【お手本にしたい家づくり】カリフォルニア の空気感漂う、白×植物の爽やかな空間。

大田区の閑静な住宅街に突如現われるカリフォルニアにあるような邸宅。ここはレコード会社に勤務する太田直樹さんの自宅だ。仕事でもプライベートでも頻繁にカリフォルニアを訪れているからこそ、リアルな空気感を体現できるのだ。

世界観を共有できる内装のスペシャリストがいてこその家づくり。

学生時代にはDJとして活動し、現在でも時折回している太田さん。お気に入りのレコードジャケットも立派なインテリアに!

ここで紹介する太田さんは、マネージメントを担当するアーティストがロサンジェルス在住ということから、頻繁に現地を訪れている。様々なサブカルチャーに精通しているが、西海岸の文化から多大な影響を受けたそう。

そんな太田さんの自宅には、カリフォルニアの空気感が漂う。その完成には、世界観を共有できる内装のスペシャリストが必要不可欠だった。

この家に家族4人で暮らす太田さん。奥さんとも大の仲良し。リビングにはミッドセンチュリー期の名作家具と自慢のグリーンコレクションが並ぶ

「内装はすべてアンフィニッシュの中嶋さんにお願いしました。床や壁、サイズに合わせたワンオフの棚なども作ってもらいましたが、これが大正解でした。今年でちょうど10年経つのですが、床の木材がいい感じにエイジングし、より愛着が湧いています。

また、こだわっているのは植物です。もうインテリアの領域を越えて、完全に趣味になってますね。当初は西海岸でも自生しているアガベなどが中心でしたが、塊根植物にハマってからは、温室を購入して心ゆくまで育てています(笑)」

白を貴重した外観には、番地をペイントするなど、アメリカのテイストを加えている。シンプルな玄関はアガベなどで装飾
まるでアンティークの棚に見えるが、実はアンフィニッシュの中嶋さんによるワンオフの家具。壁のサイズに合わせた

西海岸のような空間をグリーンが引き立てる。

中庭スペースには複数のアガベが地植えされている。越冬できる品種をしっかりとチョイス。テーブルの上で、大好きな塊根植物を植え替えするのが最高の時間だそう。

親交のある北海道を拠点とする陶芸家の下沢敏也さんが、ボタニカルのために創作したコアと名付けられた鉢は、存在感抜群だ!

4人家族のため、シャワールームに併設する洗面台は2台用意。清潔感のあるタイル張りにしており、中嶋さんらしいセンスが光る。

最注目のポットブランドであるSYNから、カルト的な人気を誇るインビジブルインクまで絶品の鉢を使い、空間をアレンジしている。

オープンキッチンの付いたダイニングスペースは、あえてダイニングチェアを統一していないのが好印象。レアな塊根植物がアクセント。

雰囲気のある靴棚は、アンフィニッシュの中嶋さんによるオーダーファニチャー。玄関のサイズに合わせており、収納力も抜群である。

カリフォルニアの空気感を取り入れたような室内に、随所に置かれたグリーン。これぞ理想のモダンな西海岸風! やはり理想を実現するには、よき理解者となる内装業者やデザイナーが必要だなと感じさせられるお宅であった。

「家づくり」の実例をもっと見る

(出典/「Lightning 2020年3月号 Vol.311」)