ジャパンメイドに惚れた男の愛用品。「オーベルジュ」デザイナー・小林 学さんの5アイテムを紹介。

  • 2023.05.20
  •              

別に生産国にこだわっているわけじゃなく、単に「いいモノ」を求めていたら、ワードローブがメイドインジャパンで溢れていた。素材、縫製のすべてを最高水準の日本製にこだわるのがブランドコンセプトの「オーベルジュ」デザイナー・小林 学さんの愛用品5アイテムを拝見。

「オーベルジュ」デザイナー・小林 学さん|90年代後半に“懐かしくて新しい服”をコンセプトとする「スロウガン」を立ち上げ、各所から高い評価を得る。その後、2018年に造詣の深いヴィンテージをテーマにした「オーベルジュ」をスタート

信頼する職人と二人三脚で生み出す。

2018年スタートと、若いブランドでありながら圧倒的な作り込みで服好きを魅了するオーベル ジュが生み出す服の背景には、デザイナー小林学さんのメンズ服飾史への深い造詣が息づいている。そんな世界中のプロダクトに接してきた小林さんから見ても、日本のものづくりは突出していると言う。

「オーベルジュが誕生した2年後、世界はコロナ一色になってしまいましたが、そもそも素材、縫製のすべてを最高水準の日本製にこだわるのがブランドコンセプトでしたので開発、生産における不備は特にありませんでした」

そんな日本製へのこだわりがひょんな副産物を産んだという。それは相互の深いコミュニケーションだ。

「僕のやりたいことをちゃんと理解してくれたうえで、さらにオーダー以上の提案を返してくれるような関係性。ハイクオリティーとされる日本のものづくりの真髄はここにあるのだと思います」

1.オーベルジュのビルピット

オーベルジュの服作りを象徴する一着。19世紀の民族服をモチーフにメティス生地で仕上げられている。「特殊なミシンによって縫われていた首元や袖口のフレンチギャザー。これを現代のミシンで再現できる方が国内に一人だけおり、その方にすべて託しています」

2オーベルジュのアイザック

元々はイギリスの植民地であったカリブ海のジャマイカ島で採れる超長綿「カリビアンシーアイランドコットン」を採用したTシャツ。「コットンの原種であり、長らく門外不出の素材でした。適度な油分を持ち、鈍い光沢とねっとりした肌触りを持ちます」

3オーベルジュのブリーズ

生地メーカー、ダイワインターテック社のシルクとポリエステルの交織素材を採用したショーツ。密度が高く手触りはほぼシルクながらコシのある生地感。「メゾンブランドの無謀とも思える要望にも応えてきた生地屋さんの生地を贅沢に使わせてもらいました」

4オーベルジュのボナパルト

フレンチグルカサンダルをいまのスタイルに落とし込み、まとめ上げた一足。800年前のタンニン鞣しの技法をいまに伝えるトスカーナ地方の老舗タンナー製レザーを使用している。「最高の素材を荒井靴研究所にて一足づつ職人が生産。盤石ですね」

5オーベルジュのサルタン

カシミヤよりも繊維が細い羊毛をドビー織機で織り上げることで薄くなめらかに仕上げられたアフガンストール。「羊毛にはキューティクルがあり熱をかけることで縮絨します。その性質を使うことで縫製せずに繊維同士を結びつけ、より薄く仕上げられました」

(出典/「2nd 20235月号 Vol.194」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

傳田達朗

塊根植物案内人

傳田達朗

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

黒野 智也

ブレザー偏愛家

黒野 智也

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア