最高級のスビンコットンを使用したgoldのセルビッジデニムを手に入れろ!

  • 2022.03.29 2022.03.25
  •              

傑作ヴィンテージを日本の類まれな技術で復刻させるブランド、バズリクソンズやサンサーフ。これらを手がける1965年創業の老舗、東洋エンタープライズ社が展開する「gold(ゴールド)」は、同社の知識やノウハウを素材やデザインに活かしつつ、現代的なシルエットに落とし込んだアイテムが特徴のブランドである。あまり物販イベント等でお目にかかることの少ないブランドではあるが、現在新宿の「ビームスジャパン」にてポップアップイベントを開催中。2022年の最新コレクションを手に取って見られるだけでなく、インラインでは展開していないスペシャルなセルビッジデニムの先行販売も行っているとのことで、編集部レコメンドのアイテムを一部交えながら紹介していこう。

スビンコットンを使用したイチ押しのデニムセットアップ。

本イベントにおける主要アイテムは、旧式シャトル織機で作った14ozの肉厚なセルビッジデニム生地を使用したセットアップ。紡績の際、より均一な糸にするために短い綿や毛羽を削ぎ落とす工程があり、今回goldでは特別にスビンコットン100%の落ち綿のみを収集してオリジナルのデニムを製作。落ち綿のムラ感やネップに加え、スビンコットンらしい滑らかな肌触りに優れたデニムとなっている。ジャケットは、1940年代の1stタイプをベースに胸ポケットを排除した一着。身頃の前立て裏にセルビッジ生地を使っていたり、背面はヴィンテージでも市場価値が高まっているT型のスプリットバックを採用したりと、ヴィンテージ好きには堪らない仕様となっている。実用性を考慮して、本来はないハンドウォーマーポケットを腰元に搭載するなど現代らしいディテールも。

1930年代後半の501XXをベースに非常にワタリの太いワイドシルエットへと仕上げたパンツは、革パッチに栃木レザーを使用していたり、当時のように隠しリベットがあしらわれていたりと、やはり東洋エンタープライズならではのこだわりが詰まった一本だ。ジャケット3万7400円、パンツ3800

“シンチバック無し”は先行発売のスペシャルモデル。

なお、インラインだとシンチバックが付くが、今回はシンチバック無しのモデルを展開。しかも、このポップアップだけの先行発売である。より現代的でスマートな印象に仕上がっている。3万800円

編集部がピックアップしたイチ押しアイテムを紹介!

春夏のトラッドなスタイリングには欠かせないコットン素材のバスクシャツ。ピッチや配色はブランドオリジナルで、シルエットもgoldらしく身幅を広くとったボックス型に設定されている。柔らかな着心地と肌触りも相まって、この春夏に一枚で着たいカットソーの代表格だ。1万8700

生地の色味に独特なムラ感のあるテーラードジャケットとピエロパンツは、セットアップ・単体を問わず、トラッドにもカジュアルにも着られる万能な一着。濃淡のついた糸を、タテ糸・ヨコ糸両方に使用した“ベタ塗り”という仕様のシャンブレー素材を採用しており、この春夏にもぴったりなさわやかな肌触りだ。ラペルの位置が低くカジュアルでありながら、ノッチドスリムですっきりとした大人な印象のジャケットと、定番で展開していた[ピエロパンツ]のシルエットを改良した新作パンツ。どちらのアイテムも、シャトル織機で織りあげたセルビッジ付きの生地で、東洋エンタープライズらしい細かなこだわりを存分に味わえる。ジャケット33000円、パンツ27500

「ビームスジャパン」スタッフの五味秀一さんがおすすめするのは[VENTILE(R) ITALIAN SNOW PARKA(ベンタイルイタリアンスノーパーカー)]。元となったのは豪雪地帯のカモフラージュ用としてイタリア軍に支給されていたアイテムで、生地は英国の生地メーカーが開発し、防水・防風・浸透性に優れた機能素材“ベンタイルコットン”。なお、五味さんが穿いているデニムパンツは、冒頭で紹介したスビンコットンのモデルだ。

チャイナジャケットにも見られるような紐を前合わせで縛って留めるデザインになっている。シルエットは、やはりオーバーサイズ気味のドロップショルダー。スノーパーカ3万9600円

ポップアップは4月3日(木)までを予定。ぜひ足を運んでみてほしい。

たしかな技術あってこそ再現できる生地やディテールをベースに、シルエットや実用性は使いやすくモダナイズしたgoldのウエア。今回のポップアップでは、本記事でご覧いただいた一部のアイテム以外にも、イチ押しのラインナップがそろう。新宿にある「ビームスジャパン」にて現在開催中で、会期は202243日(日)までを予定。ぜひ足を運んでみていただきたい。

【イベント概要】

『gold POP UP SHOP』
開催期間:319日(土)~43日(日)
開催店舗:「ビームス ジャパン」東京都新宿区新宿3-32-6
店舗営業時間:11:0020:00

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア