洒落者のサマートラッド術。「ヴァン」宮原道人さんは素材感で夏を楽しむ。

王道のマドラスチェックを取り入れるアイビー巧者、セットアップのシアサッカーで軽やかさを演出するウェルドレッサー、レイヤードしづらい分、巧みに小物を取り入れる洒落者など三者三様のサマートラッドな着こなしから、そのノウハウを盗むべし! 今回は、「ヴァン」宮原道人さんのコーディネイトをチェック!! 

素材感を楽しむのがサマートラッドの醍醐味。

「ヴァン」宮原道人85年生まれ。東京都出身。大手セレクトショップやレディースブランドなどを経て、2017年にヴァンヂャケットに入社。営業部長として活躍

日本にアメトラを広めたパイオニアである石津謙介氏が立ち上げたヴァン。そんなトラディショナルなブランドの営業部長を務める宮原さんのスタイルは徹底した様式美を感じる。

「夏場でも半袖やショーツは休日以外着ないので、見た目は通常のトラッドスタイルとあまり変わらないかもしれないですね(笑)。大事にしているのは素材感で、リネンやシアサッカー、マドラスチェックなどの生地を意識的に選んでいます。あとはタイを明るいカラーリングにするのも一興でイメージが変わりますよ」

  • ネイビーブレザー5万2800 円、シャツ1万3200 円/ヴァン(ヴァンヂャケット03-5829-9005)、タイ/ベンジャミンビグズビー、ローファー/グッチ
あえて幅広でカラフルなタイを合わせることで、王道の紺ブレでもグッと夏っぽい仕上がりに。イタリアのメーカーのもので、シャツは自社の定番をチョイス
足元はくるぶしを見せることで、フルレン グスでも夏っぽい印象を与える。バンブー がアクセントになったローファーはグッチでかなり珍しいモデルである

「ヴァン」宮原道人さんのサマートラッドな愛用品。 

カハラ×ヴァンのプルオーバーBDシャツ

伝統的なハワイアンシャツブランドへ別注したモデル。「シンプルなツートンカラーなので、サマートラッドスタイルにも合わせやすいですね。」1万9580 円(ヴァンヂャケット)

ピカデリーのポマード

宮原さんは仕事中だと半袖やショーツを着ないので匂いで夏らしさを演出する。「このポマードは夏っぽいミントの香りなので、この時期は欠かせません。匂いにも気を配るのは大事かと」

 

ウォークオーバーのホワイトバックス

マーク・マクナイリーが手掛けていた頃のホワイトバックス。「ローファーもよいですが、爽やかさを求めるならホワイトバックスかと。メイドインUSA で復刻され、かなり完成度も高い」

ブルックスブラザーズのトラウザーズ

トム・ブラウンが手掛けていたブラックフリースのタキシードパンツ。「これはシアサッカーを使っているのが購入したポイント。タキシードパンツなので、華やかさも漂わせてくれるんです」

 

夏でもトラッドスタイルな着こなしができたら、それはもう洒落者の仲間入り。秋冬なら簡単に想像がつくトラッドだが、夏となるとどう取り入れればいい? そんな迷子なあなたは、サマートラッドな着こなしサンプルが盛りだくさんの2ndの本誌をチェックしよう。 

(出典/「2nd 2022年7月号 Vol.184」)