まさかの永久保証付き! グレンクライドの靴下「ライフロングTS-1」がスゴイ。

最終更新日 2021.10.24 公開日 2021.01.12

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 今回は、無地の靴下で唯一持っているのがリアル・マッコイズ。「リアル・マッコイズの靴下も頑丈で隠れた名品。ルーズソックスみたいに足元で溜めて履くのが好き!」という編集部の何でも屋・サカサモトがお届け!

まさか、永久保証の靴下が存在するなんて!

特にこだわっているわけではないけれど、普段履いている靴下を見ると同じブランドばかり。主に杢タイプならウィグワム、柄モノならロースターソックス。私自身がその現状に満足しているため(思考停止ともいう)なかなか新たなブランドに手を出すきっかけが無かった。

特に無地の靴下はほとんど持っていないため「なんかいい靴下が無いものか」と喫煙所で一緒になった営業ホンダに相談したところ、教えてもらったのがこの靴下。太いリブのデザインは自分好みだけど、無地のため普通すぎるほど普通……と思っていた。

太いリブがカジュアルさを演出する。杢の柄はどれも細かいため、短靴などきれいな着こなしにも合わせやすい

が、この靴下はコーデュラとコットンの混紡糸で編まれているため、とにかく耐久性が強いのがウリ。しかも穴が空いたら永久に交換保証してくれるという。いやいや、スナップオンの工具じゃあるまいし、靴下の永久保証って超ヤバい。それほどメーカー側の自信が現れているというわけだ。

目の詰まった肉厚な生地感が特徴。強度を増すため糸にはコーデュラを混ぜているが化繊の質感はほぼ無い

生地自体はしっかりした肉厚な質感だが、超分厚いというわけでもなく、化学繊維感があるというわけでもなく、いたって普通というところも好印象。色も良いので、まずは無地から揃えていきたい。メーカーのHPに書かれていたキャッチコピーの「あなたが買う最後の靴下です」に偽りはなさそうだ。

ブランド名が表す通りとにかく頑丈なのがウリ。穴が空いたら交換も保証するというサービスにも脱帽!

グレンクライド「ライフロングTS-1」

写真のTS-1はカジュアル用で、他にも細いリブのビジネス用やアンクルソックスなど展開も豊富。カラーも定番が揃っているため複数購入は必至だ。各2200円

【問い合わせ】
グレンクライド
TEL03-6205-7171
http://glen-clyde.com

(出典/「Lightning 2021年2月号 Vol.322」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。