音楽、ジャケットスタイル、アロハシャツなどコンテンツが盛りだくさんの最新号!『2nd(セカンド)』10月号は8月16日発売!

  • 2022.08.16
  •              

セカンド初となる音楽特集「夏の終わりのサウンドトラック」。ミュージシャンのカジヒデキさんと、彼がかつて出演していたラジオ番組の某日の放送を疑似再現する、という非常にディープな企画で幕を開ける今回の特集。当時の放送の内容を膨らませた結果、話は映画やアートにまで及んだ。第二特集は「本当はもっと気軽なジャケットスタイル」と題して、いつもよりちょっぴりキレイめなドレススタイルを提案。その他、アメリカの老舗シャツメーカー、インディビジュアライズド シャツの15Pにわたる深掘りページや、ヴィンテージアロハシャツ特集など、終わりが近づく夏を惜しむかのように、てんこ盛りの内容になっている。

購入はこちらから!

『2nd(セカンド)』2022年10月号「夏の終わりのサウンドトラック。」

本特集はミュージシャンのカジヒデキさんと、彼がかつて出演していたラジオ番組の某日の放送を疑似再現する企画から始まり、今年デビュー25周年を迎えるショコラさんのグラビアページ、駿河台にあるジャズ喫茶「ドナート」の店主加藤寛之さんが選ぶジャズレコード100選、年齢も性別もバラバラな10人が選ぶ「夏の終わりのプレイリスト」などなど、ディ-プな音楽話が盛りだくさん。ちょっとセンチメンタルな夏の終わりに聞きたい音楽とたくさん出会うことができるはず。

カジヒデキさんとラジオ番組の放送を疑似再現。

20104月から20133月まで、毎月最終水曜日の2300分より、NHK-FMでオンエアされ、小西康陽さんが選曲、トークを務めたラジオプログラム「これからの人生。」。『セカンド』初の音楽特集となる今回は、この「これからの人生」のなかで、ミュージシャンのカジヒデキさんが代役として出演していた2011831日の放送回を紐解き疑似再現するといういまだかつてないディープな内容から始まる。放送内で紹介されていた「夏の終わり」をテーマに選曲した25曲の紹介ももちろんだが、放送内で触れられていた高校生のころの初のジャン=リュック・ゴダール体験から着想を得た「思い出の東京シネマテーク」、さらにはスウェーデンのアートにまで話は膨らんだ。最後は、「もし2022年に「これからの人生。」が放送されていたら」というテーマで新たにプレイリストを組んでもらったりと、これまでにないディープかつ独創的な内容で『セカンド』の新たな側面が垣間見える企画と言えるだろう。

「夏の終わりのジャズレコード」

「ココナッツディスク吉祥寺店」店長の矢島和義さんが出演する「恋するカルチャー」連載の特別回。昨年11月にオープンした駿河台のジャズ喫茶「ドナート」の店主である加藤寛之さんと「夏の終わりに聞きたいジャズ・レコード」をお題に軽妙なトークセッションが繰り広げられる。また、「ドナートの100枚」として店主の加藤寛之さんが選ぶジャズレコードの紹介も。若干28歳にしてあらゆる音楽に触れてきた加藤さんが、その耳で聴き感じた彼なりのジャズの感触を、彼自身がリアルな表現で綴っている。マイルス・デイヴィスやハービー・ハンコックなど有名なジャズ・アーティストはもちろん、誰にも知られていないようなマイナーなアーティストまで。ジャズ好きはもちろん、そうでない人もぜひチェックしたい選曲ラインナップとなっている。

「DRESS LIKE A MAN. 休日のジャケットスタイルはドレスのトレンドに学べ。」

ドレス業界ではもっぱらカジュアル化が進み、どんどん曖昧になっていくドレスとカジュアルの境目。彼らが近年積極的に取り入れている「ハズし(きっちりとしたスタイルにカジュアルな要素を盛り込むこと)」は、カジュアル目線から見れば立派な「ドレスアップ」なのだ。そこでドレススタイルのトレンドを学び、休日スタイルのドレスアップを図ろうではないか、というのが本企画のコンセプトである。たとえば「ダブルのブレザーはノータイで着る」「カバンは硬いレザー素材のものが流行っていて、革靴は逆に柔らかいつくりのものが流行っている」など、これらのトレンドをヒントに作ったスタイリング提案とアイテムカタログは、普段ドレススタイルに馴染みのない人も必見の内容。スタイリング含む本企画の監修として、人気スタイリストの四方章敬さんにご協力いただいた。

