クレイジーパターンにそそられる! HBHS×Nigel Cabournの10周年記念アーミーカーゴパンツ登場。

  • 2021.10.24  2019.12.05

少し仕様が異なるプロダクツに、私は目が無い。例えばこんなもの。通常ロレックスの金無垢手巻きイトナに赤文字表記がないのだが、6264/62の黒文字盤に極少数だけ赤デイトナ表記があるとか、ランチアデルタのHFインタグラーレEVOⅡでも、世界で限定220台のみ販売されたジアラとか、一見したらM-51フィールドパーカーなんだけど、袖にシガレットポケットが付き、微妙に細部が異なるEX-50というエクスペリメンタルモデルとか……。

そうそう、’80年代のSF映画『ブレードランナー』も、完全版やらディテクターズカット版、最終版なんていう、この映画のファンじゃなかったら「どれを見ても一緒だよ!」と思わず突っ込みたくなる作品も好き(実際はかなり違います)。そんなモノとかコトを見ると心がキュンキュンしちゃうのだ。

HBHS×Nigel Cabournの10周年記念アーミーカーゴパンツ

3つの異なる生地を使用し、独創的なクレイジーパターンに仕上げた。3万7400円(ハミン グバーズヒルショップ TEL03-6721-0189 http://hummingbirdshill.com/shop、EC サイト http://shop.hummingbirdshill.com)
ウエストの裏側には、HBHS10周年を記念し、「HBH×N.C.」のスタンプをデザイン。ミリタリー感漂う特別な仕様となっているのだ
ウエスト部分にはサスペンダーボタン を兼ねた、アジャスターボタンをデザイン。このタブも含め、細部まで異なる生地を採用している

そんな少し仕様が異なるプロダクツとして、いま気になっているのが、今年で10周年を迎えたハミングバーズヒルショップ(以下HBHS)が、同店と親交の深いブランドへ別注を掛けた、スペシャルなアニバーサリーアイテム。そのひとつとしてリリースされたのが、ナイジェルケーボンへの別注アーミーカーゴパンツ。これは同ブランドの定番アイテムを、リップストップやヘリンボーンツイルなどの異なる素材を組み合わせた、HBHSらしいクレイジーパターンのオーダーによるもの。ほかにもクレイジーパターンを落とし込んだベーシックキャップや、アーミーパンツと使えるサスペンダーも展開される。

ナイジェルケーボンの定番ベーシックキャップも、クレイジーパターンに。デニム生地とヘリンボーン生地の2種類を展開。各1万2100円

サスペンダーも左右で色が異なる、オリーブカラーとネイビーカラーのクレイジーパターンを採用しているのがユニークである。1万4300円

こんな通常とは少し仕様が異なるアイテム、欲しくなりませんか?

【問い合わせ】
ハミン グバーズヒルショップ
TEL03-6721-0189
http://hummingbirdshill.com/shop
EC サイト/http://shop.hummingbirdshill.com

(出典/「Lightning2019年12月号Vol.308」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

サカサモト

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男編集部

Dig-it

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男編集部