いま注目のデイリーミリタリーブランド「ARMY TWILL」から2nd別注ミリタリーパンツが完全受注生産で登場!

最終更新日 2021.10.26 公開日 2020.11.16

前回のネイビーブレザーに引き続き(詳細はこちら)、またまた2nd別注アイテムが登場! 今回はいま最注目のデイリーミリタリーブランド「アーミーツイル」と一緒に、フレンチミリタリーの傑作をベースとしたタウンユースに適したミリパンを作りました! 編集部が穿きたいと心から思う渾身の別注ができました!

フレンチヴィンテージの希少モデルを街着にアレンジ!

ありがたく完売御礼をいただいた前回のユニバーサルオーバーオールズとのネイビーブレザー。つい先日、ご購入者の方々へ無事お届けしたのも束の間……。次は「ブレザーに合わせるミリタリーパンツが欲しい!」という、編集部員からのワガママに応えてくれたのは、デイリーなミリタリーウエアを良心的価格で展開するアーミーツイル。

まずは編集部がいま最も穿きたいミリタリーパンツを真剣に考えた結果、挙がったのはフレンチミリタリーのモーターサイクルパンツ、[M‐35]や[M‐38]。ヴィンテージ市場でも人気が高まっている欧州モノのなかでも、タマ数が少ないアレです。デザインは良いのに正直タウンユースとして穿きこなすには要らないディテールが多すぎるって思っていた人も多いはず。

’40年代のフランス軍モーターサイクルパンツからインスパイア! フランス軍のバイク部隊が1940 ~’50年代に採用した[M-35]や[M-38]と呼ばれるオーバーパンツから着想。見た目はイイのに、ヴィンテージは街使いに耐え難いディテールが多かった。

別注するなら「生地をもっと薄くて軽いものに」、「腰のエプロンはいらないけど、ベルトは残したい」、「貫通ポケットは絶対に普通に使える袋ポケットがいいよね」などなど……。とにかく沢山のワガママを聞いていただいて、渾身の一枚が完成しました!

今回も完全受注生産なので、早めのオーダーをお忘れなく! お届けは来年の4月頃を予定しています。

風格は残しつつ快適にこだわった4つのポイント。

見た目はイイのにとにかく余計な要素が多かったヴィンテージピースを、とことんデイリーユースに。でも、古着らしい雰囲気はしっかり残しました! ディテールを見ていこう!

>>>クレジットカード決済でご購入のお客様はこちら  

>>>銀行振り込みによるご決済のお客様はこちら 

1.腰ベルト

ここが最大の特徴。グルカパンツのようにタックインして主張させるも良し。垂らせばタックアウトでも良いアクセント。

2.裾ベルト

忠実再現した裾のベルトは縛らずとも良いギミック感。バックルパーツも納得のいく雰囲気のものを選ぶことができた。

3.内ももの補強パッチ

バイク運転中の摩擦から守る内ももの補強布は古着だと3重にもなっているが、別注は2重に減らして生地も軽くした。

4.ポケット

元はオーバーパンツのため貫通式だったが、別注はスレーキを付けて袋ポケットに変更。使いやすさが格段にアップ!

編集部きってのヨーロッパ好きが早速、試着してみました!

「来春をイメージしてリネンJKT 洗いざらしのシャツ、小物もベレー帽とスカーフでとことんヨーロッパにしました! 裾から覗くウイングチップがミソ!」。(174㎝ 54㎏、Lサイズ着用)

「3つボタンのテーラードジャケットにタイドアップで崩したアメトラミックスコーデ。タイまでタックインしてウエストベルトを強調しました」。(178㎝ 70㎏、Lサイズ着用)

完全受注生産で¥13,750のグッドプライス! 11月20日12時~予約開始!

もちろん、この一着が買えるのは今回のみ。しかも完全受注生産なので買い逃しは禁物です。価格もお手頃価格に抑えることができました! すでに到着が待ち遠しい!!

【価格】
13,750円(消費税、送料込み)

【サイズ展開】
Mサイズ(ウエスト83、ワタリ38.5、股上35.5、股下67、裾巾25.3㎝)
Lサイズ(ウエスト88、ワタリ39.5、股上36.5、股下68、裾巾25.8㎝)

【カラーバリエーション】
記事で紹介したミリタリーの定番カラーであるカーキ(オリーブ)とベージュ(下記写真参照)の2色展開。「ギミックが多いパンツだから、その他の要素はベーシックにしたい」という編集部の意向を踏まえました。

【完全受注発注・ご購入スケジュール】
購入応募期間/2020年11月20日~2021年1月31日
ご配送/2021年4月上旬予定
※制作都合によりお届けが遅れる場合があることをご了承ください。

>>>クレジットカード決済でご購入のお客様はこちら  

>>>銀行振り込みによるご決済のお客様はこちら 

お問合せ/枻出版社 2nd 営業部 03-3708-6053

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。