「ヴィンテージアロハシャツの基礎知識。」

これまで『セカンド』ではあまり取り上げてこなかったアロハシャツだが、素材や柄の種類、ボタンにいたるまで、アロハシャツの世界は実に奥深いもの。そこで、今回はヴィンテージアロハシャツの忠実な復刻で人気を博すブランド、「SUN SURF(サンサーフ)」が所有する膨大なコレクションの一部を参考に、知っておきたい基礎知識を総ざらいする。たとえば素材はレーヨンやコットン、プリントは抜染やオーバープリント、ボタンは貝やクルミなど……、かなり細かく分岐したディテールのあれこれを掘り下げる。その他押さえておきたいブランドである「KAMEHAMEHA(カメハメハ)」や「DUKE KAHANAMOKU(デュークカハナモク)」の紹介も。まるでアートのように美しい柄をあしらったアロハシャツの数々は見ているだけでも楽しい。なお、こちらは20226月に発売された『Lightning Archives VINTAGR ALOHA SHIRTS』を参考に製作した。

「INDIVIDUALIZED SHIRTSアメリカが誇るカスタムシャツメーカーのすべて。」

1961年、ニューヨーク州マンハッタン島の対岸に位置するニュージャージー州パースアンボイにて創業した「INDIVIDUALIZED SHIRS(インディビジュアライズド シャツ)」。アメトラ好きにとっては大定番であるこのシャツメーカーについて15Pにわたって深掘りした。各地のセレクトショップで扱われていることもあり、既製服のイメージが強いかもしれないが、もともとはカスタムオーダーシステムの基盤を作り上げたブランドであり、販路を世界に広げた現在も、ベースには常にカスタムシャツのものづくりが活かされているのだ。そんなインディビジュアライズド シャツのヒストリーから“インディビ”好きな業界人によるこれまでにオーダーしたシャツの偏愛自慢、既製服の定番・新作紹介など。おそらくここまでのボリュームでインディビジュアライズド シャツを取り上げるのは初めてのことかもしれない。アメトラ好き必見の内容になっている。

特別企画「Off Time Dress Up!」

ドラマ『NICE FLIGHT!(テレビ朝日系)で共演する玉森裕太(たまもり・ゆうた/Kis-My-Ft2)さん、阿部亮平(あべ・りょうへい/Snow Man)さん。ふたりがモデルとして『2nd』誌面にトラッドスタイルで初登場してくれた。

ジャニーズJr.時代、Kis-My-Ft2さんのコンサートにバックダンサーとして踊っていた経験のある阿部亮平さん。「ずっと背中を見ていた先輩です」という玉森裕太さんとの撮影は大変緊張したそう。そんな後輩を優しく見守りながら、流麗なポージングを見せてくれた玉森裕太さん。「ネクタイスタイルが似合う男になりたいですね」と、本人がおっしゃるスーツコーディネートを披露してくれた。撮影を担当するのはデンマーク出身の写真家ヤン・ブース。影を操るという撮影テクニックを使ったカットは、印象に残る一枚。

その他、先輩と後輩によるインタビュー対談、ファッション感度の高い『2nd(セカンド)』読者に向けたメッセージなど、見どころ&読みどころもたっぷりの全6ページでの掲載。ぜひご注目いただきたい。

 ◆

セカンド初となる音楽特集に加え、ドレススタイル、ヴィンテージアロハシャツ、インディビジュアライズド シャツ深掘りなど、とにかくコンテンツ盛りだくさんの内容に仕上がった10月号。とくに音楽特集は、これまでどのメディアもやってこなかったような面白い試みに挑戦している。普段ファッション誌は読まない、という人にもぜひ手にしていただきたい一冊だ!

購入はこちらから!

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア