「フレックス・ドリーム」の“雰囲気のあるクルマ”に乗るとアウトドアがさらに楽しくなる!

最終更新日 2021.11.01 公開日 2018.09.29

エコカーが全盛の現在、趣味性の高いクルマに乗る意味とはなんだろうか。その答えは、この写真を見てもらえばわかるはず。「フレックス・ドリーム」では、こんな趣味のあるライフスタイルをクラシカルな顔つきのクルマを通して提案している。

「素敵!」と思えるライフスタイルはクルマから始まる。

クルマは低燃費に限る。家計的に考えても、それは間違いのない事実なのだけど、クルマには燃費効率だけでは計り知れない魅力がたくさんある。我々にとってその大きな判断基準のひとつが、趣味性があるか否かということ。つまり「足」として使うクルマではなく、自分のライフスタイルや趣味に合う「相棒」としてのクルマであるということが重要なのだ。

そんな価値観でクルマを販売している人たちがいる。「フレックス・ドリーム」だ。取り扱うのは、ランクル、ハイエース、日本では発売されていないUSトヨタの各モデルなど、趣味に使いやすいクルマばかり。特に世界的に人気のあるランクルは、クラシカルかつ都会的でスタイリッシュなカスタムを施したモデルを軸に、単なるクルマとしてではなく、ライフスタイルのひとつとして提案。スタッフ自らもそれを体現している。

1.ランクル80“丸目60フェイカスタム”【TOYOTA LAND CRUISER 80】

007

1990年デビューの7世代目は、程よいクラシック感で人気上昇中。それを前世代の60シリーズの顔にカスタムした。独自に作ったFRP製のフェイスKITはプレスラインにまでこだわって60前期フェイスに!

006

スタッフの多くがバス釣りを楽しむ。そのため、このクルマはバス釣りをテーマにカスタム。アルミ製のバスボートも楽々積載可能。

047

「フレックス・ドリーム」のスタッフは撮影前日から現地入りしてキャンプ。朝一からバス釣りするという生粋のアウトドアマンだ。このクルマは、ペンドルトンからブランケットを仕入れ、それで仕立てたシートカバーも装備する。

2.ランクル100“丸目クラシックスタイル”【TOYOTA LAND CRUISER 100】

004

80シリーズの後継として1997年にデビューした100シリーズは、サルーンというイメージも強くなり、どこかオジサンっぽい印象だが、オリジナルの丸目フェイスへとチェンジ、LINE-Xも取り入れてカスタムすることで、ワイルドで趣味性の高い1台に仕上げている。

003

いまアメリカのカスタムカーの世界で大人気なのが、LINE-X(ラインエックス)という塗装。耐衝撃、防災、防水、防錆に優れ、補強にもなるためアメリカ軍でも使用されている。これにより機能だけでなく、カッコイイ見た目も演出。オリジナルのグレーペイントと繰り合わせるとこれが都会的な印象になるのだ。

3.アーバンカスタムを施した【TOYOTA FJクルーザー】

名称未設定-27

同じ“水遊び”でも、こちらはSUPを楽しむための1台として、この日は現地入り。少しだけリフトアップし、マッドテレインタイヤに鉄チンのホイールを合わせることでワイルドさをプラスしたカスタムを施している。

002

フレックス・ドリームらしい“アーバン・アウトドア”な雰囲気にカスタムしたFJクルーザー。さりげないLINE-Xペイントなどセンス良く手を入れたこの1台は、SUPボードをキャリアに積載する。

001

遊びに興じているオーナーを見つめるように佇む愛車の姿が、こんなに雰囲気のある相棒だったら……。その遊んでいるシーンは、こんなに“画になる”のです! 完全に自己満足なのだが、ライフスタイルの充実とは、自己満足ポイントの積み重ねでもあるのだ。こんなクルマなら週末をもっと楽しむことができるはず!

【お問合せ先】
フレックス・ドリーム
TEL042-486-8887(ランクル調布)
http://www.flexdream.jp

(出典/「Lightning 2018年10月号 Vol.294」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。