「レッド・ウィング」の6インチモックに、ラフアウトのグレーカラー登場!

最終更新日 2021.10.24 公開日 2021.04.09

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 

今回は、6インチモック、ペコス、アイアンレンジャーと所有しているレッド・ウィングはすべてラフアウトという、似たようなものばかり集めちゃいがちな編集部の何でも屋・サカサモトがお届け!

アスファルトが似合うRWにゾッコン!

1年前はニューバランスかコンバースなどのスニーカーばかり履いていたのに、昨年末からブーツを履く割合がめっぽう増えた。中でもレッド・ウィングを履くことがほとんど。

きっかけは秋に作った別冊Lightning『All About Red Wing』で、個人的にもレッド・ウィングブームが再燃した(基本的にムック本を作った後は、そのテーマにハマりがち)。

さらに先月号のDIYカスタム特集では自前の#8173のシューレース替えやスプラッシュペイントでカスタムしたということもあり愛着もひとしおというわけなのだ。

そんなセルフカスタムしたレッド・ウィングを履くと、パンチのある足元を演出してくれるのはいいけれど、存在感が強いためアウターを選ぶ靴になってしまったのがプチ悩み。だからもう一足ノーマルバージョンの#8173を買おうかなと思っていた矢先に、レッド・ウィング・ジャパンの福田さんから新作情報をゲット。

なんと6インチモックにラフアウトのグレーカラーが4月に出るらしい!

やや黄色みのある#8173よりも無機質な印象がツボでブラックデニムや軍パンなど、いろんな着こなしが楽しめそう。でもって、また飽きてきたらペンキカスタムなど色々遊んでみようかな……と、購入前から妄想が膨らみっぱなしだ。

レッド・ウィングのNo.8863 6inch Classic Moc

6インチ丈の#875のスタイルをベースにレザーを裏使いしたラフアウト仕様のグレーバージョン。独特な風合いとスタイリッシュなカラーリングで今季注目の一足。4万1690円 ※4月末発売予定

スレートミュールスキナーと呼ばれるラフアウトを使いグレーカラーで仕上げているため都会的な印象にスタイルチェンジ!
ウェルト部分の革はブラックを採用しているのがなんだか新鮮。モノトーンな配色にグッときてしまうのは私だけではないはず
ハトメ部分は真鍮色でグレーのアッパ ーに映える色合い。シューレースはナイロンのブラックを採用。イエローなど色付きの紐に変えても良さそう

【問い合わせ】
レッド・ウィング・ジャパン
TEL03-5791-3280
redwingheritage.jp

(出典/「Lightning 2021年5月号 Vol.325」)