ブラック、ブラウンに次ぐ第3の選択肢はブラックスウェードかオリーブか。洒落者たちの着こなしを拝見!

  • 2022.11.02
  •              

ブラック、ブラウンに次ぐ第三の選択肢として、今季はブラックスウェードと オリーブカラーというやや変化球なカラーの革靴たちが多くラインナップ。クセ強めなイメージを一変させる洒落者たちの足元の着こなしをチェックしよう!

【ブラックスウェード編】定石のブラックカラーに、ほんのすこしの個性を宿す。

「リーガル シュー&カンパニー」店長・岡田 晃さん|着用アイテム:リーガル シュー&カンパニー

伝統を継承しつつ、ファッションに敏感な若者にも支持されるコンセプトショップとして、2010年渋谷にオープンした「リーガル シュー&カンパニー」。その店長である岡田さんは、黒スウェードシューズに対するシンプルな合わせを心がけている。

「あくまでも靴を主役にしたいので、アイテムも直球です。サイズ感だけ気を付ければしっかり大人のスタイリングにまとまるので重宝しています」

GMT」プレス・三浦由貴さん|着用アイテム:ジャランスリウァヤ

普段からスニーカ代わりにサイドゴアブーツを愛用している三浦さん。ブラックスウェードのサイドゴアは、古着ベースのカジュアルスタイルに合わせるくらいがちょうどいいという。

「素材もデザインも、どちらもトレンド感の強いアイテムなので、あえて流行に左右されないコテコテの古着でコーディネイトしています」。

ヴィンテージ ウエアもシューズもどちらも見事に引き立っている。

「ビームスF」ショップスタッフ・関 哲朗さん|着用アイテム:ジェイエムウエストン × ビームスF

「フランスを代表する名作シューズなのでベタにフレンチ合わせに」という関さんのコーディネイトで、1番の注目ポイントはジャケットに使われているモールスキン素材だ。黒スウェードとのファブリック合わせという巧者っぷりを発揮し、シューズの存在感をも見事に引き立てている。

「もう少し若ければ()、紺ブレ、ボーダーTに軍パンなんてスタイリングもしてみたかったですね」

「バーニーズ ニューヨーク」メンズPR・川崎貴史さん|着用アイテム:バーニーズ ニューヨーク

「昨年の秋冬くらいからお客様の反応がいいですね」というオリジナルの黒スウェードシューズは、ピッグスキンを採用した撥水性に優れる日本製。一足ずつ職人が丁寧に仕上げていることもあり、ノーズのわずかな長さにもこだわりが詰まる。

「ショートノーズの英国調に仕上げてもらっているので、オンオフ問わず履けます。デニムはもちろん、ウールツイードにもよく合います」

【オリーブカラー編】今季注目のオリーブで、足元が主役のコーディネイトを。

パラブーツ青山店ショップスタッフ望月雄斗さん|着用アイテム:パラブーツ

すこし色ムラのあるシューズのグリーンに合わせて、青ベースでフェード感のあるヴィンテージシャツをインナーに着込んだ望月さんのコーディネート。

「パンツは太めを選びジャケットの細畝コーデュロイとのコントラストでバランスを取っています。そうすることで足元に目がいくスタイリングを心掛けました。全体の配色も重たくなり過ぎないように大物はモノトーンでまとめました」

スーパー エー マーケットランド オブ トゥモロー」バイヤー・田辺雄一郎さん|着用アイテム:フラテッリ ジャコメッティ

エキゾチックレザーなど強い特徴を持った良質な革選びに定評のあるジャコメッティ。こちらはリザードやクロコではないものの、銀面スウェードをローデングリーンカラーでまとめた個性的な一足。

「この色の名称にあやかって、チロル地方の伝統的なスタイルが落とし込まれたベストをセレクト。さらにベルボトムで少しヒッピー的なテイストも取り入れて、スタイルに幅を持たせました」

「ラコタ」プレス・吉川雅也さん|着用アイテム:オールデン

「焦げ茶に近い深いグリーンだからその感覚で合わせています」という吉川さん。アメカジを基本にしたカジュアルスタイルで、デニムジャケットとブラックシャンブレーシャツ、白のワークパンツに合わせ、独特な色を引き立てている。

「アメカジテイストとの相性は抜群にいいので、普段履きしやすいですね。あとはこの色味を活かしたくて、一番映える白のパンツを選びました」

ジーエイチバス トウキョウ」店長・鈴木孝延さん|着用アイテム:ジーエイチバス

「深いグリーンとガラスレザーの独特な光沢が存在感あるので、洋服はベーシックなスタイルを選びました」という鈴木さんは、チノパンとデニムジャケットというアメカジスタイルをベースに、いまの若者らしいサイズ感をバランス良く取り入れたコーディネイトで登場。

ベーシックを極めるローファーの変化球カラーを、同じくベーシックなアメカジの現代スタイルでうまく対応している。

※情報は取材当時のものです。

(出典/「2nd 202211月号 Vol.188」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア