【ヤングタイマーなクルマに乗ろう!】 ’82年式 メルセデス・ベンツW123(280E)

最近耳にすることが増えた「ヤングタイマー」なクルマ。

クルマの呼称はいろいろあり、線引きも難しいところだが、戦前戦後のヴィンテージカーやクラシックカーと呼ばれる希少性の高いクルマや、1970年代以前のものをまとめて称する「オールドタイマー」に対し、今から30年程前1980年代から2000年代ごろのクルマを指すのが「ヤングタイマー」だ。

ヤングタイマー=幼少期にいつか乗ってみたいと憧れたちょっとだけ旧いクルマ”。

いま、この懐かしくも、いま見ても心惹かれるクルマが注目を集めている。

そこで、スタイルにこだわりながらまだまだ快適に走れる業界人の愛車を紹介する新連載。第一回はヤングタイマーの代名詞、ベンツに乗るファッションスタイリストの中村祐三さんの愛車をピック!

40歳になった自分へのご褒美に手に入れた念願のセカンドカー。

小誌セカンドをはじめ、様々なメディアで活躍するファッションスタイリストの中村祐三さん。

仕事柄、荷物を積める大きいクルマが必須だが、趣味で乗れる念願のセカンドカーとして一昨年7月に手に入れたのがメルセデス・ベンツのW123だ。

「幼少期に友人のお父さんが乗っていたのを見て以来、いつか乗ってみたいと思っていた憧れのクルマでした。実は最初、W123のクーペを探していたのですが、見に行ったクルマ屋さんにこの一台が停まっていて、“ウィローグリーン” と呼ばれる独特な色合いにひと目惚れ。

最初は週末のドライブ程度で大切に乗っていたのですが、いつの間にか仕事にも乗り回す乗用車に(笑)。この一年間で走行距離は1万9000キロも伸びてしまいましたが大きな故障もなく、元気で走っています!

現在はフルオリジナルで楽しんでいますが、今では希少なアメリカ仕様の丸目にカスタムを計画中です」

ビニールレザーとファブリックのコンビネーションで仕上げられたシートや内装はボディカラーと同色系で統一されている
クラシック感を漂わせるホイールキャップ
中村さんが特に気に入っているのが、このバックシルエット。セダン特有の小ぶりなお尻とアルミの枠組みが美しい流線型を際立たせている

【ヤングタイマーなクルマ No.1】Mercedes-Benz W123(280E)

FRONT
SIDE
BACK
  • ENGINE /2,740cc
  • PRICE /¥1,300,000
  • MILEAGE /127,000km

中村さんにクエスチョン!

お気に入りのドライブミュージックは?・・・山下達郎/クリスマス・イブ

購入したショップは?・・・ナダエンジニアリング

次に乗りたいクルマは?・・・’70sシボレーのキャンピングカー

動画で今回取り上げた「Mercedes-Benz W123(280E)」をチェックしよう!

本連載で紹介するクルマは兄弟誌ライトニング、クラッチ、2ndによる総合公式動画チャンネル「クラッチマンTV」でも紹介! 第一弾として今回紹介した「Mercedes-Benz W123(280E)」の走行の様子が公開中。要チェックだ!

ヤングタイマーという言葉に馴染みがあった人も、初めて聞いた人も、ちょっと気になってきたんじゃないでしょうか? あの昔憧れたクルマが、現在どの程度の予算で乗れるのか、探してみてるのも一興だ。