アーバンミリタリー最注目ブランド アーミーツイルの新作4選を大解剖!

「ヴィンテージのソースはあくまでお手本」という、デザイナー多田周平さん独自の視点から生み出されるアーミーツイル。今季の新作から、“選ばれる”理由を紐解く。

ヴィンテージへの深い造詣と自由な発想で“多田ism”を注入するモダンミリタリー。

デザイナーの多田さんは某人気アパレルブランドでモデリストを務めたのち、マルベリーに入社。1940年頃に誕生して、すでに消滅していたアメリカのストアブランド「アーミーツイル」を、国内で再興させるべく、立ち上げから参画。ミリタリーを中心に、あらゆるヴィンテージへの造詣が深く、現代ファッションに対する理解力やモノづくりへの閃きも相当なもの。それら、“多田ism” が注入された現代版アーミーツイルは、大手セレクトショップを中心にメンズ、レディス問わず、圧倒的な支持を受けている。

1.Reversible Hooded Coat

「僕の作る服のデザインはすべてが“ニュアンス” であって、決してレプリカや復刻ではないんです」と自らの服作りを言い表す多田さん。その最たる例を今季のコレクションから選んでもらうとこのアウターが出てきた。

「独特なピケ素材であるジャングルクロスを使ったN-1デッキジャケットはヴィンテージ市場でも人気ですが、そのコートタイプが存在することはあまり知られていません。何しろオリジナルの希少性が高いからです。今回はそんなレアな1着をモチーフにしたのですが、実はコレ、シルエットはM-65フィールドコートをサンプリングしています。単純にモッズコートの方が着た時のシルエットがお洒落だなぁって思うからです。肩の落ち方など絶妙じゃないですか。そういうところにニュアンスが表れて、それこそが僕の服作りの生命線だと思っています」

FABRIC_ Broken Twill
SAUCE_ 1940s U.S.Army N-1 Deck Coat
COLOR_ Khaki,Black,Beige
SIZE_ M,L
PRICE_ 25,300yen

絶妙な肩の落ち具合を表現するため通称モッズコートで親しまれるM-65フィールドパーカのパターンを採用
本来デッキジャケットの袖は内リブ仕様だが、着脱しやすいように表地と裏地の突き合わせ袖にアレンジ
裏面はフリース素材でM-43のライナーをイメージした全く異なるソースのリバーシブル仕様

2.Big Shirt

ブランドの定番素材であるコットンポリエステルの混紡生地を使った、同じく定番型となるビッグシャツ。今季はそこにドイツ軍のスノーカモモチーフをプリントしている。

「これは純粋に生地とプリントの相性から、やってみたいという気持ちが生まれ、作ったアイテムです。欧米ではパインリーフカモと呼ばれているのですが、文字通り松の葉のような模様が特徴です。でもオリジナルとは少し色を変えています。もっと緑と黄色が強い感じなんですが、いまのファッションに落とし込むならコレくらいのトーンかな? という感覚でオリジナルより控えめな色となっています。一方で、オリジナルらしいラフ感はどうしても表現したくて、クレヨンを使って凹凸感のある絵柄を作ったり、何度も試し刷りしてかすれ具合を調整したりと、柄のひとつひとつにこだわりました」

FABRIC_ Print Cotton/Polyester
SAUCE_ 1990s U.S.Army
COLOR_ WHITE, KHAKI
PRICE_ 13,200yen
SIZE_ M,L 

オリジナルと異なる色味でも、プリントの凹凸感やかすれ具合はオリジナルに近づけたという。その絶妙な塩梅が多田流といえる
タグには防縮加工のSANFORIZED(サンフォライズド)の文字があり、ヴィンテージ志向のスタンスを窺い知る

3.Half Zip Pullover Sweat

「オリジナルはものすごく着にくいんですが、でも光るところがあって。だからスウェット素材を使ってお互いの欠点を補完し合ってみたらいいんじゃないかと。結果、いい感じのスウェットになりました」というなんとも独特な多田節が冴え渡るのがこちらのアイテム。

デザインソースはアメリカ軍のポリエステルスウェットとフランス軍のスウェットとなる。前者は生地がゴワゴワしており、しかもハーフジップの首元が高い上に締め付けが強く非常に着にくい。後者は薄手だけど起毛されててしかももちっとした生地感が肌触り良く非常に着やすいが、シルエットがタイトな上にロング丈で着にくい。ゆえにその両者をコンビネーションし、いいとこ取りしたのが今季の新作というワケだ。

「想像以上に相性のいいマッチングで、手応えを感じる自信作です」

FABRIC_ Cotton Sweat
SAUCE_ 1990s U.S.Army, 1970s French Army
COLOR_ KHAKI, CHARCOAL, CAMEL
SIZE_ M,L
PRICE_ 9,900yen

しっかりオリジナルの雰囲気を残しながらの改良に苦心したという襟。スタイルの根幹を成すところだけに緻密な調整がなされている
優秀なファブリックゆえに、日の目を見せてあげたいという想いから、再現性の高さにこだわったというオリジナルのスウェット生地

4.Cargo Pants

M-51オーバーパンツはその性質上、貫通ポケットになっていたり、シルエットがアンバランスなくらい大きかったりするが、アーミーツイルの解釈のもとでカジュアル穿きしやすく仕上げられた新作。

「通常使いできる袋ポケットにしたり、細部も普段穿き仕様に調整したりしていますが、ワタリの太さなどはそのままです。その分、あえて“歪み” を入れて馴染みをよくしています。古着には“まっすぐ” なところがないんです。例えば付いているポケットの線を見ると微妙に歪んでいます。これが元々なのか経年変
化によるパッカリングからなのかは分からないですが、なにしろ“まっすぐ” な直線ってないんですよ。だからパターンを引く時点で意図的に歪みを入れています。新品なのに最初から馴染むなぁ? なんて感じてもらえてたら、したり顔しちゃいますね(笑)」

FABRIC_ Cotton Nylon Weather
SAUCE_ 1950s U.S.Army Military Pants
COLOR_ KHAKI, BLACK
SIZE_ M,L
PRICE_ 16,500yen

ヴィンテージでは貫通となっている左右のポケットも、通常使いできるよう裏地の付いた袋ポケット仕様に
ウエストのドローストリングスはヴィンテージ意匠のまま。すっきり見えるようにパターンを調整している
直線ではなくわずかに歪みを持ったポケットのフラップ。このような小さなこだわりを随所に散りばめる

【問い合わせ】
マルベリー
TEL03-6450-4800
https://armytwill.com/

(出典/「2nd 2022年11月号 Vol.188」)

 

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。