ここになければ諦めがつく!? 日本最大のアウトドア専門店がとにかく桁外れでスゴイ!

最終更新日 2022.06.13 公開日 2019.10.11

今年の4月にオープンして話題の日本最大のアウトドア専門店、『アルペンアウトドアーズ フラッグシップストア柏』。そのこだわりのアウトドア用品が何でも揃う圧倒的空間を体感すべく、Lightning編集部ヴィンテージ担当兼最近アウトドア担当になりつつあるランボルギーニ三浦が徹底取材してきた!

売り場面積は3フロアでなんと約2300坪!

この世に無数に存在するアウトドア用品を、実際に手に取って比較してみたい……。そんなニーズに応えるかのようにオープンしたお店がある。それがこちら、『アルペンアウトドアーズ フラッグシップストア柏』だ。ここは、売り場面積が3フロアで約2300坪という規格外の大きさを誇り、日本最大はもちろん世界でも最大級! どこから見て行けばいいのかわからない人のために、全フロアを紹介していこう。

【1F】いま人気で最も混み合うキャンプ関連フロア。

1階は、いま大人気のキャンプ関連のアウトドア用品フロアになっており、日常的に使える調理用具やステンレスボトルから、本格的なテントまで何でも揃っている。フロア中央にあるウッドデッキには様々なテントが張られており、2週に1回のペースでその時期にあったスタイルを提案。気になるテントを“試し張り”できる専用スペースも用意されている。

コールマンの一角。いま買えるモノは全てあるのではないかと思うほど、バリエーション豊富。このようなコーナーを、ロゴスやスノーピークも展開する。

BBQに欠かせないグリルも様々なモノを取り揃える。中でもウェーバーは、通常のお店では売っていない、厨房のような大きなガスグリルまで販売する。

ウェーバーの代名詞というべきチャコールグリル。黒×赤の配色からNBAのブルズにちなんで“シカゴ” とファンは呼んでいる。2万2990円

チェアのコーナーもこの通り。写真に入りきらないほどのモデルが所狭しと並んでいる。全て試し座りもできる上に、実際に畳んでみることも可能だ。

ヘリノックスの定番モデルであるチェアホームにペンドルトンのネイティブデザインを落とし込んだ、スペシャルなコラボモデル。まだ数点ストックあり(取材時)! 各1万9980円

水筒コーナーも膨大な数のボトルが並ぶ。アメリカ・オレゴン州生まれのオシャレな水筒、ハイドロフラスクはレアな大きなサイズまでラインナップ。

こちらが1階フロア中央のウッドデッキ。その時期にあった様々なキャンプスタイルをディスプレイ。これが非常に分かりやすくイメージしやすい! このお店ならではのポイントだ。

シェルタータイプのタープが人気。全て閉めるとミリタリーテントのようでカッコいい。ヘリノックスの4人用タープ/ 13万8240円、ニーモ・イクイップメントの3人用ドームテント/ 4万5360円

先にも述べたように、このお店の大きな特徴のひとつが、このように専門のスタッフがテントの“試し張り” をしてくれること。サイズ感や工程が確認できるのだ。ちなみにこのテントはノルディスクのアスガルド。

いま人気の組み立て式木製アウトドア家具ブランド、ヨカを発見。これはそのミニスツールでコンパクトに収納できるのに大人がしっかり座れる優れもの。8424円

ヘリノックスのタクティカルテーブルはMサイズがオススメ。このカモフラージュ柄なら人気のコヨーテカラーと相性抜群だ。1万9980円

ヘリノックスのタクティカルチェアやコンフォートチェアに対応する足先。ビブラム社とのコラボモデルで各5400円。実際に購入しちゃいました。

【2F】街とアウトドアを結ぶアーバンスタイルとキッズのフロア。

2階はアウトドアのアーバンなスタイルを提案。自転車やシーカヤック、SUPボードからファッションまで揃う。ザ・ノースフェイスの専用コーナーもあり、キッズコーナーも充実している。

自転車の数も専門店のようだ。

コンパクトで明るく人気のクレイモアの充電式マルチLEDランタンも2階で発見。色合いや明るさの調整が可能だ。S / 8618 円、M / 1万778円、L / 1万2938円と3サイズ展開

2012年にテネシー州で創業したオルカクーラーズ。迷彩柄も気分はタンでしょ。上/ 20QT(19ℓ)7万200円、下/ 26QT(25ℓ)8万1000円

【3F】本格的な山用品が揃うフロア。

3階は本格的な山用品の専門フロア。ハイキングや登山、スノーボード、スキー、バックカントリーなどの専門ギアが豊富に揃う。特筆すべきは、ここ3階と2階の、コールマンやロゴス、スノーピーク、ザ・ノースフェイスなどの人気ブランド専用コーナーでは、週末にはスタッフがフロアで接客をしてくれること。色々と実物を見ながら、突っ込んだ質問もできるのだ。一度にいろいろなブランドのスタッフから直接話を聞くことができるで、ギアを選ぶ際にもってこいだ。

さらには、月極のレンタルロッカーもあり、ボード類も収納可能。自宅にスペースがない人も安心して預けることができる。

さて、いかがでしたでしょうか? 本格アウトドア派の人も、みんなでワイワイばBBQ派の人も、どんな人でも目的のアウトドア用品に出合えると言っても過言ではない『アルペンアウトドアーズ フラッグシップストア柏』。このスゴさ、ぜひ体感していただきたい。

【DATA】
Alpen Outdoors FLAGSHIP STORE
千葉県柏市風早1 丁目6-1
TEL04-7192-3671
営業/10:00〜21:00
http://www.alpen-group.jp/store/outdoor

※掲載情報は取材当時のものです。

(出典/「Lightning 2019年10月号」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。