デニムを1本も持っていなかった男は、ジャケットを羽織ってスラックス風にアレンジ【SNAP】

  • 2024.06.03

ジャケットを羽織ることでアメカジ色の強いデニムパンツでもトラッドに穿きこなせる。普段デニムを穿かない「クロース&クロージング」オーナーの瀬古洋平さんなら、どんなデニムトラッドコーデを提案するのだろうか? チョイスしたデニムにも注目だ。

ダブル裾とセンタークリースにステッチを入れカスタムした[13MWZ]

「クロース&クロージング」オーナー・瀬古洋平さん|デニムを穿かない瀬古さんが今季、気になる1本をチョイス。アレンジすることでいつもは手に取らないアイテムも普段の着こなしに取り入れることができるのが新鮮のようだ

デニムパンツを1本も持っていないという瀬古さんが数年ぶりに購入したデニムは「ラングラー」の定番[13MWZ]。

「デニムらしくほどよくエイジングしたものが穿きたくて色々みていたところ、『ラングラー』のブロークンデニムに出会いました。フラットな色落ちや古着の汚れなど、いままではあまり好みでは無かったのですが、今季は取り入れてみても面白いかなと思ってます。

『ラングラー』であればセンタークリースを入れたいと思い、ダブル裾とセンタークリースにステッチを入れカスタムしています。デニムを無理矢理スラックス風にアレンジしていつも通りのコーディネートとして取り入れています」

ドレッシーなスタイルを演出するメンズのパンプス。4.5cmのダブル仕立ての裾とともにコーディネイトにクラシカルさを印象付ける

主役のデニムはコチラ! ラングラーの[13MWZ]

1990年代前後に作られたアメリカ製の「ラングラー」の[13MWZ]。生地の伸縮に伴う捻れを抑制するために開発されたブロークンデニムが使用されたジーンズはセンタークリースを入れるのにもってこいだ。

デニムパンツにセンタークリースを入れる前提で購入した古着のラングラー。自身のショップでも同様のカスタムを受け付けている

(出典/「2nd 2024年6月号 Vol.205」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部