、PayPal
※6月15日12時以降は、VISA、MasterCard、PayPal のみ対応
※イベント内ショッピングは、VISA、MasterCard、American Express、JCB、PayPal に対応しますが、ご利用のショップによって、American Express 及びJCB ブランドはご利用いただけない場合がございます。ご注意ください
■注意事項/チケット購入時のメールに記載されている「チケット情報」はイベント当日のログインに必要な情報となります。紛失されないようにお気をつけ下さい。なお、チケットの払い戻しは一切致しかねますので、予めご了承ください。
■主催/ヘリテージオンラインフェス実行委員会(株)ヘリテージ内
■お問合せ先/株式会社ヘリテージ ヘリテージオンラインフェス実行委員会
MAIL:[email protected]