新しい生活のスタートに、こだわりのある大人のためのインテリアブランドを選ぼう。

  • 2021.10.18 2021.03.23
  •              

新しい生活の始まりには、インテリアを一新! そして大人になった今なら、誰ともかぶらないような、こだわりのあるものを選びたいもの。そこで、新生活におすすめしたい、大人の雰囲気たっぷりなとっておきのインテリアブランドを3つ紹介!

湘南発!どんな空間もおしゃれに決まるインテリア「HERMOSA(ハモサ)」

西海岸の邸宅にありそうなシーリングファン。バルシーリングファン36,000円

「美しい」という意味のカリフォルニアにあるハモサビーチが由来のインテリアブランド「ハモサ」。鎌倉を拠点に主にライトなどのオリジナルアイテムを手掛けている。

インダストリアルな空間にもマッチする扇風機。マーブルファン25,000円

1950年代から’70年代の欧米のの普遍的デザイン、ディテールを取り入れ、日本のマーケットに合うサイズ感や素材、カラーリングを大切に企画、開発し、インターナショナルな視点から海外からセレクトしたアイテムも展開。

ミッドセンチュリーモダンの家具やインダストリアルなインテリアが好きな人にはぜひおすすめしたいブランドだ。

インテリアとしてもおしゃれなレコードプレーヤー。ヘンリー68,000円

その空間にしっくりと馴染む、旧き良きアメリカの空気感を醸すこんな家具があれば、どんな家でもおしゃれにまとまること間違いなし。

オリジナルのライトはもちろん、カッコいいデザインのシーリングファン(最初の写真上部)を探している人もぜひ公式WEBを覗いてみてほしい。

【問い合わせ】
HERMOSA
http://www.hermosa.co.jp/

住宅の屋外空間をリビングのように楽しもう!「outdoorliving oLAND(アウトドアリビング オーランド)」

アウトドアリビング”をテーマにフランス「フェルモブ社」の正規販売代理店として、アウトドアファニチャーやガーデンライトをはじめ、そのほか外の暮らしに役立つアイテムをトータル的に空間プロデュースしている「オーランド」。

アウトドアリビングとは、屋外の空間をリビングなどの延長として室内と一体化して活用することで、最近ではこの一体化をコンセプトにしている新築物件も多くなってきている。

この考え方は、欧米によく見られるテラスで朝食をとったり、ウッドデッキにハンモックを吊るして読書をしたりというライフスタイルによるところだが、「オーランド」ではより日本のライフスタイルに溶け込むように提案している。

また、アウトドアプランツやインテリアとしてのグリーンを空間に合わせてコーディネイトするなど、取り扱うアイテムは多岐に渡る。

チェア、テーブル、ソファなどの家具から、パラソル、オーニング、ガーデンライトなどアウトドアリビングの必需品、そして植栽、アウトドアプランツやポット、コンテナーなどグリーンにまつわるアイテムもラインナップ。

自宅のベランダやウッドデッキ、庭を新しく活用しようとするときに、非常に頼りになる存在なのだ。取扱いブランドや在庫はホームページで確認しよう。

  • ビストロ メタルチェア 15,400円(税込)
  • ビストロ ラウンドテーブル60  33,000円(税込)
  • ビストロ ラウンドテーブル77H(パラソルホール付き)  44,000円(税込) ※テーブルその他サイズあり

【問い合わせ】
outdoorliving oLAND
TEL090-9905-4063
http://oland-outdoorliving.co.jp

町工場が手掛ける、男前だけど繊細なインダストリアル家具「SIKAKU(シカク)」

岐阜県にある創業50年を迎えた町工場が手掛けているのが「シカク」だ。こちらの特徴は、長年鉄工所として培ってきた確かな技術で、無骨になりがちなインダストリアル家具をモダンに表現している点。細いアイアンならではの繊細さも、技術あってこそ。カジュアルにも使えるのが嬉しいところだ。

アイアンと木材を使った机、イス、シェルフなどがラインナップ。オーダーも可能で、自分で描いたイラストをもとに打ち合わせを重ね、具現化してもらうこともできる。また、オーダー看板も製作可能なので、店のオープンに合わせて什器からトータルコーディネイトしてもらうなんてことも可能だ。

丸型のシェルフ79,200円、ベンチ19,800円~、ロースツール22,000円

ちなみに、「シカク」を代表するプロダクツのひとつ「MARU RACK」は写真のようにシェルフと使うほか、薪置場としても使える。薪ストーブユーザーは要チェックのアイテムだ。

いずれも、やりすぎないデザインと素材感で、どんな家にもマッチするデザインが人気のブランド。新生活をスタートする際に、家族やパートナーとの意見が合わないなんてこともよくあるが、こんなデザインならきっと誰もが納得いくはず。自宅で過ごす時間を、もっと楽しく、もっと快適にしてくれること間違いないだろう。

(出典/「Lightning 2021年2月号 Vol.322」「Lightning 2021年2月号 Vol.323」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア