※終了※「Dr.Martens(ドクターマーチン)」の〈TOUGH AS YOU〉キャンペーンに注目!

    #PR

数あるブーツの中でも、カルチャーと密接に呼応し合い、多くのアーティストから愛されている「ドクターマーチン」。2020年に60周年を迎えたが、変わらぬスピリット、意思を貫き続けてきた60年間だったと言えるだろう。そんなドクターマーチンが60周年を記念したキャンペーンを展開中だ。

4組のコントリビューターによって伝える「TOUGH AS YOU (タフ アズ ユー)」というメッセージ。

今回のキャンペーン「TOUGH AS YOU (タフ アズ ユー)」という言葉には、ドクターマーチンを履く人たちが、そのブーツのようにタフにしなやかに、そして時に否定されようと、何かを成就させようと己を信じて行動し、未来に対峙しながら生きていく姿を讃えたいという想いが込められている。

YouTube上にアップされた動画には、確固たる意志を持って、自分を信じてまっすぐに行動している各分野の先駆者であり、ドクターマーチンの精神を体現する4組のコントリビューターが登場している。ドクターマーチンが貫いてきた変わらぬスピリットを感じてみてほしい。

TOUGH AS YOU : CONTRIBUTORS

NAKED GIANTS(ネイキッド・ジャイアンツ) シアトルベースドロックバンド

ストリーミング・プラットフォームが増え続け、コンサート会場が日に日に減少している今日、ロックバンドが生き残っていくのはとても厳しい。しかし、シアトルをベースに活動するバンド、ネイキッド・ジャイアンツはそんなことを少しも気にしていない。自分たちのためにやっている。誰が聞いていようと関係ないのだ。

「ロックの歴史は暴力、人種差別、搾取、誤解に満ちている…それらを数え上げれば切りがない。しかし、私たちは今、若いロッカー、善なる若者たちが自分たちの音楽をただの娯楽以上のものにしようと努力している、そんな幸せな時代にいる。」

LOTTE VAN EIJK(ロッテ・ファン・エイク) ボディポジティブアクティビスト

ロッテ・ファン・エイクは「多様性」のために戦っている。彼女の写真は、これまでの美の基準を打ち壊している。彼女のダンスクラスは、生き方を変えることに自信を与えてくれる。彼女は、自分のような身体がメディアにもっとポジティブに表現されるようになるまで、戦い続けてゆくことだろう。

「私たちは毎日戦う。社会と。自分たち自身の心と。この戦いが激しくなっても自分自身に忠実であり続ければ、耐えられる。私たちの多様性のための戦い、革命が始まった。人々の”魂”を取り戻したいの。」

BOB VYLAN(ボブ・ヴァイラン) グライム・パンク・アーティスト

英国で混血児として育ったボブ・ヴァイランは、いつも自分はアウトサイダーだと感じていた。現在、彼はいくつものジャンルを超えて活動するグライム・パンクのアーティストとして活動しているが、アウトサイダー的自分をプラスの意味に捉えている。

「僕らが抱えている問題はいつも、僕らが行動するのを待っている。座りこんで泣いたって構わないけど、涙を出しきったら、立ち上がって問題に真正面からぶつかっていかないと。それしか選択肢はないんだから。」

AVIE ACOSTA(アヴィ・アコスタ)ジェンダー・フルイドモデル

27歳のアヴィ・アコスタは、変化に直面しても恐れを知らない。このジェンダーフルイドなモデルは19歳のとき、生き方を変えた。そのキャリア、そしてアイデンティティも。それらすべてを数ヶ月の期間で実行した。

「変化を受け入れること。変化とは、私たちが生きる上で最も着実な力。変わることができなければ、苦痛しか残らない。タフネスとは、これまで、厳しさ、基準に叶った行動、攻撃性などを表す外面的な表現だった。今では、それは内なる精神を表している。」

【問い合わせ】
ドクターマーチン・エアウエア ジャパン
Dr.Martens AirWair Japan
TEL03-6746-4860
 jp.drmartens.com

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部