「JUNKY SPECIAL」Shop Manager・西 徹の大人アメカジコーデと愛用品

  • 2024.06.18

大型アメカジショップの「JUNKY SPECIAL」のマネージャーである西 徹氏。長年業界に身を置き、アメカジスタイルを見続け、自らも着こなしてきた西氏のコーディネイトは必見。洋服だけでなく小物類などの愛用品も紹介してもらった。

計算されたバランスで、カジュアル過ぎないアメカジスタイル。

JACKET/Mister Freedom CUT&SEWN/BUZZ RICKSON’S PANTS/BUZZ RICKSON’S SHOES/BUZZ RICKSON’S GLASSES/Bausch+Lomb。http://junkyspecial.com

新宿歌舞伎町に程近い大型アメカジセレクトショップ、JUNKY SPECIALのマネージャーを務める西氏。学生時代からアメカジが根付いている彼のスタイルは業界歴も長く、幾度となくブラッシュアップされてきた。コテコテになり過ぎないようほどよいバランスで足し算引き算ができるのは、自身の感性とショップを通じて感じてきた豊富な経験の賜物だ。

西 徹さんの愛用品を紹介。

Mister Freedomのコサックジャケットの裏側にデザイナーであるクリストフ氏のサインを描いてもらった思い入れの強い服。

辰年生まれの西氏にとって今シーズン、龍モチーフが多いKOSHOのスカジャンは嬉しい悲鳴。どの表情もデザイン性に優れオススメなのだという。

BUZZ RICKSON’Sのブーツは5年以上愛用。美しい履き皺や丁寧にメインテナンスされた革から大切にしているブーツであることが理解できる。

大容量のデニムトートバッグはMister Freedomのものでざっくりと使えるバッグ。ハンドル部分にはポジティブさを意味するラビットフットがさりげなく付けられる。

1900年代初頭に作られたWALTHAMのハイグレードライン、ヴァンガード。デザイン性の高さはもちろんアクセサリーとしても有効。

ココペリのバングルはナバホアーティストのMark Yazzieのもので30年以上前に購入したもの。いまでも1軍のアクセサリーとして愛用中。

(出典/「CLUTCH2024年5月号 Vol.95」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部